宇宙からの人類補完計画ですか

  • 2009/04/06(月) 08:30:26

**********************************************************************

2009/4/6

※「宇宙から飛来するモノは浸透しています」(女性の声?男性?中性?)

黒い服を着た女性がにこやかに笑っているが、その服は石灰のような白っぽい埃のようなものがいっぱい付いていて、どこかの埃っぽい穴から這い出てきたように見える。白っぽい埃は女性本人には見えないらしい。

※筋肉図。しかし普通の人間の筋肉ではない。かなり筋肉が複雑になっている。
男性の腕。筋肉の中に黒い物体。その黒い物体が手のほうへと移動しつつある。

**********************************************************************

ふ~ん・・・何だろ、これ?

夢で目覚めたのはちょうど午前4;00。丑三つ時が終わった時ですね。

また出たよ、宇宙のパワー。このパワーでもって人類補完計画?(笑)

でも、あの声の主は誰だろう?男とも女とも説明付かない声。気高い声。


それはそうと、いつも雲を眺めるのですが、最近気付いたことがあります。ここ阿波徳島ではナミナミ雲が出るのは決まって東西。西と東のどちらか、あるいは両方向同時出現。ここ数年ですが、私が観測を始めてから南北に出ているのをほとんど見たことがありません。
これを南海トラフ、中央構造線と比較して考えてみると、関係するのはやはり中央構造線。磁場が関係しているのだろうと思います。
引っ張りあっていると言いますか・・・左右、つまり再び分断するときは上下ではなく左右東西に引き裂かれるのかも知れませんね(´`)

中央構造線上には重要な箇所がいくつもありますね。伊勢神宮しかり、高野山しかり、阿蘇、分杭峠、諏訪、、、、徳島も例のように、この構造線近く隣接して神社仏閣がたくさん並んでいます。竜王という地名も多いですね。昔の人は基本的に地から発するパワーを受け取る受信機が発達していたのでしょう。だからこのパワーを神と崇め、神社を建てた。とりわけ弘法大師空海様はよくご存知だったため、四国八十八箇所を定められた、、、、10番札所からいきなりUターンし、神山へと足を運び、険しい山を登られ、焼山寺を建てられた。

そこは12番札所。その後、南下して高知県へと向かう。結果、四国をぐるりと取り囲んでしまわれた。これが俗に言われる「空海の結界」

磁場と言えば、日本にはゼロ磁場が増えつつあるそうな。世界で磁場が強烈なのが北極・南極はもちろんのこと、死海あたり、チベット、そしてイスラエルはエリコ。日本はゼロ磁場が増えている現状を見てみると、磁場の弱い国?

つまり日本全体が「イヤシロチ」化していることになりますね。

なるほど、日本では最近ふわふわした人が多くなった。

え?違うの?(・.)


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する