無限大ウロボロスと空海様

  • 2008/06/22(日) 03:56:58


無限大∞を図として見ると、四国八十八箇所巡り、四国の地形そのものに似ていますね。

順序通りに廻るのは順打ち、逆に廻るのは逆打ち(さかうち)
中心から左右どちらから描こうと、結局堂々巡りとなり、だから無限大。
無限大は左回転右回転から成る。そして「拡大」する。「集中」ではない・・・

拡大する世界というものは、まわりのモノをはねつける力があるね。
あるいは飲み込みながら成長する力。ビッグバン。宇宙。
また宇宙へと意識が飛びます。

自転 公転 銀河 渦巻き 太陽系 ・・・ 

ウロボロスは古代からありました。世界中にウロボロスの原型のようなモノがあったようです。
先に書いた数字の「8」は、空海様の時代には知っていたのか?という謎。
アラビア数字は現代の日本人の数学等の基本に組み込まれていますが、空海様が修行されていた時代には無かったはず。
偶然の産物とは言えない必然の不思議。

だから四国だったのかと思う。

意図していた、していなかった、どちらでも良いが、今も巡礼者が四国を巡っています。
無限大を描くように歩いていらっしゃる。・・・これがひとつの強い流れとなっていて、今では大きなパワーとなっている。そして無意識のうちに見る宇宙。

これは仏教、神道、キリスト教、イスラム、ヒンドゥ、、、宗教の壁を越えて行く力。

昔から葬り去られている四国。海に囲まれ、他者を寄せ付けない国。だからここに無限大の印を押されたのか・・・と思う。マクロ、ミクロ、宇宙の摂理、精神世界、無限ループ。

何も隠していないのだろうと思います。むしろ、見せつけているような気さえします。

ああ、そうか。だから夢の中の空海様は晴れ晴れとした笑顔だったのかと。・・・・・



と、こんな事を半覚醒状態でブツブツと考えていたのですよ。誰かとお話していたかも知れません。お陰で目が覚めてしまい、こんな時間に書き込んでいます。なかなか書き足らない(苦笑)

そして、何故か聞こえた「真ん中」を意図する声。深くて広い意味ですね。


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)