地下、水、異常な状態

  • 2008/02/19(火) 14:48:44


地下、水、異常な状態

ここんところ、どうも鳥肌が立つような夢を連続して見ていました。2月14日から2月19日にかけて、飛び飛びに雑夢に紛れ込んでいた不思議な暗号のような夢。

※顔に水疱瘡のような小さな水泡がいくつか出来ていて、針でつついて水を出すと大きな穴が皮膚に開いていた。穴と穴は下部で繋がっていて、不思議に思って覗き込むと、そこには恐ろしいほどの水、水、水・・・皮膚の下に水が充満していてゴボゴボ音を立てている。皮膚と皮膚の間に深い水の層があるのでした。久し振りに気味が悪くて鳥肌が立った夢でした。

※次は、昔懐かしい実家に住んでいて、何故か庭の木の下を掘っている。地下には巨大な卵(約20㎝くらいの大きさ)がいっぱい!うじゃうじゃと埋まっています。これは良くない卵だと思い、スコップで叩きつぶそうとしたところ、家の床下に巨大な穴発見。もしやと思い覗き込むと、同じ巨大な卵から生まれた恐竜のような爬虫類のような赤ちゃんがいっぱい・・・!うじゃうじゃと窖の中で成長を遂げている。もう少し成長したら、人間を襲うのだと感じ、危機感を持ちました。何とかこれらを退治する方法はないかと思案していると・・・
いつもの声がしました。
「もう無理なんだよ、ここまで育ってしまうと」
「卵のうちならなんとかなったんだが・・・」

※空を飛んでいつものように海岸沿いの風景を眺めていると、海辺の家々が水に浸かっていく・・・津波ではない。海水は足元を早いスピードで流れ、深さを増していく。手遅れだと思った。誰か逃げ遅れた人はいないか探そうと思ったら・・・
また声がしました。
「放っておきなさい。無理ですから」


自分なりの夢解釈。

顔は国の顔を表している。東京や京都など、世界的に有名な地区であろうと思う。その地下には得体の知れない水が充満しつつある。ここを強震が襲うと脆く崩れ去るのかも知れないという警告?

恐竜の卵は、エネルギー。地震のエネルギーかも知れない。押さえに押さえ込まれたエネルギーは、そこでぐんと大きくなり、そのうち手に負えない大きさとなり、エネルギーの爆発が起こるのかも知れない。こんな卵が全国各地にあるのだろう。今まさに活発に動こうとしている断層があるのかも。実家の庭は日本国土。実家の建物は日本国の母体。これからぐらつく。気付いた時は手遅れ状態?

温暖化がこれから激しくなるのでしょう。海岸沿いの街、湾岸、埋め立て地などは沈んでいく。もう歯止めがきかない状態だから、放っておけと?


まあ、どうしましょう?こんなん出ました~(;;)厳しい解釈ですかね~?


**********************************************************************

おとといの晩ごあん

ペンネと野菜のミートソース 茎ブロッコリーのバター炒め ごあん 緑茶 春キャベツの浅漬け

ゆんべの晩ごあん

ステーキハムとパイナップル缶の炒めたん 野菜のクリーム煮 ペンネのカレー粉炒め
かにかまと胡瓜のサラダ 春キャベツの浅漬け ごあん 緑茶

**********************************************************************

※古くなった保存食の始末ですわ(^_^)



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)