当たらぬも八卦

  • 2008/08/07(木) 15:19:52


無事に盂蘭盆の棚経も済み、ホッとしました。早起きしたので眠いです。


さて、お話は変わりますが、「8」と「9」で引っ掛かっていた魔方陣なわけですが、「8」にはもうひとつ重要なものが隠れていましたね。

八卦。

見過ごすところでした。八卦の「8」を見てみますと、 「坤」

陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となす。

陰と陽と表現しましても、色々な意味もあるでしょうが(そこんとこはよく知らない)これからは陰の時代が色濃くなってくるということでしょうか?


思い出しました。2008/2/3「北から来るぞ?」で書いたフラッシュ現象の文字。

「丁 坤」「無利尻神」 (2006/7/29)2006年夢日記より

tei_kon.jpg


そして同年の8/21に見た大極図 (2006/8/21)2006年夢日記より

inyou.jpg


深い意味は読み取れませんが、激動の時代に突入しているのは間違いなく、これから激化するのかも知れません。あの現象を見てからすでに2年が経過しています。以前、私の夢見のスパンは1年~1年半だと感じると申し上げたことがありましたが、確かに私の中ではとうに始まっていると感じていますし、しかし、一応暗い未来ばかりではなく素晴らしい未来もありますと書いておきましょうね。

そう言えば、この頃でした。

空にぽっかり浮かんだ雲の「剣」と激しく輝く「光」を肉眼で見せて頂いたのは。目が潰れるのではないかと思うくらい激しい真っ白の光。太陽の斜め横に出ていました。太陽が消えるのではないかと思うくらい激しい光だったですね。
私はこれを見なければいけないんだと、何故か阿呆のように光を凝視しましたっけ。お陰様で1日中目が使い物にならなくなりましたけれども・・・
ええ、勿論「剣」は感謝して心で受け取らせて頂きました。懐かしいですね。
おっとっと、お話がズレました・・・^^;


陰陽。 陰「精神世界」=鬼、魔王、悪魔  陽「精神世界」=仏、神、天使

ここしばらくを乗り越えると、巡りは変わるのでしょうか。だとしたら何が起きても腹を据えて落ち着いて見ているしかないと思うのです。

ここで、ハッ!として持った湯飲みをバッタと落とし、小膝叩いてニッコリ笑う。

「陰陽師」「陰陽師Ⅱ」を偶然にも(他にまったく見るモノがなかったから)三度も見てしまったのは、それらの印が含まれていたからだろうと勝手に推測。「これを見よ」ということだったのでしょうか?

だとしたら、日本神界。ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ ウレシイナー



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)