ルシフェルファーは人間と神と悪魔を知っている

  • 2009/05/31(日) 00:02:15


今まで見てきた神界人、幽界人、霊界人、地獄界人の中で私が最も苦手とするもの、一番怖い方。それは私が「ルシフェルファー」と名付けたお方。
何度考えても彼を私は知っているのです。多分、生まれ出るずっと前から。
私は親しみを持ちながら、この方がとても怖い。怖いけれども大好きだ。


「北から来るぞ? 2008/02/03(日) 11:13:38」

「ルシファー ルシフェル ルシフェルファー? 2008/04/08(火) 11:52:24」

「節分前に御出現された方は・・・ 2008/04/08(火) 01:25:19」

「色々と神様 2008/05/15(木) 23:48:13」

「ヘルボーイの闇の王子 2009/01/12(月) 10:54:38 」


この方、去年2008年の節分前の2月1日に出ていらっしゃった。
「アフリカ 火山噴火 2 2009/05/21(木) 23:42:37 」で書いた「始まった」の最終書き込みは2008/3/20の春分の日。この日を予告するように出いらっしゃった。「お前の行くトコ、するコト、考えるコト、全て知っているぞ、お前は私の仲間だからだ」とでも言うように。・・・・双龍、白馬、雷、暗雲、数人のお供と共に御出現されました。彼等は悪ぶっているけれど、悪人ではない。中を行く人であり、その総大将だと感じました。だから怖いのです。何もかも見透かし、ご存知だからです・・・突き詰めた善も、突き詰めた悪も知り抜いていらっしゃる・・・

彼等にとって私など「見せかけ」に過ぎないのです。・・・・だから前回の記述で「私はエセ」だと申し上げました。
彼等が出現したおり、空回りの虚勢を張って「あ~ら、見つかっちゃったのね~!」とか威勢の良いことを申し上げましたが、本当は彼の手の内なのですよ。見抜かれているのです。

ことのほか左様に彼等は強いのです。

彼等に名前は無いのです。ルシフェルファーという仇名も私が付けたものです。
「はじめに」に書いてあるように、今まで私に名乗られた方はただのお一人もいらっしゃいません。その中で彼等が一番親しみやすく、一番怖かった。とても優しい目をしているような気がしましたが・・・
いつもの真っ白の胴着と袴を着て、腰に剣を持ちながら、それでも怖かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


**********************************************************************

2009/5/28夢?ビジョン?

鶏肉 牛肉 そして豚肉?

鶏肉はささみ、牛肉はレバー? 塩焼きのささみが左右に開く感じで20本くらい並べられている 牛肉のレバー?も20個くらい縦に並べられている レバー?は生焼けでいかにも生臭い気がした ささみは・・・

左右に10ずつくらい並べられ、そう、動物の肋骨のように並べられている

とても気持ち悪い どれも食べる気がしない

豚肉? 印象にない

ただただ気持ち悪い ささみと牛肉のレバーのようなものが

**********************************************************************


鳥インフルエンザ 狂牛病 豚インフルエンザ

この中で最も嫌なもの 私はです


しばらく鶏肉のささみは食べられそうもないです(好物なんだけど・・・)


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する