太陽活動

  • 2009/06/04(木) 08:37:07


温暖化が叫び始められて随分経ちますが、反対に太陽の活動はここ最近非常に少なく、無黒点日数が増大しているそうな。

「宇宙天気ニュース」 見て下さい。

それと「弱る太陽 活動200年ぶりの低水準」(asahi.com)

このままではミニ氷河期に入る可能性があるんですと。国立天文台は今月下旬に研究者を集めた検討会を開くそうな。
正直、北極南極の氷は溶けてるのか増えてるのかどっちなんですか?って話ですが、私個人的には「The DAY AFTER TOMORROW」の世界よりも「Deep Impact」のほうが怖い気がします。宇宙よりの飛来物質は原爆何千個ぶん・・・勘弁して下さい。(´人`)


※「宇宙から飛来するモノは浸透しています」(女性の声?男性?中性?)


この記事を書いたのが「宇宙からの人類補完計画ですか 2009/04/06(月) 08:30:26」で、つい2ヶ月前だったのを思い出しました。

宇宙からの飛来物質とはなんぞや?やはりガンマ線かな?と思ったのですが、深夜に肉眼でガンマ線マーク(Γ)がくるくる回転しながらこちらへ飛んできているのを見たのが2007/10/14でしたっけ。

「彗星で思い出したこと。2007/10/25(木) 23:42:31」

「褐色矮星と太陽 2008/02/28(木) 20:43:09」

太陽の周期異常は、もしかしてこの「宇宙から飛来するモノ」が原因ではないかい?と思ったりするんですけどね・・・

2007/10/14から2009/6/4までの期間は約1年半。正確には1年と8ヶ月。丁度、私の夢見のスパンと一致するわけで。ただ、太陽については専門家が検討会開いたところで解決できるはずもなく、こればかりはお天道様が知っているとしか言いようがありませんね。


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する