FC2ブログ

フラッシュとビジョンについて

  • 2008/01/13(日) 11:28:12


「フラッシュ現象」というのは、私の表現方法ですが、パシパシ!と目の前に現実空間とは違う何かの映像が、カメラのフラッシュをたいた時のように出現します。これでお分かりになると思いますが、いかがですか?
パシパシパシ!最初は自分が何を見ているのか不明で、1画面が現れて消えるまで、1秒もかからないほど早いので、全ての画像を拾えないのです。その意味不明な画像が数度繰り返され、読み取れないほど早いので、その情報を拾えるのは数で言えば1~2枚。5枚のうちの2枚の画像、3枚のうちの1画像などなど、今にして思えば当時はかなりな数の画像を拾えずに無駄にしてしまったと悔やみます。

当時、色々な神々様(外神)とコンタクトしていたようですが、フラッシュが早すぎて読み取れないので、もう少しゆっくり見せて下さいませんか?とお願いしてみました。すると、しばらくして時間的に3秒くらいに長く出現するようになりました。その画像は、あまり良いものは無かったのですが、臆さずに某掲示板で公表するようになりました。自分一人ではフラッシュの内容を理解できなかったからです。誰か読み解いて欲しいと、投げかけたのです。

フラッシュ現象も幾たびも経験しますと、出現する時間がさらに長くなりました。これが「ビジョン」です。驚いたことに、この時にはすでに自分自身で画像を操作することが出来るようになっていました。画像に手を突っ込んで、右へ左へ、上へ下へと動かすことが出来るのです。「そこで止めて下さい!」と言えば止まります。それどころか、ビジョンの中に入っていくことも出来るようになりました。

昨年の12月23日の「夢の検証 その3」で絵にしてあるビジョン。
実はこれ、ビジョンを見始めてからすぐ中に私自身が入って見ているのです。

sun.jpg


民家の屋根が邪魔で見えなかったので、中に入って屋根の向こうに歩いて行き、隠れて見えなかった空を確認して発見したのが「もうひとつの太陽」でした。

このように、今では自在に同化することが出来るようになりました。

おそらく、今フラッシュ現象やビジョンをご覧になっていらっしゃる方々もそうではないか?と思うのですが・・・いかがですか?



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)