指し示される言葉は

  • 2008/06/27(金) 23:57:51


今日 2008/6/26

朝早くに一旦目覚め、しばらくしてまた眠りに入ったのですが・・・

半覚醒状態で真っ白の丸い紙に何か文字が書いてあるのが見えました。

何でしょう? 漢字ばかり? 神名? そして行き先?

その画像を見て目を開けたのですが、目を開けるととたんに書いていた文字は忘却の彼方・・・

「あれ?何だっけ?」 ま、こんなこともあるのですね。

多分、頭の中では納得していたように思うし、これからの指針だったように思うので気にしないようにします。そこへいつかは行ける気がしたから。・・・・・


「今を精一杯生きるがいい。

 貴方が願う世界は、貴方と寄り添って存在している。

 貴方が感じる世界は貴方が行くべき世界。

 素直に生きるが良い。そのまま行きなさい。

 我々はいつもここにいる。

 いつまでも待っている。ずっと待っている。

 貴方が願う世界はいつもそこにある。

 忘れないで欲しい。貴方は貴方であることを。

 待っていますよ、かけがえのない子供達・・・」


こんな声が聞こえたような気がします。・・・



お陰様で今日はいつもと変わりなく一生懸命働き、食事の用意をし、お洗濯や片づけもし、ワンニャンの世話もし、息子と夫婦で仲良くご飯を食べ、ありきたりですが幸せでした。

この沸々と沸き起こる幸福感はどこから来るのでしょう。・・・・・感謝を。


今まで手助けしてくれた異次元のみんな、待っていて下さい。必ず帰るから。心配かけてごめんね。泣かせてごめんね。なでこなでこして下さって有難う。寄り添って下さって有難う。一緒に泣いて下さって有難う。みんな大好きです。^^



と、こんな気分でいるのです。

さあ、明日も元気にお仕事だ! 寝よう。・・・


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)