阿蘇は大切な神々の山

  • 2008/06/03(火) 11:35:28


二つの夢

H20/6/3

**********************************************************************

※突然「阿蘇へ行け」と声がした。いつもの男性の声だ。そこへ行って「」を取ってくるようにとのご指示らしい。すぐさま岩だらけ、地肌剥き出しのポッカリ穴の開いた山へ降り立つ。阿蘇だ。いつもの真っ白の袴姿だった。
また声がする。「貴女が土を取るとき、火を噴くかも知れないから注意を」とのこと。スコップをふたつ手に持って火口中心付近へスーッと降りる。火口中心を避けながらソッと土をすくう。すると、中心部がメラメラと赤くなり、震動し、小さな火の柱を立てる。ちょっと怖い。今噴火したらどうしようと思った。
そこを掘れ」との声。静かに掘る。その度に震動し、真っ赤になる火口中心部。確かに私に反応している。怖いながらもなんとかスコップ二杯分の土を取った。
二人の男性が側に立って私を見ている。ニコニコ笑っている。私は彼等を見上げて聞いた。
「この土をどこへ持っていけばいいの?」
二人の男性のうち、よく見ると一人は主人だったようだ。

**********************************************************************

※集金に行かなければならないと思っている。沢山の集金場所を書いた紙を束ねながら、一番遠いところへ行くのが厄介で仕方がない。しかし行かなければならない。これが仕事だと思っている。

(ビジョンへ移行・・・)

地図が見える。青森より下、日本海側。新潟ではない、秋田県山形県ここに行かなければならない一件がある。
仲間が自分も遠いところの集金があると不平を言っている声を聞いている。

(ビジョンへ移行・・・)

多分名古屋近辺。

**********************************************************************


阿蘇を探しました。富士山型の上部にぽっかり窪みがある山。湯だまりが無かったので、その近辺の休火山、あるいは死火山だと思った。探してみればそっくりの山がありましたよ。

 阿蘇 「米塚」 

おそらく時代が違う。現代は緑豊かな大自然になっていますが、太古は荒々しい山肌の活火山だったはず。

「昔、阿蘇の神々様が米を積み上げ作った山」が米塚。・・・・・・・・・民が食糧不足で困っているときに、建磐龍命様がこの山の米を切り分け、与えていたそうです。

第二の夢。

秋田県、山形県と言えば米所。美味しいお米が有名ですね。 「庄内米」「秋田こまち」

米。とても私らしい夢だと思いました。
天照大神様はことのほか保食神様豊受大神大気都比売神)を大切にされていたとか。こんなところでも繋がってしまいましたね。まさか阿蘇まで飛んでいくとは思いもしませんでしたけど^^;

米。これからの大切なキーワードでしょう。

そういえば、本日「世界食料サミット」開催ではなかったでしょうか?

「3日開幕の食糧サミット、国連事務総長「世界は憂慮すべき岐路にある」と警告」

だから土を取ってこいと仰られたのかな?


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)