「7」の再考 その2

  • 2009/09/29(火) 12:45:00

「7」という数字の意味するところ、その重要性・印はさんざん調べたので、今現在は「7」に関する事象は少ないと判断。
では、「77」とすればどうか? ここでピン!ときました。

9.11でペンタゴンに突っ込んだアメリカン航空77便。

そしてもうひとつ。


「77」の原子番号の元素はイリジウムギリシャ神話のイリスに因んで名称を付けられたそうですね。

白金族元素の一つであり、レアメタル(希少金属)として扱われています。

レアメタル ・・・あれ?最近中国がレアメタルについて何か発表してましたね。

「なな・・・なな・・・」=「なが四つ」=「しな」=「シナ・中国」

南アフリカ、中国、ロシアがレアメタルの主だった産出国であり、そのうちの中国が輸出制限をかけてきた。レアメタルはハイブリッド車にはかかせない希少金属であり、その中でもTOYOTAプリウスは70%を越えるシェアを持つという。
コモディティーコンサルタントのジャック・リフトン氏は、プリウスを「世界最大のレアメタル消費製品」と呼んでいるそうな。

イリジウムの産出国は南アフリカ共和国

そして 隕石

wikiでイリジウムを読んでいたところ、下の方に思いも寄らぬ関連項目発見。


ツングースカ大爆発


wikiから拾ってみると、

”強烈なエアバースト(en:Air burst) が発生し、半径約30キロメートルにわたって森林が炎上し、約2,150km2の範囲の樹木がなぎ倒された。1,000キロメートル離れた家の窓ガラスも割れたという。破壊力はTNT火薬にして10 - 15メガトンに相当するものと考えられている。爆発によって生じたキノコ雲は数百キロメートル離れた場所からも観測できた。爆発地点では地球表面にはほとんど存在しない元素のイリジウムが検出されている。”

とありますね。ああ、そう言えば・・・

エアバーストに似た夢、最近見たダウンバーストの夢を詳細に書いていますね。

「巨大なダウンバースト(空からの怒り)2009/08/26(水) 09:22:52」(参照)

「77」の意味するところはこれらだったのかな?


イリジウムの語源となったイリス

”イーリス(イリス、ギリシャ語:?ρι?)は、ギリシア神話の虹の女神である。英語ではアイリス(Iris)。

ヘーシオドスの『神統記』によれば、タウマースとオーケアノスの娘エーレクトラーの娘でハルピュイアの姉。ヘルメースがゼウスの腹心の部下であるように、イーリスはヘーラーの忠実な部下とされ、しばしば神々の伝令を務める。” 
(wikiより抜粋)

思わぬ所でまた発見しました。ガブリエル様と同じお仕事されてるイリス様

ガブリエル様 → ヘルメス様 → イリス様

こんな繋がりも発見してしまい、ただ唖然とするばかり・・・


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する