FC2ブログ

オカダと515と226

  • 2009/11/24(火) 04:07:15


「オカダって誰よ? 2009/11/23(月) 10:01:35」で書いた岡田さんの名前。
ただ単純に「岡田」だけで検索し、やっとわかったのが岡田啓介


岡田啓介 (wikiより)


彼が内閣総理大臣時代にあった最大の出来事は二・二六事件

”大日本帝国陸軍内の派閥の一つである皇道派の影響を受けた一部青年将校らが、武力を以て元老重臣を殺害すれば、政治腐敗と考える政財界の様々な現象や、農村の困窮が収束すると考えていた。彼等は、この考えを元に近衛歩兵第3連隊、歩兵第1連隊、歩兵第3連隊、野戦重砲兵第7連隊らの部隊を指揮して1936年(昭和11年)2月26日未明に決起、実行した”というもの。

二・二六事件に於いては命拾いした岡田啓介ではあったが、その後、太平洋戦争終結にも尽力し、和平への道を開こうとした。

清貧をよしとする軍人出身(海軍大将・海軍大臣)の総理大臣で、生涯の晩年には第二次世界大戦の日本国重臣として終戦を迎え、サンフランシスコ平和条約が発効され、日本の主権回復を見届け生涯の幕を閉じる。


この岡田だ!・・・と思いました。しかし、まだどこか完全に繋がらない。

そうだ、茶色の革靴だ・・・と。

じっくり二・二六事件を読んで、浮かび上がったのが犬養毅


犬養毅 (wikiより)


”1932年(昭和7年)5月15日に起きた大日本帝国海軍の青年将校を中心とする反乱事件で暗殺される。五・一五事件と呼ばれる。

1929年(昭和4年)の世界恐慌に端を発した大不況、企業倒産が相次ぎ、社会不安が増していた。1931年(昭和6年)には関東軍の一部が満州事変を引き起こしたが、政府はこれを収拾できず、かえって引きずられる形だった。犬養政権は金輸出再禁止などの不況対策を行うことを公約に1932年(昭和7年)2月の総選挙で大勝をおさめたが、一方で満州事変を黙認し、陸軍との関係も悪くなかった。

しかし、1930年(昭和5年)ロンドン海軍軍縮条約を締結した前総理若槻禮次郎に対し不満を持っていた海軍将校は、若槻襲撃の機会を狙っていた。ところが、立憲民政党(民政党)は大敗、若槻内閣は退陣を余儀なくされた。これで事なきを得たかに思われたがそうではなかった。計画の中心人物だった藤井斉が「後を頼む」と遺言を残して中国で戦死し、この遺言を知った仲間が事件を起こすことになる。本来ならば標的でなかった犬養が殺されることになったといえる。”


最近出ずっぱりだった 「5」 が出てきました。

軍の反乱、テロと呼ぶ最初の事件が五・一五事件ではありましたが、その叛乱軍・首謀者らは国民の嘆願もあり刑は軽かったとあります。これがきっかけだったかどうかはわかりませんが、二・二六事件の叛乱軍は刑が重くても五・一五事件の場合と同じように禁固刑15年ぐらいだと踏んでいたのかも知れません。しかし、国が下した刑は死刑でした。

共に軍関係者が関与していた事件で、国を騒がせた大きな出来事でした。


さて、茶色の革靴。
何に繋がるか?


五・一五事件で犬養毅を暗殺した元海軍中尉三上卓は、裁判で次のように証言しています。


”すると首相は両手をあげ『まあ待て。そう無理せんでも話せばわかるだろう』と二、三度繰り返した。それから日本間に行くと『靴ぐらいは脱いだらどうじゃ』と申された。私が『靴の心配は後でもいいではないか。何のために来たかわかるだろう。何か言い残すことはないか』というと何か話そうとされた。その瞬間山岸が『問答いらぬ。撃て。撃て』と叫んだ。黒岩が飛び込んできて一発撃った。私も拳銃を首相の右こめかみにこらし引き金を引いた。するとこめかみに小さな穴があき血が流れるのを目撃した。”

そう、軍靴だったんです。やっとわかりました。・・・・・

ずっと続いていた「5」の数字、五・一五の「5」だったのかも知れません。


そして、何故、 「オカダに聞け」 だったのか。

五・一五事件、二・二六事件との接点は彼、岡田啓介にありました。犬養毅は五・一五事件で暗殺され、その後の二・二六事件は知りません。ご存知ないのです。岡田啓介は1868年生まれで、1932年の五・一五事件当時は64歳でした。大日本帝国海軍の海軍大臣となった年でありました。
五・一五事件を起こしたのは大日本帝国海軍の青年将校だったのです。
あの茶色の皮靴も、おそらく海軍、あるいは陸軍だったのでしょう。


やっと繋がったことにホッとしたのですが、では、何故今さら?と。


考えてみて下さい。
時代背景が現在に似ているのです。この時代にソックリなんだよと教えてくれたのです。特に政府の腐敗、大不況、失職、倒産、国民の窮地、貧困・・・そして自衛隊。


やっと読み解けたと安心するのは論外な気分です。

Troops_occupying_Nagata-cho_2.jpg (wiki 二・二六事件より拝借)



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

坂本さんも茶色の靴

横レスですいません

『ウィキペディア(Wikipedia)』 岡田似蔵 土佐勤皇党


似蔵さんの父さんが息子さんの事で大変悲しんでおられます・・・・。

  • 投稿者: てる
  • 2009/11/25(水) 15:02:28
  • [編集]

Re: 坂本さんも茶色の靴

こんばんわん てるさん ^^

坂本龍馬もそうでしたね。革靴履いてました。
人切り似蔵ですね・・・

そうですか・・・お父様が悲しんでおられるのですね。
もう150年近く経つというのに、悲しみは癒えないのでしょうね。
そらそうかも知れません。息子さんである岡田似蔵は
まったく違った道を進み、斬首されてしまいましたものね。

あ、でもね、あの声の主は洋服着てたんだ。
薄い、透けるようなカーテンが風に揺れていて、その向こうに
立って話したんだよ。だからお顔は見えなかった。
いつもの声ではなく、確かに男性の鋭い声でした。
茶色の革靴は空中に浮いていて、それを取れって言われた
気がしたんだだけど、私は手に取らなかった。

たぶん岡田のいた時代、226の時代頃だと思う。

  • 投稿者: coomi
  • 2009/11/26(木) 00:09:58
  • [編集]

昨日のこと

「Coomiさん Coomiさん  岡田さ~ん!」とと念じてましたら、岡田の父さんと繋がってしまいました。 名前を問いますと、○義の文字。調べると、確かに・・・義。本人に間違いありません。

なぜ繋がったのか?僕には判りません。

Coomiさん あなたの優しさで鎮めて頂けませんか?。

  • 投稿者: てる
  • 2009/11/26(木) 07:23:56
  • [編集]

Re: 昨日のこと

こんにちは てるさん ^^

岡田という姓を持つ人物は数あれど・・・
てるさんは高知の土佐藩に繋がっちゃったんですね。

私は嫌らしい人間ですから、私も鎮めて頂き(ry

出来るかどうかわかりませんが、祈ることだけは出来ます。
もし、そのお父様が私に接近してくれば(仮の話)
夢の中で私も何かするでしょう。と、思います。

と言うか、神様仏様にお願いするだけだと思うんですけどね・・・(苦笑)

てるさん、有難うございました。(ぺこり!)

  • 投稿者: coomi
  • 2009/11/26(木) 11:59:19
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する