空海の回帰

  • 2007/11/15(木) 23:34:47


梵字で思い出しました。
9月の下旬~10月初旬頃だったと思います。

四国のお寺が背景に見えていて、現代であると直感しましたが、そのお寺の前の道を一人のお坊さんが歩いていました。黒い法衣に坊主笠、それと錫杖と言うのでしょうか?杖をつきながら歩いていました。
お坊さんは、お寺の前で立ち止まり、ぺこりと頭を下げます。そして安心したように再び歩き出します。お寺に入らず、頭を下げただけでした。

弘法大師・空海


空海はまだ歩き続けている。今も続く信仰を確認しながら・・・そんな気がしました。

まだまだ暑さ衰えない今年の9月下旬頃のビジョンです。

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰ぞ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず

(いろは歌)



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)