新疆ウイグル自治区

  • 2009/05/10(日) 03:52:16


2009/5/10 深夜2:30過ぎ

息が出来なくて苦しい。あまりに苦しくてこんな時間に目が覚めてしまった。

アジア大陸中央が光っていた。夢じゃない。半覚醒。

ここは?

地球儀を持ってきて確認する。

新疆ウイグル自治区・・・

アルタイ山脈、ウルムチ・・・


なぜ息が出来なかったのだろうか?


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

これかな?

 広島市で原爆死没者慰霊式・平和祈念式典に参列するため来日した中国・新疆ウイグル自治区出身の外科医アニワル・トフティ氏は都内で産経新聞と会見し、核実験で汚染された同自治区の実態を語るとともに、中国の五輪開催に抗議した。アニワル氏の証言の詳細は次の通り。 

後遺症の恐怖

 中国は1964年10月以来、私たちの土地で46回にわたって核実験を実施してきましたが、この事実はまだまだ知られていません。区都ウルムチの病院の腫瘍(しゆよう)専門外科に勤務していた私はあるとき、病床に占めるウイグル人の割合が極めて大きいことに気付きました。そして調査・分析したところ、ウイグル人の悪性腫瘍の発生率が、中国の他の地域の漢人と比べて、35%も高いことが判明したのです。さらに漢人でも、新疆ウイグル自治区に30年以上住んでいる人は、悪性腫瘍発生率がウイグル人と同程度に高いことが分かりました。

 英国のテレビ局のドキュメンタリー番組に協力し、取材で潜入した先々では、放射能汚染の影響とみられる数々の悲惨な光景を目の当たりにしました。

 南新疆では、内臓異常で腹やのどなどが肥大化した人が大勢いる村がありましたし、先天性異常の大脳未発達で、歩くことも話すこともできない障害児ばかりが生まれる村もありました。また、ある山で木を切って調べたところ、広島に投下された原爆の300倍もの放射性の反応が出ました。

 しかし、中国は核実験による放射能汚染や後遺症の存在を認めていません。海外の医療団体などが調査に立ち入ることもできず、すべてが隠蔽(いんぺい)されているのです。

  • 投稿者: てる
  • 2009/05/11(月) 06:34:58
  • [編集]

Re: これかな?

おはようございます^^

中国核実験で検索したら新疆ウイグル自治区がどさどさ出てきましたよ。それと、ガン村のことも。ガン村はここでも取り上げたことがありましたが、どうしてどうして、なんと惨い国だとあらためて怒りを感じますね。

おそらく、ウイグルの人々の苦しみ、惨状を教えて下さったのだと思います。呼吸器を冒された人々もいらっしゃるはずですね。それくらい苦しかった。目覚めて「い、息が出来ない!」と「これはどうしたことか!?」と数秒間ジタバタしましたが、身体はなんともなく、ちゃんと呼吸してました(笑)

嘘と虚栄と暴力と残虐性を混ぜ合わせた国、中国。
何とかせねばなりませんね。・・・・・

  • 投稿者: coomi
  • 2009/05/11(月) 09:22:25
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する