空と大地と海と人

  • 2011/03/28(月) 02:30:46

人は大地に根ざして暮らしています。大地や木々、山や川を眺め、空を仰ぎ見、鳥や星を眺めます。大地を浅く掘って種を蒔き、植物を育てます。自然の営みで偶然できた自然の美しい石も愛でます。海を泳ぎ、浅瀬の魚たちと遊ぶことも出来ます。しかし、深海までは到達出来ません。

すなはち、人は目に見える場所、手の届く場所で頂けるモノを手にしろということです。

頂いたあとはもう一度正しい種を蒔きなさい。
掘った穴は埋めなさい。元に戻しなさい。
海を制することはできません。海の底に触れてもいけません。
ありがたく頂戴し、その恩に報いなさい。
そういうことなんだと思うのです。

原発とは何ですか?
自然界で息づくもので、もともと人が手にしてきたモノですか?

だから神様はお嫌いなのです。人間は無茶してる。

空の上、深い地中、深い海の底。
そこは神々様のおわす場所。眠る場所。

そこに人間の傲慢さを撒き散らしてはいけないのです。


あくまでも謙虚に真摯に地球の細胞として生きましょう。


あさって、八坂神社へ参ります。



ああ、それから、数年前のこの記事も再掲しておきます。気になるから。

「彗星で思い出したこと。2007/10/25(木) 23:42:31」

「四大エレメント 2008/06/05(木) 12:33:56 」

「ガンマ線 2009/03/10(火) 00:34:16」

ああ、思い出した。宇宙の嘆きの声、水?の落ちるようなトプン!と言う音。
哀しかったな・・・・

ガンマ線か・・・



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する