スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八坂神社参拝 その1

  • 2011/03/30(水) 11:37:47

3月29日、京都は八坂神社へご挨拶伺いさせて頂きました。
朝から大変で、起きた瞬間から鼻水がだらだらと流れ、ティッシュでチーン!すること3回。4回。5回。
「こりゃヤバイな。大丈夫やろか?」
しかし、シャワーで御祓を終了させ、準備を整え、徳島駅まで行くため車に乗ったあたりから鼻水も止まりました。
八坂神社スサノオ様鼻血やら鼻水やら「鼻」に関するお印ばかりです。
流石にスサノオ様ですね。
お陰様で鼻水もその後出ることもなく、京都に着いた時にはすっかり忘れておりました。雨が降る予報と違って天候にも恵まれ、何とか参拝させて頂くことが出来ました。感謝。


あの・・・

あそこも龍がいらっさるんですかね?

ご本殿で手を合わせていますと、またおでこにバン!と通信有り。
薄い茶色の薄い石がいっぱい見えました。

「あ、これは・・・」

貴船神社で見せて頂いたものと同様の石のようなウロコだと思いました。
貴船神社の龍は青っぽい、緑色のような龍でしたが、八坂神社薄いゝゝ茶色でしたね。

しかし、隣でおばさんが大声を出したので、通信は途絶えてしまいました。


・・・・・残念。


調べてみますと、本殿下に52m以上?ほどの深い井戸があり、神泉苑に繋がっていると書いてありました。昔、陰陽師は、気を強く発している場所を龍穴としており、それを「龍脈」と呼んでいたそうな。
八坂神社も水が深く関わっており、御神水も湧き出している。

はて?青龍ではないのか?

という疑問は深く追求することはやめておこうと思います。
何にせよ、龍神様がいらっさることだけは間違いないと思いますので。


八坂神社を出て、八坂の塔を目指し歩いて行きました。
まだ時間はあるので、二年坂・三年坂を上がり、清水寺まで足を伸ばしてみました。

「八坂から清水へ 2011/02/13(日) 11:11:28」 (参照)

巫女様がはしゃぎながら「さあ!あの坂へ行かなきゃ!」と伝えた場所です。
自分自身の夢見であるから、自分でカタをつけなければなりません。

なんだ坂こんな坂・・・さあ、巫女様、来ましたよ!
で、清水寺が何か?

勿論、巫女様のお返事はありませんでしたが・・・


清水寺は広すぎる!入り口付近を眺めただけで京都駅へ帰る時間がやってまいりました。

清水寺は昔に訪れているから、また次回にしたいと思います。

写真はまた次回にupしますわね。舞妓さんも撮しましたよ。^^




おまけ:

京都から帰宅し、駅弁を夕食に用意したとき、主人は聞きました。

「んで、今日はどこ行ってたん?(・.)」

「ん、八坂神社」

「ふ~~ん」

あり?言いましたよ、私。どんな頭しとんねん・・・orz



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。