FC2ブログ

詰め込まれる夢

  • 2010/03/22(月) 09:14:19


誰だったか、よく知ってる男性から依頼があった・・・お顔もよく知ってる御仁だったのに、何故だか思い出せない。
「あ、アナタは・・・!」と、馴染み深いお顔に愛着すら覚えたのに。
多分間違いなく西欧系の精神世界からの伝達だと思う。

日本の神々様、仏様のことを書くと、次には一方の西欧系からの伝言も受け取るのは私の夢見の常ですが、曖昧な伝言にはいささか当惑してしまいます。

世界。 について。

???



まあ良しとしましょう。そのうち理由がわかるでしょう・・・



昨夜は切れっ端のような夢を断続的に見ていました。


鳩山・あわない計算機

歳差運動・地軸・時間のズレ

”お盆には死者の名前を呼ばないほうが良い”死者は喜ばない
近付く浮游霊?

”女神は○○○?を○○○??にする”



上二段は現実に起こっていますよね。まことしやかに囁かれる事実でしょうし、気になるのは下四段目の女神の声。起きたときには覚えていたはずなのに、今となってはうっすらとしか記憶がありません。
何やら、色々なことを一気に詰め込もうとされたような・・・


まあ、これも良しとしましょう。

三段目はあきらかに霊界からの通信?夢では文字だったからね。こう書いている文字列を私は目で追っていただけ。
例えば「よしこ」さんという生前の名前を呼べば、これに感応した霊がやって来るから注意せよということなのかな?
沢山の成仏できない恵まれない「よしこ」さんがやって来るワケ?
それは怖い・・・今、ちょうどお彼岸だしね(笑)
でも、遺族は呼んじゃうよね。愛情があればあるほど・・・
泣かないでということも含まれているんだと思いますけどね・・・


さて、伊勢神宮から帰宅した主人。机の上にお土産を広げ、土産話。
私がすぐに気付いたのは、一気に家の空気が清らかになったこと主人がいる部屋だけですけどね。
主人を清らかな清々しい空気が包み込んでいるという塩梅。
これは数日で消えてしまいましたが、何よりも主人本人が伊勢神宮をとても気に入ったみたいで、「もっと時間が欲しかった!今度はゆっくり回りたい!」と言ってました。

「出雲大神宮もエエよ~!すごく神聖な気分になれるよ~!今度、一緒に行こな!( ゚∀゚)」
「おう、伊勢神宮も行こな!ゆっくり時間かけて参拝しような!(゚∀゚ )」
「父さん、やっぱり神様っていらっしゃるんだね!(≧∀≦)」
「おう!そだな!!(≧∀≦)」



伊勢神宮は主人にとても気持ちよくフィットしたようです。

ルンタルンタ♪ 良かった良かった・・・♪

さあ、次は私の京都1日旅行です。ルンタルンタ♪


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する