深まる闇

  • 2008/10/27(月) 09:24:36


**********************************************************************

2008/10/21

※薄紫色 スオウ? ナルト?

2008/10/25

※アライン?

2008/10/26

※泥水の川に蛇

※子供達が街中で遊んでいる 街中におもちゃが散乱 大人はどこ?
 子供達の服が汚れている 服にカビ?

**********************************************************************

20日、24日、25日の危険日には日本にはさほど災害もなく済んだようですが、どうしてどうして。

経済面では大地震が起こっているようですね。グリーンスパン前FRB議長は「100年に一度の大津波」と言い、日経は5年ぶりの8000円割れ。円は91円となり、悲鳴が聞こえました。ここに来てAMEROの噂も聞こえ、世間は揺れ動いています。

イエメンでは激しい嵐によって大洪水が起こり、47名の方が亡くなりました。シバの女王の国でしたね。

食品関係では有害物質の混入のニュースも続々と続き、不信感が漂っていますね。
三越も松坂屋も採算の合わない店舗はシャッターを降ろし、デパート時代の終焉を感じさせます。


もうお洒落だとか遊興だとか言っていられない時代です。相変わらず私の勤めるお店では平凡な日常風景が見られますが・・・この中に危機感を持っている人はどれだけいるでしょう?と考えさせられます。
東南アジアの方々だと思われる女性客が数人いるのですが、彼女達は毎日70円くらいの鳥皮と10円くらいのモヤシだとか半値以下の食料品を買って帰ります。おそらく国にお金を送っているのでしょうけど、涙ぐましい努力をしています。時々衣料品や化粧品を眺め、手で触っては諦めて帰ります。同じ女性でありながら、高い化粧品やお洒落関係の本を買い漁る日本女性は、なんと幸福なのだろうと思います。

が、いつ、我々の国も彼女達の国のようになるかわかりませんね。そろそろ気付いて下さい。

とは言っても、私も毎日あたたかいご飯を食べ、高級とは言えなくても洋服くらいは買っています。お化粧もしています。お仕事もなんとかやっていってます。当たり前ではなく、これこそが感謝しなければならない奇跡なのだと感じます。

「世見」の照さんもおっしゃっています。2009年、最悪の年。

私自身は2010年までだと思っていますが、それは「辛抱」のマックスだということです。


ところで、スオウって何でしょう? 周防? 蘇芳? ス王だったりして(笑)

追記

蘇芳  キーワードはインドかも知れない。血の色だと瞬時に感じたら、「今昔物語では凝固しかけた血液の表現にも使われている。」と記載されていました。絶句。

  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)