FC2ブログ

東寺・観智院

  • 2010/11/30(火) 12:22:38


観智院です。ここは五大虚空層菩薩様を安置しています。
観智院とは真言宗東寺教の学校みたいなところですかね?
ここにはあの宮本武蔵が数年間滞在したらしく、武蔵作「鷲の図」があります。
古くなりすぎて、絵がかすれてしまっているんですけど、まあ、一目見られただけで感謝!

五大虚空層菩薩像は何故国宝にならなかったか?
それは、唐の都長安の青龍寺金堂から渡ってきたものだからだそうです。
西暦847年作なのにね、惜しいね。我が国の作じゃない!ってことなのね。

では、写真をだら~っと。
ここも内部写真撮影は禁止だったのですが、案内の人が教えて下さいました。

「内部は絶対、撮したら らめぇ~!!
 ・・・でも、庭はいいよん^^♪」


観智院の門
touji_kanchiinmon.jpg

五大の庭
これは、弘法大師空海様が唐から船で帰国する折に嵐に遭い、手に持っていた独鈷杵 (とっこしょ)を海中に放り込み、嵐を鎮めたエピソードを形にしているそうです。左がシャチ、向こうがウミガメ、右から二番目が弘法大師様の乗る、一番右が龍神。真ん中の小さな石が独鈷杵
touji_kanchiin_godainoniwa.jpg

独鈷杵
touji_kanchiin_dokkosyo.jpg

観智院の庭
touji_kanchiin_niwa1.jpg
touji_kanchiin_niwa2.jpg
touji_kanchiin_niwa3.jpg

三枚目の庭に、紐でくくられた石が置いてあるのがわかりますか?
これです。
touji_kanchiin_niwa_kekkai.jpg

これは、言うなれば結界の作用があるそうで、当時の人々は暗黙の了解で石より内部には近付かなかったそうです。


他にも見所が沢山ありました。茶室、ふすま絵、欄間などなど。だまし絵もありましたよ。いや、楽しかった。^^

以上で東寺・伏見稲荷御旅所遍は終了です。


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する