FC2ブログ

平和

  • 2008/08/16(土) 11:18:41


お盆の熱狂期間が終わり、今日は灯籠流し。
街の中心部を流れる川をゆっくりと火を灯した灯籠が数限りなく流れます。

昨日は終戦記念日。原爆は8月の6日、9日と広島・長崎に落とされ、この国に拭いきれない悲しみをいまも残し、その想いは色褪せることはありません。
広島の友人に案内され、原爆投下の爆心地を見ました。原爆ドームも見ました。

この原爆投下があったから戦争は終結したのだ、と言う御仁もいらっしゃいます。いやいや、そんなものではないのです。当事者にとってみれば、かけがえのない家族を失った悲しみ、苦しみ、悔しさは「終戦」という言葉では癒されないはずです。一人の人間として歴史の中で抱えきれない重荷を背負ってしまったのです。ロシア・グルジア紛争でもそうです。

鎮魂。この日本のために命を捨てて戦って下さった兵士達に感謝したいと思います。


かく戦えり?近代日本史?/戦士よ、起ち上がれ!



そして現代日本は帝国陸海空軍の呼称を「日本国自衛隊」と名を変えています。

どうですか?空から見えますか?どんな想いで見つめているのだろう。

自衛隊


しかし有事が起これば、我々日本人は彼等に頼るしかありません。

米国から武器を調達し、仲良しこよし。これにて日本占領完了。・・・


小さな銀河の小さな太陽系の小さな星の小さな国。小さな小さな国が争うのですね。愚かだと思います。

これを見たら、人間の小ささに愕然とします。

宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)