もみじ

  • 2008/06/28(土) 11:34:15


心の中の手鏡。時々覗いてみるといいかもね。

ほっと柔和なお顔、イライラと突っ慳貪なお顔、寂しいお顔、幸福感に浸るお顔、何かを発見した驚きのお顔、負けたと思い悔しがるお顔・・・

だって「人間」だもの(笑)


前にも書いたことがると思いますが、宇宙の摂理、天の采配、森羅万象、「真」とはとてもシンプルなものだと思っているのです。簡単に言えばどんな小さな子供にお話しても理解できるのが「真理」だと思うのですが、とかくこの世は難しい言葉を並べ立てて評論する方々もたくさんいらっしゃいますね。

この字、何て書いてあるの?
どういう意味?
何だか漢字(英語)ばかりだな~

阿呆な私には理解不能。もっと易しい優しい言葉で語って欲しいな。


「うらをみせ おもてをみせて 散るもみじ」
おもてとうらがるんだよ ほら、もみじのはっぱにもあるでしょう?
おもてとうらがあって 一枚のはっぱなんだね

同行二人 あなたはひとりではないよ 見守って下さる方がいるんだよ みんなそうなんだ



簡単だよね。ほら、これなら子供だって理解できると思うの。

そして何かを乗り越えた求道者(あえて求道者と呼ばせて頂きます)は、地道にコツコツと歩いて欲しいと思うのん。
真の求道者は仲間や名誉を求めたりしないと思うのん。

お釈迦様も空海様もコツコツと歩いておられました。擦り切れた草鞋や衣服などものともせず。地味に地道に歩いておられたと思います。これが本当の真理を求める者の姿なのかも知れません。

今の人類は違いますね。お金を持ってる、権力がある、顔が綺麗、優しい、カリスマようなパワーがある、云々を崇めがちです。この中で曲者が「優しい人」ですね。

優しい人はたくさんいる。
でも、「本当に」優しい人はまずめったにいない。
いい人はたくさんいる。
でも、「本当に」いい人はまずめったにいない。

もみじのはっぱなんですよ。似たり寄ったりのもみじのはっぱばかりだと思うのです。

私も含めて(笑)



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)