ウエハースを食べた夢

  • 2008/06/15(日) 11:17:01


夢の中で食べたことが1度もない私でしたが、5月21日の「霊界うどん?」で書いたうどんスープを一口すすったのが生まれて初めて「食べる」夢でした。

その後、またしても「食べる」夢を見ました。ここに書きませんでしたが。

**********************************************************************

208/6/7

※阿波踊りで踊るため、法被や帯、足袋などを準備して着ていた。その時、白い着物を着ていると思われる「男性の手」が視界に入った。手にはウエハースを1枚持っているのが見える。私に差し出し、「食べなさい」と言う。
私は感謝をし、有り難く頂いた。ウエハースだが、味は海草と黒胡麻の味で、とても軽い食べ物だった。パリパリと噛むと、口の中でスッと溶けて消える。健康的で栄養満点な感じだった。空気のようなウエハースだった。香りだけが鼻にツンとくる。非常に美味しかった。
あら?今のはどなた?とその男性を捜すと、すでに消えていた。

さあ、法被を着た。もうすぐ本番だ。

**********************************************************************

2008/6/15

※美しいガラス張りのレストランのような広々とした白い部屋。中には美しい緑がたくさんあり、小鳥のさえずりなんかも聞こえる。床も芝生になっている。とても気持ちが良い。
「この家は貴女の家です」と聞こえたような気がした。
真ん中に長方形の白いテーブルクロスをかけた大きなテーブルがあり、真っ白の食器や銀のスプーン、フォークなどが並んでいる。数人の男女が椅子に座って食事をしている。給仕をする男性や女性もいるようだ。
「coomiさん、貴女も食べない?」と女性が聞くが、欲しくないので断った。ローストビーフを口に運ぶ人が見えた。

あら?あの女性は先輩のN女史ではないか?・・・

私は窓側で画材を広げて、そのガラス張りの美しい部屋で絵を描いた。何枚も何枚も描き続けた。側に立ってみている男性が「これ、ここも描かなきゃ!」と言う。

(ビジョンへ移行)

真っ白の深い雪を踏む靴。

ビジョンを絵にした。

画材とキャンパスを持って外に出る。外は美しい森。その先には海岸がある。そこで絵を描こうと歩いていった。

**********************************************************************


ローストビーフは食べなかった。食べたのはウエハース。

マナの壺を思い出した。


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)