妻夫木聡と直江兼続と

  • 2009/08/23(日) 10:41:07

**********************************************************************

2009/8/23 三つの夢


妻夫木聡が夫(?) とても優しい笑顔で見てくれる 

彼等と一緒にホテルの大広間でクリスマスの飾り付けをしている 

デザイナーはもっと斬新に美しく出来るはずだと言い張っている

机の上には色とりどりのお手玉(?) 綺麗な刺繍がついている

部屋の整理をしている妻夫木聡 にこにこ笑顔

         (意識消滅 うっすら目覚める)


妻夫木聡が言う 地震 徳島? え?どこ?

         (意識消滅 うっすら目覚める)


妻夫木聡が整理整頓した部屋で仕事のスケジュールを黒板に書いている

格子型に線を引き、碁盤のようなスケジュール表を私に見せる

何を書いているのか完全に読み切れない

         (意識完全消滅)

**********************************************************************

妻夫木聡? 何だろう? 一晩で3回も登場されるほど熱烈なファンではない。
おまけに私の「夫」だとは(ありがたき幸せ・・・(ー人ー)

で、探ってみました。何せ三度も同じ夜に見ていた夢で、繋がっていたから。


「天地人」 「愛」 「直江兼続」 「越後(新潟)」

妻夫木聡 1980年12月13日生まれ

直江兼続 元和5年12月19日


格子型スケジュール表 → 直江兼続が発案した格子型の墓所


やっぱり出てきた関ヶ原徳川。関ヶ原は少し前、日光の徳川に触れて書いた。

そして12月はクリスマスシーズンに何かある?という疑問。

越後・新潟は地震が頻繁に起こる場所。・・・・・

他に何がある? 「天地人」は見ていないんだけど?


”米沢への転封の際に、上杉家は大変な財政難に陥ったが、兼続は「人こそ組織の財産なり。みんな来たい者はついてこい」といい、召し放ち等の現代で言うリストラをしなかった。米沢はかつての領国の4分の1の石高の地で、上杉家を待っていたのは厳しい暮らしであった。しかし、兼続はここで家臣と家族3万人を養おうと、自らは質素な暮らしをしながら、国造りに取り組む。米沢市の郊外には、兼続の指示で土地を開いた武士の子孫が今も暮しており、その家の周りには栗や柿そして生垣にはウコギが植えられている。いずれも食べられる食用の木である。兼続は実用的な植物を植えさせることで、人々の暮らしの助けになるよう心を配っていた。”(wiki直江兼続より転載)


ああ、そう言えば昨日、3年前の自作保存食である干し飯をもどしておかゆで食べたんだっけ。美味しかったですよ、干し飯。ちゃんと保存食になりますね。記念写真のつもりでパチリ!

hosimesi.jpg

たぶん、この行動も関連しているのだと思う。

追記

とても重要なことを忘れていました。

新潟県は糸魚川。 フォッサマグナだね。・・・・

戊辰戦争にも繋がってる・・・・


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する