FC2ブログ

島々に赤丸を

  • 2017/10/11(水) 00:05:33


皆様こんにちは。

「国々の繋がり・裏側 2017/10/07(土) 08:41:05」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-1572.html

で書いた「(思いがけない)(小さな)国と国が繋がっているときがあります」「(我々は)(線の行方を) 知らなければなりません」



皆様にヒントを頂き(有難うございます!)どこが問題がある小国かな?と調べました。
「旧社会主義」「旧植民地」「タックスヘイブン」「資金の流れ」「大国」「小国」「パレルモ条約未締結国」「北朝鮮と付き合いのある国」「中国が侵入している国」・・・



タックスヘイブン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%83%B3

資金洗浄とタックス・ヘイブン
さらに、一部のタックス・ヘイヴンには、本国からの取締りが困難だという点に目を付けた悪質な利用の対象となる場合がある。例として麻薬や武器取引などの犯罪・テロリズム行為のための資金を隠匿する場所として、暴力団やマフィアの資金や第三国からの資金が大量に流入しているといわれている(マネーロンダリング)。2007年世界金融危機では、金融取引実態が把握しにくいことが災いし損失額が不明瞭化、状況の悪化を助長したとして批判されている。“


パナマ文書でタックス・ヘイブンという言葉が一躍有名になりました。



国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%9A%84%E3%81%AA%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E3%81%AE%E9%98%B2%E6%AD%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E6%9D%A1%E7%B4%84

組織的な犯罪集団への参加・共謀や犯罪収益の洗浄(マネー・ローンダリング)・司法妨害・腐敗(公務員による汚職)等の処罰、およびそれらへの対処措置などについて定める国際条約である。略称は国際組織犯罪防止条約。TOC条約、パレルモ条約とも。
本体条約のほか、「人身取引」に関する議定書、「密入国」に関する議定書 、「銃器」に関する議定書の、三議定書がある(正式名称は下記。)。2000年11月15日、国際連合総会において採択された。2017年8月現在、署名国は147、締約国は188。“






まず北朝鮮と国交のある国々の地図
Foreign_relations_of_North_Korea.png




朝鮮民主主義人民共和国の国際関係
Diplomatic_missions_of_DPR_Korea.png




G77加盟国の地図
863px-G_77svg.png




小島嶼国連合加盟国の地図
570px-AOSIS_members.png




国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約を締結していない国(赤)
502px-UN_Convention_against_Transnational_Organized_Crimesvg.png




国際連合における組織犯罪防止条約を締結していない国(日本は消えました)
o1095083413815659338.jpg




国連加盟国
UN_Member_Countries_Worldsvg.png




そして中国と国交のある国々の地図
863px-China_Diplomatic_Relationssvg.png




これらの地図を見比べておりました。

何やら気になる島国が・・・ソロモン諸島小アンティル諸島


ソロモン諸島
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%B3%E8%AB%B8%E5%B3%B6

“オーストラリアの北東、パプアニューギニアの東に位置する。北にはナウル、東にはツバル、南東にはフィジー、南にはバヌアツがある。イギリス連邦の一員にして英連邦王国の一国。首都であるホニアラは、ガダルカナル島に位置している。”




小アンティル諸島
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%AB%E8%AB%B8%E5%B3%B6

“小アンティル諸島は、8つの小規模な独立国(主権国家)と、ヨーロッパ諸国の海外領土(自治領など)で構成されている。”

“欧米諸国のうち、イギリス、フランス、オランダ王国、アメリカ合衆国がその主権下の海外領土(旧植民地)を持っており、自治領・海外県などとして位置付けられている。”


Petites-untilles.jpg



小アンティル諸島における独立国
セントクリストファー・ネイビス、アンティグア・バーブーダ、ドミニカ国、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、グレナダ、バルバドス、トリニダード・トバゴ、リーワード・アンティル諸島。・・・




弱小国家ゆえに経済的に軍事的に困難がつきまとうのかも知れませんね。そしてその困難に付け入る国があるのだろうと思います。得てしてそういった国々は弱った国々の頬を札束で打ち、言う事を聞かせようとします。中国なんかお手のものですね。



アンティグア・バーブーダが気になります。


アンティグア・バーブーダ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%80
“アンティグア・バーブーダはイギリス連邦に属し、国家元首たるアンティグア・バーブーダ国王はイギリス国王である。国王の代理として総督が置かれている。行政権を執行しているのは首相であり、政府の代表でもある。”


ここも北朝鮮と国交があるのですが・・・



ハリケーン「イルマ」被害 バーブーダ島「ほぼ居住不可能」と首相 2017年09月7日
http://www.bbc.com/japanese/video-41183259
(「BBC NEWS JAPAN」さんより http://www.bbc.com/japanese )


いくら大国(先進国)の管理下(統治)であろうが、小さな島にまで管理が届かないかも知れません。北朝鮮や中国と水面下で繋がっていたら、あの島ならいいですよと目をつぶっているいるのかも知れませんね?(妄想)

弱ったところに艦船が到着。そして侵略・・・大国は島のひとつやふたつくらいどうでもいいやと放り出したまま、中国や北朝鮮が実質支配(妄想)



他にもこんなニュースがありましたね。

スクープ! 北朝鮮工作員がセーシェル旅券悪用!2012年08月20日11:00 by 加藤健
http://kenkato.blog.jp/archives/1867294.html

「加藤健の「天を回せ! ロビー活動で挑む」 一般国民が国際政治を動かすための具体的方法論」さんより http://kenkato.blog.jp/ )

“このたび独自の調査で、北朝鮮工作員がインド洋のセーシェル共和国や太平洋のキリバス共和国のパスポートを使って暗躍していることが分かりました。
地上の楽園イメージの両国と、人道犯罪を行う毒々しい犯罪国家・北朝鮮。実に対照的な組み合わせですが、レッキとした事実です。いま手元に多数の証拠書類があります。“





取り合えず地図に「ここら辺かな?」と思ったところに赤丸を。・・・

Lesser Antilles
(もしかしてベネズエラも?)






  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する