FC2ブログ

浄化

  • 2008/04/02(水) 09:07:23


え~と、何からお話しましょうか?

**********************************************************************

3月16日 (体感)

※目覚めの前、何かくるくる光の物体が目の前をうろついている。真っ白の可愛い光。目を開けると、まだ光がくるくる乱舞している。私の目の前で踊っている。突入前に様子見をしてウロウロしている感じ。

**********************************************************************

3月18日~20日頃 (体感)

※仕事中。レジのお客様が途切れた瞬間、頭頂から何かがストンと入ってきた。確かに温かな優しい何かが塊で体内に入ったと感じた。以来、心がほかほかして何とも言えない強さ、優しさ、開放感、あたたかな愛を感じる。この瞬間から急激に切り替わった感じ。すべてが。・・・19日だったかも知れない。主人が出雲大社へ行った日だろうか。

**********************************************************************

そして、主人から青瑪瑙の勾玉などを20日にプレゼントして頂きました。

その日から2日間、合計7人の思念を拾い、必死で助けていたようです。

裸足で逃げ惑っていたあの子は無事にあの橋を渡ったでしょうか?天から橋渡しして頂いた文字通りの橋ですよ。そう、白銀の橋です。そこじゃない!今上から降りてきたその橋だ!と叫んだけれど・・・私の声は届きましたか?貴女にしがみついていた「何か」はもう離れましたよ。その「何か」は、あの橋を渡ることが出来ませんから、安心して下さいね。貴女が渡ろうとしている間、私に「何か」が全部しがみついていましたから、身軽になれたはずです。私は重かったけれど(笑)

おばあちゃん、お年寄りの身体があんなに重くて意志通りに動かないのを初めて経験しましたよ。貴女の身体の中に入り込んで、滑り落ちないように掴まるため手を挙げようとしたけれど・・・身体が重くて手が言うことを聞きませんでした。仕方がないので身体から抜け出して、貴女の落下地点を確認しました。そこへ誰か布団をたくさん積んで!とお願いしましたが、・・・助けられなくてごめんなさい。誰か布団を積んで下さったでしょうか?

家族を支えて必死で頑張っていたお母さん、「超法規的手段」とは目覚めたら何のことなのか覚えていませんでしたが、私の仲間からの説明は納得されましたか?いよいよの時です。覚悟を決めて歩んで下さいね。きっと大丈夫です。最後に流した貴女の涙は、「家族への愛」があふれた涙でしたから。



・・・・・・・・・・・・・石は人々の思念を拾い、吸収する力があるのでしょうね。手に取った方々、思念の強烈な方々の心の中を瑪瑙を通して見せて頂いた感じですね。くるくると代わりばんこに夢の中に割り込んで来ましたよ。

その後彼女等が助かったかどうかはわかりませんが、私は青瑪瑙を水で浄め、太陽の光を当てました。浄化したんです。
ええ、その日から悲しみ・苦悩・焦燥感を持った霊は誰も来ませんね。


すべての方々に永遠に輝く光となって欲しいと願っています。

あれ以来、幸福感、爽快感、宙に浮く感じはずっと続いています。

すべてに神の光あれ。


  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)