貴船には青龍様がいらっしゃる

  • 2010/09/30(木) 09:11:02

昨日、2010年9月29日、京都洛北の貴船神社へ行って参りました。

徳島市から観光バスに乗って京都駅に到着、すぐに駅の階段を駆けあがって市バス乗り場へ。市バス4番で出町柳駅前へ行き、叡山電車で貴船口へ。
貴船口から歩いて神社まで登ることも出来ますが、時間がないので貴船行きのバスに搭乗。5分ほどで貴船に到着。

トコトコ歩いて目指すは本宮、奥宮、結社。
眼下にドドドドド!と勢いよく流れる貴船川を眺め、いくつかの滝を見て、川床も眺め、無事に三社参りをさせて頂くことが出来ました。
写真もいっぱい撮りました。

写真は縮小するのが面倒なので、後でご報告させて頂きますわね。


実はデスね・・・


私が皆様にお伝えしたい事はですね・・・


あそこ、龍神様がいらっしゃいますよ。・・・ってことなんです。



奥宮の拝殿で目を閉じて手を合わせお祈りさせて頂いている時、瞼の裏に何か薄緑色か薄青色の薄っぺらい石?のようなものが沢山見えたのです。
触るとすぐ割れそうな薄いうすい青っぽい石。
白い透明な部分もあって、壊れそうなほど薄い青っぽい石。

あれ?と、頭を振って払いのけても、何度も何度も映像が入って来ました。

よく見てみると、その薄青色の薄っぺらい石の1枚1枚がウロコ状・・・


あ!鱗だ・・・大きなウロコ・・・!



鱗だと気付いて、「魚?」と。


その瞬間、本体が一瞬見えました。
深い青い水の中、鱗を付けた大きな魚、あるいは蛇のような身体が、左から右へとすい~っと動いたのです。



「龍だ!」



タカオカミ様、クラオカミ様、有難うございました。
ここへ来て良かった・・・

阿呆な私のために、「魚?」「ちゃうわ!ワシャ、龍じゃ!」とお姿を見せて下さったのでしょう。


帰りのバスの中で、ハッ!と気付いたのは平安京の配置
鴨川は東の青龍とされています。貴船は鴨川の源流。
そっか・・・だから青っぽい龍だったんだな・・・と。


ちなみに、お約束通りに御神饌をお持ちしましたよ。半紙に小さくくるんであるのは、阿波名産のそば米です。ほんのひとつまみですが、オオゲツヒメ様のお土産です。
賽銭箱にそっと入れましたが、貴船神社様、ごめんなさい。
本当は鳴門の塩も捧げたかったのですが、あまり入れると神主様に叱られてしまいますから、次回にしますね(・・・って、コラ!!)



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する