地図で見る その2

  • 2008/05/20(火) 13:59:13


さて、「地図で見る」で書いた内容を振り返ってみて、前から気になっていた地図で見た世界とニッポンですが、世界の雛型と言われる日本は日本地図のどこにあるか?

龍体列島日本(竹内文書)

これを参考に意地になって探してみました。(笑)

宮城県 金華山


牡鹿半島が朝鮮半島なら、その側に我が日本がなくてはならないのが道理で、探せばありましたよ。金華山。なんと有り難そうな島でしょう。いかにもお金持ちそうな御名前ではありませんか。神域「黄金山神社」があり、御祭神は金山毘古神 金山毘賣神 天神八百萬神 地神八百萬神。奥の院の「大海祇神社」の御祭神は大綿津見神、市杵島姫神(辯財天)ほか二柱。海の神。(「玄松子の記憶」より抜粋)

海に浮かぶ山の島。三年参ればお金が貯まる有り難い島。まるで日本ではありませんか?先進国、金持ち日本。らしいですよね。
ついでに、徳島と宮城県仙台市は姉妹都市だったことを思い出しました。毎年阿波踊り期間になると仙台から竹飾り七つ飾りが贈られ、市内のあちこちに飾られます。綺麗ですよ~

サラスバティ(弁財天)=市杵島姫 宗像三貴人ですよ。

そしてこの島にいるシカは神の使いと言われていますね。鹿と言えば「南極老人(カノープス)」が鹿を連れているのですが、この方は「寿老人」と呼ばれていますね。「福禄寿」と同一と見なされているらしいですが。
初期の頃、私の夢の中でにこにこ笑いながら何度も後を付けてきたおじいちゃん神様は、「南極老人」だと思っています。やっと探し出してピン!ときた最初のインスピレーションの方でしたから。そして中国での南極老人の図は、双龍に乗っているんですよ。その絵を見てびっくりしたんです。それに関する夢も書いておきますね。この時はまだ夢日記をつけていない初期の頃でしたので、数年前としか申し上げられませんが・・・

**********************************************************************

H17年。何度か後をつけられて、やっとお話して下さった時の夢。

おじいちゃん神様「ソウリュー!ソウリュー!」(私に初めて声をかける。)

「・・・・は?ソウリューって何?」

おじいちゃん神様「ソウリュー・・・・・を知らぬか?^^;」

杖を使って空に雲で字を書いて見せて下さったのが「双龍」という漢字。
私はこの時、初めて双龍という龍がいるのだと知ったのです。

「いえ、知りません。双子の龍がいるんですねー(@_@)」

おじいちゃん神様「双龍を探してるんじゃが・・・」

真っ白の着物を着て、険しい山中で二人でお話していました。白髪頭、真っ白の中国風の着物、杖。

**********************************************************************


そしてH18/10/12 険しい山の山頂で双龍を見つけました。2体の白龍でした。


**********************************************************************
投稿日2006/10/12(Thu) 09:14

神様、皆様、有難うございます。双龍が見つかりました。

大きな大きな山より大きな2体の白い龍が私の夢の中に現れました。しゅるしゅると小さくなって私のまわりをまわり、頬ずりしてくれました。グルグルと喉を鳴らして優しく頬ずりしてくれました。
有難う!嬉しくて涙が出ました。やっとその意味がわかりました。タンポポの綿毛が吹雪のようにぶわーっと飛んでいる中、龍の頭を撫で、抱きしめていました。

神様、有難うございました!  皆様にはまずはご報告まで。

**********************************************************************

あら?お話が逸れてしまいましたね。何を書こうとしてたんでしょう?

そうそう、では、富士山がヒマラヤなら東京あたりは世界地図で言えばどこか?

チベット、ネパール、ブータン、バングラデシュ・・・この辺り?

チベットですよ。ネパールですよ。何か感じませんか?

しかし、これは単なる私の地図遊びですから、真面目に考えないで下さいね!(爆)

  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)