ヒビ割れるアメリカ

  • 2008/06/26(木) 11:16:19


ここ数日、雑夢を時たま見るくらいでぐっすり眠る夜が多いのですが、昨夜は何か暗示的な夢を久し振りに見ましたよ。

**********************************************************************

2008/6/26

※アメリカ中部(?)の広大な大地にひび割れ。勢いよくひび割れの筋が南から北へ向かって走っているのが上空から見える。
ポツンと工場が見え、その工場の屋根には大きなファンをいくつも取り付けてある。ファンを上から覗くと、熱しられた熱い空気を排出しているのがわかる。その工場の真下を通ってひび割れは北上する。
工場長らしき人に「ひび割れが迫って来ているから工場をストップさせて全員避難させたほうが良い」と伝えた。

このひび割れが走る様を何度も繰り返し見る。

地下が歪み、地下で仕事をする人々数人が落盤により死亡とのニュース(?)が耳に聞こえた。大きな数字ではない。10名以下の人数のようだ。

アメリカ中部だけではない、その他でも起こっているのだと感じた。

**********************************************************************

またしてもアメリカ。

今、大変な状態なのに追い打ちをかけるような暗示。何でしょう?

カラッとした夢だったのですが、砂漠のような乾燥した空気を感じ、悪夢のようなドロドロ感はなかったですね。

地下? 地下が異常事態になっているのでしょうか?

日本では、戦後復興と共に地下の整備が進み、今その地下のパイプラインに頼っていますね。あれから何十年経ったのでしょうか?

地下陥没。張り巡らされた地下の「穴」は、時間と共に劣化が進んでいるところ。これも心配ですね。



それはそうと、昨夜は映画「トキワ荘の青春」を見ていました。(その前は「サイレン」を晩ごあんが済んで途中から見ていました。実に気味悪い映画のようでしたね。)

tokiwa.jpg


昭和30年代初頭?この頃私はどこに居たのだろう?

あの世から日本を見ていたのかも知れないと、別な視点でこの映画を見ていました。考えてみると、巨匠達は私が生まれるずっと前から絵を描き続けていたんだな~と感慨深いものがありましたね。

あの時代はまだ豊かでしたね。心が。


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)