また戦い?なんだかなあ・・・

  • 2010/02/17(水) 01:15:39

書こうか書くまいか逡巡しましたが、決心して書きます。妄想だと思って下さって構いません。また、偽善者だと罵って下さっても仕方がないと思っています。

まずは、昨夜の夢から聞いて下さい。

**********************************************************************

2010/2/16 夢

※お店の夜のアルバイトの男の子、女の子達(高校生や大学に行ったばかりの子供達)が、帰る足がないと私に言う。

「いいよ、全員私が家まで送ってあげるから、乗りなさい」と車に乗せる。

全員乗せて車を運転して走行していると、左から人影が飛び出てきた。

ものすごい勢いで車にぶつかってきて、衝撃で私は右側の窓ガラスに側頭部を激しく打ちつけた。

「痛い~!!」(本当に痛かった)

慌ててブレーキを踏み、車の中の若者達に安否を確認し、全員無事だとわかり安堵した。

右側に素知らぬ顔をして自転車に乗ってる人影が見えた。

黒い髪、黒い上着、黒いスカート、黒いパンプスを履いた若い女性が自転車に跨って、すごい目つきで私を見ている。黒い目で睨み付けている。
ぶつかってきたのはこの人物だ。

「あんた!何すんだよ!!子供達まで巻き込むつもりかえ!?許さないよ!?」睨み返す私。目と目がぶつかる。

フロントガラスは飴のようにグニャリと歪んでいるが、足で蹴飛ばして外すと、運転できる。

「あいつ、すげえな、車のフロントガラスがぐにゃりだよ!ぶつかってきた本人、ピンピンしてら!」(私)
「coomiさん、大丈夫ですか?」心配した男の子がオロオロと声をかける。

「大丈夫!無事に送り届けるから安心して!車も大丈夫!心配ないから!」

     (意識消滅)


**********************************************************************

最初は六角形に触れたがため(考え始めたがための)の霊的反撃だと思いました。霊的反撃はままあることで、例え夢の中であろうとも、酷い目にあうことが多々あります。(本当はもっと酷い目にあうこともあるのですけどね)
これに負けては戦えないのですから、負けてはならないのが本当のところです。

しかし、何か不自然さがありました。やけに生命感、躍動感のある霊だからです。息づかいが聞こえる霊と言えばいいのかしらん?

よく考えてみると、こういった類の霊は何度か遭遇したことがありました。ですから、間違いなくこの霊は生き霊だと思ったのです。いつもの霊界(幽界や地獄界)からの攻撃ではありません。存在する世界が違うと直感で感じました。

もしかすると、私がこのブログを持って書き続けることを良く思わない人がいる?それとも(たとえ本人が知らなかったとは言え)出雲大神宮に参拝したことが気に入らない?

いえいえ、違うだろ?こんな僻地のブログに恨みを持つ人はいないはず。ブログ界の超有名人ならあり得るかも知れませんけどね。
それに、そんな見方は自分でも穿った見方だと思う。

では、何故? 何故突然攻められた?
何故、普段は見ないアルバイトの子供達が全員同時に出てきた?
皆、 高校生と大学生 です。


ヒントはやはり出雲大神宮、出雲大社にありました。

前の記事にこう書いてあります。

”出雲大社は訳あって、再度参拝させて頂くことになりました。私なりに今回の旅行のメインです。「早く決着をつけて下さい」と思いを伝えに行くだけです。”

「柏原八幡神社 春日神社 出雲大社 2010/01/29(金)11:34:18」 (参照)


前回、出雲大社に正式参拝させて頂いたのが2009/10/15で、島根のあの事件が始まったのが2009/10/26言わずもがな、皆様おわかりですね?

これをメインにしていた今回の旅行が、私の勘違いによって何故か出雲大神宮に所代わりしてしまいましたが、これ幸いに素戔嗚尊様と櫛稲田姫尊様のお社へ一目散で駆けあがったのは、牛頭天皇様とも言われる素戔嗚尊様にお願いを奉るためでもあったのです。

「よくも元出雲までノコノコ行って私に楯突きやがったな!?」
こんな声が聞こえてきそうな悪寒。

ええ、偽善者!と罵られてもいいんです。

その答えが昨夜の夢だったのかも知れません。ちょっと痛かったですけど。

そんな風に思うのですよ・・・

女性。美形でありながら、かなり強い嫉妬心、私が一番よという自己中な性格、何が何でも邪魔する者は許さない、憎む相手は墓までも暴いてやるという恐ろしい冷酷な心の持ち主。背後にはとんでもないモノがいる感じ?

こんな人が事件の背後にいるような気がしたんですけどね・・・


まあ、妄想だと思って下さい。書いていて恐ろしくなってきました。

事件に関係ないかも知れませんし・・・本当にどこかで恨みを買ってるのかも。


と言いつつ、「あ、そう。そんなに日本の神様が怖いわけ?私があちこち動くのが嫌なわけ?だったらあちこち行ってあげよう。包囲してあげるわね」と、反逆する私でした。とさ。

だから、まず石ころのフラッシュ画像を元に下鴨神社

こんなこと書いてエエんやろか?間違いなく統合失調症ですね。
自分日記だからいいか。聞き流して下さいね。てか?(ため息)

早く現実世界でも霊的世界でも平和になりたいね。


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する