FC2ブログ

幕僚長

  • 2008/11/03(月) 10:30:51


10月1日に見た夢「なんで毛沢東」

”皆が中国を賛美する中で、たった一人だけ日本を褒め称える人がいました。
毛沢東が人民服姿で現れ、彼が腹立たしいと憮然とした顔で罵り、私は彼の身が危険だと感じました。”

こんな夢だったのですが・・・


そして10月31日、アパグループによる第1回「真の近現代史観」懸賞論文において田母神俊雄航空幕僚長が「日本は侵略国家であったのか」という主題の論文を発表、最優秀藤誠士賞を受賞し、政府見解と甚だ異なると問題視され、更迭されました。

振り返ると、このことだったのかと感じます。


10月1日頃と言うと、幕僚長は論文を一生懸命書いていた頃なのかも知れません。アパグループは5月から募集をしていたのですから、もっと早く書いていたのかも知れませんが・・・


気になるのは、その名字の由来。田圃の母神といった所でしょうか?

日本人には「米」 五穀のうちの一つであり、命を繋いできた元でもありますね。なんと有り難い名字でしょうか。

彼は何としてでも日本人たる所以、日本人としての誇りを守りたかったのかも知れませんね。


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)