本日の超常現象(!?)

  • 2008/02/26(火) 08:06:44


2月26日 午前4時少しまわった時間。

どこかの料理店で働いている夢を見ていました。皆がお酒を飲むだけで、料理を誰も注文しようとしない。料理が出来ない状態?材料が無い?何故?不思議に思っている。・・・・・雑夢?

と、突然ここで目覚めました!

左耳を枕に押し当て横向きに寝ていたようですが、しばらくそのまま目を開けてもう一度寝ようか起きようかと考えていると、枕の下からボソボソと声が聞こえます。
いつも2階で寝ているのですが、どうやら声の発生元は1階の真下の部屋からのようです。家の外で誰かがお話しているというものでもないのはわかっていました。聞こえてくる声の位置が違います。耳をそばだてて聞いていると

「んー、うん、うん、ボソボソ・・・うん、ボソボソ・・・」こんな感じ。不快感はありません。恐怖感もまったくありません。普通の人間の話し声です。確かに聞こえて来ます。

はて?主人がいるのだろうか?一方的なこの会話はおそらく携帯電話だと察し、こんな時間に何をしているのだろう?と疑問。会社からの電話かな?確かに主人のいつもの声に似ています。主人が普通に携帯でお話している感じ。

私はゆっくり起き出して、2階の階段の小さな踊り場に立ちました。
あれ?真っ暗?1階が真っ暗・・・・・怖くはないですが、何か奇妙だったので用心しながら階段を下りていきました。

やっぱり誰も居ない。真っ暗です。電気が点いているのは外の玄関灯くらい。主人は早朝出勤で、すでに出勤した後でした。時計を見ると午前4時過ぎ・・・・・??

前にもこんなことがあったのを思い出しました。確か、お仕事から帰って晩ごあんの用意をしているとき、玄関が開く音とともに「ただいまー」と主人の元気な声がしたので、手を拭き拭き廊下へ出て廊下の電気を点けて「お帰りー」と言おうと思ったら・・・誰も居なくて・・・・・??
首をひねりながらキッチンに戻ったのですが、その後1時間くらいして主人が帰って来たのでした。そう、まったく先程の幻聴とそっくりの声で。


思い出してみれば、こんな時間軸が狂ったような現象もありましたね。霊的世界に足を踏み入れてしまった初期の頃(と言うか、無理矢理放り込まれたみたいですが)壁の歪みや空間の歪み、果ては時間軸の狂いを体験したことがあったのです。幸いにも異空間に放り込まれたり、引き摺り込まれたということは無く、今確かにここに私はいるのですが・・・

2月26日午前4時10分。
再び何か始まったのかな?・・・・・


**********************************************************************

ゆんべの晩ごあん

粗挽きソーセージの黒コショー炒め 野菜のカレー風味炒め じゃがいもコロッケ じゃがいもととろろのお味噌汁 ごあん 抹茶入り玄米茶 (冷蔵庫の残り野菜の処分が少しできましたよ!^^)

ゆんべは簡単料理で簡単ごあんでした!楽だったわ~♪^^

**********************************************************************

追記

主人が帰宅して、再びこの現象を報告すると「お前は幻聴を聞いてしまうクセがあるからなー」と。もう慣れっこになっているようです。
「でもさー、ちょびっと気色悪いと思わん?誰も居ないのに声がハッキリ聞こえるんだよ。寝ぼけてるワケでもないのにさー」と言うと
「寝ぼけてなくてもボケてたりして・・・ぎゃはは!(≧∀≦)」だってさ。ぷんぷん!(`´)



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)