麻の葉 さらさら

  • 2009/08/03(月) 11:12:52

日蓮様にも引っ掛かりますね。京都・萬福寺の突風を調べていて繋がったのがお釈迦様と日蓮様。

日蓮様の誕生地は安房国。千葉県の過去の国安房神社があって、その名前の由来は「阿波」から来ているとも考えられます。何せ忌部氏が祖となるのは「阿波」も「安房」も同じですから。同じ「アワ」ですからね。
安房神社の由来ではこの事を書いてあります。

”神武天皇の御命令を受けられた天富命(下の宮御祭神)は、肥沃な土地を求められ、阿波国(現徳島県)に上陸、そこに麻や穀(カジ=紙などの原料)を植えられ開拓を進められました。
 その後、天富命御一行は更に肥沃な土地を求めて、阿波国に住む忌部氏の一部を引き連れて海路黒潮に乗り、房総半島南端に上陸され、ここにも麻や穀を植えられました。
 この時、天富命は上陸地である布良浜の男神山・女神山という二つの山に、御自身の御先祖にあたる天太玉命と天比理刀命をお祭りされており、これが現在の安房神社の起源となります。”

http://www1.ocn.ne.jp/~awajinja/newpage1.html

なるほど、阿波に似ていますね。

阿波一宮・大麻比古神社と安房一宮の安房神社を繋ぐと、伊勢神宮内宮・外宮の間を通る。

御祭神は違いますが、御神紋が同じなのは大麻比古神社千葉県成田市の麻賀多神社。麻の葉。山川町の忌部神社も麻の葉です。

麻賀多神社を大麻比古神社を繋ぐと、富士山上空を通り三輪山をかすめ、奈良県は葛城の葛城御県神社(かつらぎみあがたじんじゃ)(ニニギ様)と當麻寺(当麻寺、たいまでら)の中間を通る。

ふるいちさん、ある意味「マ」ですね、これも。

空海様の扱いと日蓮様の扱いは差がありますね。荒らし防止措置が執られているのは日蓮様で、これは学会と繋がるから攻撃を受けるのでしょうか?
空海様と日蓮様の生誕は700年 500年くらい開きがありますが、日蓮様も高野山において修行されたとか。なるほどそうでしたか・・・

色々と繋がりが見えてくるのは面白いですね。^^


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する