FC2ブログ

南極 北極

  • 2010/05/25(火) 09:19:25

何か大切なことを忘れているような気がする・・・

2010年5月7日に見たビジョン。

「夢のあれこれ 2010/05/10(月) 11:24:44」 (参照)


おおぐま座 こぐま座 その他の星座・・・

ここで目を引くのが「北極星」 現在、こぐま座にある「ポラリス」が該当。

対にあるのは「南極星」 現在、これに該当する星はないと言われている。

ハタと思い出したのは、数年前からしつこく私の後を付いてきて、あれこれと指示してくれるおじいちゃん神様こと「南極老人・寿老人」 (私が判断した)

念のため、私に関与してきた神々様の略図を作成してあるので再掲してみる。私自身が何が何やら解らなくなったので、作成してみたもの。

mymap_world_s_20100525091027.jpg


南極老人こと寿老人(wikiより転載)あらためて見ると、ホントによく似てる。

Jurojin_with_deer.jpg


彼、おじいちゃん神様は、上図のような真っ白の髭に中国風の着物を着て、杖を持っていた。そして口にした言葉が「ソウリュウ、双龍を知らんか?」

何故「南極老人」と理解したかと言えば、古代中国の伝承から、2体の龍の上に両足を乗せ、空を飛ぶという記事を発見したから(現在、ソースは行方不明になっている)

(このおじいちゃん神様こと南極老人に姿を変えた彼の正体も、自分の中では突き止めてはいるが、彼も南極老人を通して何かを伝えたかったのではないか?まあ、その話は別として・・・)


----------現在の南極星(wikiより抜粋)-----------
21世紀現在、天の南極に最も近いバイエル天体は、赤緯-88°、5.47等級のはちぶんぎ座σ星(ポラリス・アウストラリス)であり、この星が南極星とされることがある。しかし、5.47等級は天測に使えるほど明るくはなく、南極星と呼ぶに値しないとされることもある。
はちぶんぎ座に明るい星はなく、最輝星であるはちぶんぎ座ν星でも3.76等級しかないうえ、赤緯は-77°で天の南極からは大きく離れている。これらのことから、「現在、南極星に該当する天体は無い」という見解もある。



ポラリスは現在、輝きを増しているらしいのですが、南極は、その行方さえわかっていないのが現状なのかな。つまり、南極星にあたる星が無いということだね。
だから龍にあたる星を探していたのかも知れない。
夢の中で真っ白の双龍をかなり標高の高い山中で見つけたが、あれはどこにいるのだろうか??


ここで言いたいことは、つまり「対」になっていないということかな。
世の中、物事、現象、あらゆることに陰陽があるように、対の関係でなければ物事は上手くハタラかないのは基本であろうと思う。

最近お伺いした上下賀茂神社伊勢神宮も、有名な諏訪大社上諏訪・下諏訪と対の関係になっているのは事実。


天がこれでは「方手落ち」に決まっている。何せ星がひとつ無いのだから。

隠は北で、陽は南。この関係は東西にも当てはまるね。ピタリと四神。


朱雀。ここんとこキーワードになっていた朱雀も南。 カノープス?

玄武であるは夢ですでに見た。・・・

陰陽道も玄武、北極星を信仰しているようだ。 太一 妙見菩薩

北半球から南極星は見えにくいだろうが、南半球からも北極星は見えにくいのだろうか?時が来たら、南極にも燦然と輝く星が現れるのだろうか?

う~ん、星のことはさっぱりわからない・・・


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する