IRBとは?

  • 2009/10/01(木) 14:28:10


サモア スマトラ ボリビア 立て続けに地震により多数の死者、被害者。

そして世界各地で水害により多数の死者、被害者。

ともすれば虚ろになる心をどうすれば良いのかと思う。人ごとではない。


あるブログで、ちょっとこれは・・・と思う記事を発見しました。

「土地家屋調査士はるのブログ」 http://ameblo.jp/haru26ra/

はるさんの2009年09月30日の「アメリカの謀略と日本のマスコミ」という記事の文中にあったもの。抜粋させて頂きます。


”他方、ドクター浜田和幸氏は日本のマスコミを痛烈に批判している。浜田氏は遺伝子組み換え食品が極めて危険で、外国で数十万人とも言える死亡者もたらしているにもかかわらず、日本のメディアがこれを隠している実態に警鐘を鳴らしている。

アメリカは遺伝子組み換えである作物の種を、病害虫に強く収穫量も増えるので投資効果があるという理由で、『魔法の種』と称し2000倍以上の高値でインド人に売りつけた。 これが災いし、現時点で20万人以上が死亡、今でも毎月1000人の農民がインドで自殺しているというのだ。

ではなぜ日本のメディアはこれを報じないのか、実はこれも年次改革要望書の記載内容に原因がある。年次改革要望書には、遺伝子組換作物に対する日本の市場の閉鎖性が問題視されている。更にアメリカの遺伝子組換作物を使った食品を買うように圧力をかけているのだ。”


この記事を読んで、IRBを思い出しました。 治験審査委員会。

彼等の裏にいる存在達が、やはり何か裏から仕掛けているのではないか?
遺伝子組み換え農作物然り新型インフルエンザワクチン然り・・・

ビジョンや夢で見たこと、ここに書いた検証などの記事を再掲してみます。
私は確かにビジョンで「IRB」という文字をアメリカ地図の中に見ている。


「陰謀 2009/01/26(月) 09:52:56」

「夢の分析状況 2009/01/30(金) 05:22:56」

「リンカーン 2009/02/03(火) 10:35:55」

「結論は医療 2009/02/08(日) 14:20:30」


結論として私は「ワクチン」と書いてあります。しかし、遺伝子組み換え農作物の被害もマスコミの陰に隠されて表立ってはいないと推測。もし、この事実が白日の下に晒され、我々が知ることになれば驚愕するような実態があるのではないか?

世界中でワクチン接種を義務づけると、懐に巨万の富が入るのは誰?
遺伝子組み換え種苗を世界中で売りつけると、懐に巨万の富が入るのは誰?

大国アメリカはもはや大罪アメリカではなかろうか?


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する