夢のご報告(ま、気にせずに)

  • 2008/08/18(月) 23:08:33


**********************************************************************

2008/8/17

※聞こえた声 「ゲインズブール(女性だと思った)」「ポツダム宣言!」

※台風?巨大台風が来る?自分のマンション(?)の一室に女性達をかくまう。私は出掛けるようだ。どこへ?

ビルよりも大きな美しい女神様のような方が強風の中立っている。強風のせいなのか、天使の羽根がもげてしまい、その羽根が飛ばされた。私は強風の中、その女神様の足元へ行こうと必死で動いている。

**********************************************************************

シャルロット・ゲインズブールはジェーン・バーキンの娘でフランス人
wikiで検索しても彼女かファイナルファンタジーⅦのエアリス・ゲインズブールしかヒットしない。エアリスは古代種らしいが・・・?????????

??? ???????????? ファイナルファンタジーⅦなんかしてないよ!?

ポツダム宣言・・・

?????  相変わらず意味不明な言葉の端々・・・だから何です?

でも、あの女神様、知ってる。前に見ている方です。・・・

**********************************************************************

2008/8/18

※ブラジル?の肉感的な女性と一緒にいる。私の方が幾分か背が高い。彼女を横にして寝そべっていたら、突然私の胸が取れ、男の胸のようになってしまった。慌てて「嘘!うっそ~~!?」と胸をまさぐるが、やっぱり男のように胸が真っ平ら。ガーン!そうか、私は「男」だったのか!と、気付いた。

※地元の新大橋の上で中学生男子が事故。ピクリとも動かない。車はどんどん無視して通り過ぎる。救急車を、誰か、早く!と叫んだ。多分、すでに死亡している・・・何故か邪魔が入って彼の側に近寄れなかった・・・辛かった・・・

※私の服に虫食いの小さな穴がふたつ。少年がそれを見て私を「貧乏人!」と嘲るが「表向きだけでは人間は判断できないものよ」と少年を叱る。「ちなみに、ここのタンスは全部私の持ち物。中を見てごらん」(片手をサッと広げるとザザーッとタンスが目の前に数十個?出現。いくつもいくつも広がる)それらを見せると、少年は沈黙した。
私は真っ赤な分厚い高級なコートをたくさんのタンスの中から1枚取り出し、羽織る。「ほらね、衣服を替えると誰だって見違えるでしょ?そんなものなんですよ、表向きなんてね。見たモノだけを信じ込まないほうがいいですよ。」と少年にたたみかける。

**********************************************************************

何だかよくわからない。

まあね、器量よし、お金持ち、明晰な頭脳の持ち主ではないことだけは自覚していますけども、それらを乗り越えて行けと自分に言い聞かせているみたいな感じがすりゅ。

それにしても、また「」が出てきましたね。

さて、今日もお仕事で疲れたから寝ますわね。今夜はどんな夢かな?

ある意味、楽しみでもありますのん。^^ ぶわははっは!!


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)