赤から青へ

  • 2008/04/15(火) 11:10:58


4月14日 夢

※誰かがタンスの引き出しをまさぐって何かを必死で探している。数人の男性が心配しつつ、その様子を見守っている。赤と白の「何か」を見つけた。
「あった!ありました!」
「それは急いで返さなければならない。大変だ。相手は巨大すぎる。貴女一人では戦えない相手だ。さあ、どうしたもんか・・・」
何かの詐欺にはまってしまっていると感じた。誰なのか不明。


まずいと思ったら、至急手放して下さい。何かとんでもない仕掛けがしてあります。


4月15日 ビジョン

※阿波徳島。私の住む街を上空から眺めている。市内中心部辺りから紀伊水道湾岸にかけて真っ青に染まっている。水?水ではない。美しい青。・・・・


先日見た夢で頂いた壺は金銀細工の美しい青の壺だった。

青。

青の意味するところは、何? 赤と対極に存在するモノ。
一昔前は「赤い戦車」「赤い戦闘機」「赤い武器」などをひとしきり見ていました。
一昨年、霊界パーティに招待されて見ていた子供達が広げた日本の国旗。日の丸の丸い赤が美しい青に変わったのをしっかり記憶として刻んでいます。
あの時はまだ薄い青色だったはず。しかし今は深い青になった。

国の意識。意識が変わる。「青」

それは国家の上層部の意識ではないでしょう。下々の平民、虐げられた人々が変わります。そう、変わらなければならない時なのでしょう。
いまだ「赤」にしがみついている人々は、置いてけぼりになります。

そんな予感がします。



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)