エジプト争乱・神の選択 日本は朝鮮問題

  • 2011/01/30(日) 05:19:27

何故エジプトの神なのだ?と疑問を感じていた夢のことですが、最近の世界ニュースにて理由が判明しました。

「バステト 2011/01/16(日) 11:22:45」 (参照)


チュニジアの反政府運動によりベンアリ政権を転覆させたのがきっかけになったのでしょうが、今回のエジプトの争乱はムバラク政権を転覆させるような勢いで広がり、内閣総辞職まで発展しました。
おそらくこの争乱は過去の歴史にある革命と呼ばれる民間運動と同じ働きなのでしょうし、この働きはセクメト神バステト神の動きだと感じています。
1月12日に見た夢(ビジョン?)は、これらのことを指していたのでしょう。

セクメト神が働いているのか
バステト神が働いているのか


どちらかはわかりません。
巨大な歴史の歯車を止めることは出来ませんし、また、人々の想念は止めることが出来ないとも思います。ゆえに、神の御意志にお任せすることとします。


それと・・・鹿児島火山噴火の夢は見てません。
九州関係の夢はたびたび見てますが、今回の霧島山系新燃岳噴火はまったく見ておりません。近々に見ていたのは


「神様はいつもテレパシックで単刀直入にお話にはならない 2010/07/31(土) 10:07:17」
「今度は熊本 2010/09/13(月) 10:45:58」
「オキノエラブジマ ハテルジマ 2010/12/13(月) 11:19:00」

・・・これくらいかな?
ああ、それと種子島のビジョンもありましたね。いまだ意味不明です(笑)


**********************************************************************

2011/1/26

~夢?~

※バスに乗って行かなければならない

なぜか和歌山、奈良方面行きに乗ってしまい、慌てて降りる

降りたところは いつか来た場所

参道の階段があり神社が見える 

「上諏訪神社」

また呼ばれてしまったなと思いながら手水舎に向かう

     (意識消滅)


**********************************************************************
**********************************************************************

2011/1/28

~夢?~

パン パンがいっぱい!

お弁当を作らなければならないが パンしかない

パンよりお米が欲しいのに・・・

カレーパン クリームの入ったパン 他いろいろ

お弁当箱にパンを詰めようと思っていると 誰かが詰めてくれていた

     (意識消滅)


**********************************************************************
**********************************************************************

2011/1/29

~夢?~

※雇用促進住宅  たくさんの扉  ベランダの洗濯物

チマチョゴリがあちこちに干してある

ここは朝鮮系在日住人がほとんどの住宅なのか・・・



※友人と神社へ向かう 神社横では朝鮮系の祭が行われている

日本人はその祭を素通りし、皆が日本古来の神社へ入っていく

友人が神社の祭りの屋台で水色のネックレスを手に取り 綺麗ねと言う

買えば?と言うと 2000円が私にとってどれほど大切かわかってんの?

拗ねたように言う



大型トラック同士の正面衝突 

荷台は双方とも無事

マラカスが事故現場の散乱した道路上に落ちている

車の中で大はしゃぎしていて事故になったと誰かが言った

     (意識消滅)

**********************************************************************

ある方へのメッセージ

そうです。そこですよ。でも、続きのお知らせがありませんので、今は何ともお伝えすることが出来ません。ごめんなさいね。ただ「海」としか言えませんし、それでもまだまだ大丈夫ではないかと思うのですよ。



追記(2011/1/30 午前9:00)

上諏訪神社とは八剣神社を指しているのかも知れませんね。

「御渡」に育つ亀裂 諏訪湖で複数確認
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20110128/CK2011012802000116.html

「諏訪大社? 2010/11/10(水) 08:03:28」

昨年の11月10日に諏訪大神からの許しを得たのは確かなようです(笑)



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する