FC2ブログ

くんだら くんだら

  • 2008/12/11(木) 14:36:29


日本の生産技術は世界トップレベルであり、この日々の中で電化製品、工業製品に埋め尽くされた生活は当然のように受け入れていたのではありますが、車業界しかり、TVで生産現場の流れ作業を見ていて、常々疑問に思っていたことがあります。バブル時代でさえ個人的に不安材料として持っていた私なりの感覚です。

「この大量の電化製品、この大量の車は誰が買うのだろう?」
「毎日々々あれだけの数を作り続けて、よく採算が取れるもんだ」
「こんなこと、いつまでも続くワケがない」
「輸出が出来なくなれば、後はどうするの?この国は潰れるかもね」

市場はさすが技術大国日本というビッグネームで凌駕され、今までは滞りなく販売できていたのでしょうが、ここにきて暗雲が垂れ込め、在庫も抱えたまま身動きできなくなって来ましたね。大手企業の工場閉鎖、リストラの嵐が始まりました。
そりゃそうでしょう。当たり前の結果ですよね。世界の二極化は進み、一握りの裕福層が買っているだけの現状ですから、売れなくなるのは目に見えていたはずですよね。大企業も資本主義という悪魔の作った穴に落ち込んだ気分でしょう。野村もソニーも社員のリストラを決行、そして二極化の大多数を閉める一極側の貧しい人々の数も増やす。
内需拡大と新聞記事でも政府がこの現状を切り抜ける道を思案していますが、まず無理でしょうね。民衆には拡大させる意欲もお金もありません。ますます酷くなるほうに1万円賭けますよ(ショボい賭け金ですね)

政治も企業のことも株式も何も難しいことはわかりませんが、とにかく我々庶民は褌を締めなければならない時期になったのです。覚悟を決めましょう。
新しい仕事もなく、この暮れには路頭に迷う人々が大勢出てきます。我が夫の会社は大手だから心配いらないとタカくくって平気でお過ごしの奥様には、ご主人の会社を一度は調べてみることをお薦めします。また、ご主人様も心配事を奥様に打ち明けて、ご夫婦で相談するのも手です。自分の境遇が危ういと思うとき、一人で抱え込まないで下さいね。奥様にもきっとご理解いただけるはずだと思うのですよ。ご夫婦で子供を育てながら乗り越えなければならない時代に入っていますから、善は急げでやってみて下さい。案ずるより産むが易しの諺のように、何とかなるかも知れません。いざ自分がその苦しい境遇にたたき落とされた時、前もって計画できていたら少しは楽に再出発出来るかも知れません。苦しい道程ではありますが、夫婦で手を繋いで苦境を脱したとき、真の喜びが味わえるのかも知れません。

ところが、本日東証ではソニー株値上がり続伸。フランスに次いで米国ピッツバーグの工場を閉鎖すると表明したことは投資家に好印象を与えたらしいですね。株屋にとっては儲け話になったかも知れませんが、下々の解雇された人々の苦しみの上にその儲けがあるのだということを知っておいて下さいね。ややこしい世の中ですね。こんな事書いてると思わず口から出そうになります。「性に合わないどす!」「阿呆には難しすぎだす!」頭頂から煙りブスブス・・・


「10月8日の衝撃 2008/10/08(水) 07:45:32」で書いてある「ピッツバーグ」の声は、このことだったのかな?と思っています。ペンシルベニア州ピッツバーグだったのかと。このソニーの解雇を皮切りに、ツギツギと大手企業もどこを閉鎖しようかと模索するでしょう。採算の合わないところから始めるのでしょうが、そのうち必ず自分の首も絞まります。じわじわとくるでしょう。覚えておいて下さいね。

ピッツバーグ

ハイテク産業が変えた新しい活気在る街。この街にも貧困層がいる・・・


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)