睡眠障害はもう長い

  • 2009/06/11(木) 14:41:47

あるサイトで睡眠障害のことに触れていたので、ここで私の経験をお話ししておきますね。
数年前から、そうですね、だいたい2~3時間の睡眠で真夜中決まった時間に目覚めます。数分から数十分の誤差はありますが、だいたい似たような時間帯でした。一旦目覚めてしまえば何度就寝を試みても寝ることは出来ません。これが毎日続きました。あの頃はヒッキーだったから何とかなりましたが、今現在でもそれは断続的に起こります。寝られなくて疲れ果て、後で寝直しても3時間くらいで目覚めてしまいます。正直、非常に強烈な睡眠障害を受けていたあの頃は、せいぜい5時間も寝られれば良いほうでした。今現在はもっと睡眠時間は増えていますけどね。

私の場合目覚めるのは悪霊と戦っていた夢をみた後だったり、誰だかわからない善霊界からの使者と共に何かをしていた夢を見た後だったり、霊界を旅している夢などを見た後だったりします。
だから、寝るのが怖くて2時から4時までは起きていようと決心したのですが、朝日が昇る前、やれやれもう大丈夫だとお布団に入っても、やはり同じ現象が起こりました。確かに睡眠障害と言われればそのようかも。

睡眠障害(wikiより)

この中で該当するモノは「ナルコレプシー」という病気。医学的に見て、こんなことは説明が付くと実証されているだなと感心しました。

だが、待てよ。いまいち何かが違うなと感じます。
入眠時幻覚が近い感じがしますが、これも何だか違う。身体がジンジン震動しているような感覚を持つときもありますが、金縛りにはなったことはありませんし、入眠時だけではなく、目覚めの直前や就寝真っ最中、半覚醒時のビジョンなどには触れていないのでわかりません。

幻覚・幻聴と言われても、確かなことは、夢でみたことやぼんやりした時に見たこと聞いたこと、その他ビジョン等で知らせて頂いたものが実際に「在る」ということは間違いが無かったわけで、私の中でその代表的な存在がご神名さえ存じ上げなかった「ニケ」や「ナラシンハ」、「双龍」などだったわけで、探してみれば人型神々様のご神名も確かにあったわけで・・・

医学的に見て、本人がまったく知らなかったことを夢や幻覚などで見ること聞くことは出来るのか?と聞いてみたい気がするのですが。そしてもう一つ、幽体離脱は何故起こるの?何の病気なの?と。

もうひとつ統合失調症というのがありますが、これも違うなと。起きている時に宇宙人がしょっちゅう話しかけたりすることもありませんし(いや、まったくない)ごく普通におばやんで生きていると思ってます。統合失調症とは、これは誰もが持っている自己の性格に、かすかに出たり消えたりする可能性があるものばかりであり、それが高じたものが病気なのでしょうね。私がもしガチでそんな病気なら、まず主人がいち早く気付いて病院にケツを蹴飛ばして叩き込んで下さることでしょう(笑)

更年期障害は30代から入る人もいるらしいから、これは可能性があります(笑)

だから、貴方、ちょっと待って下さい。急いで精神科を訪ね、薬を飲まないようにして欲しいなと思うのですよ。


「クレアなひととき」

地球の未来と個人的な将来 (勝手リンクごめんなさいnoffyさん!(≧≦;)ノ


上記の超有名なサイトをご覧になって下さい。この件に関して、WebBot予言でも睡眠障害、宇宙、太陽のことに触れているようです。分かり易く抜粋して下さっていますので、とても読みやすいですよ。

「宇宙から飛来するモノは浸透しています」の声は、こういう意味(睡眠障害)も含めているのだろうかな?と感じました。

だからちょっと待って下さい。薬に頼らないで。


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する