FC2ブログ

お日様に挑んだハチのムサシは死んだのさ

  • 2017/09/20(水) 11:18:01


皆様こんにちは。








------------------------------------------

作詞 内田良平
作曲 平田隆夫
唄 平田隆夫とセルスターズ

ハチのムサシは死んだのさ
畑の日だまり 土の上
遠い山奥 麦の穂が
キラキラ揺れてる 午後でした
ハチのムサシは向こう見ず
真っ赤に燃えてるお日様に
試合を挑んで負けたのさ
焼かれて落ちて死んだのさ

ハチのムサシは死んだのさ
お日様仰いで死んだのさ
高い青空 麦畑
いつもと変わらぬ午後でした


ハチのムサシは死んだのさ
夢を見ながら死んだのさ
遠い昔の 恋の夢
ひとりぼっちで死んだのさ
ハチのムサシは向こう見ず
お日様めがけて剣を抜き
たたかいやぶれて死んだのさ
焼かれて落ちて死んだのさ

ハチのムサシは死んだのさ
たしかにムサシは死んだのさ
やがて日は落ち 夕暮れに
真っ赤な夕陽が燃えていた


------------------------------------------


談山神社 http://www.tanzan.or.jp/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%87%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE

TanzanJinja.jpg

御祭神 藤原鎌足公
舒明・皇極二代の天皇の世、蘇我蝦夷と入鹿親子の勢力は極まって、国の政治をほしいままにしていました。 この時、中臣鎌子(後の藤原鎌足公)は強い志を抱いて、国家の正しいあり方を考えていました。
たまたま飛鳥の法興寺(今の飛鳥寺)で蹴鞠会(けまりえ)があったとき、 聡明な皇太子として知られていた中大兄皇子(後の天智天皇)にまみえることができ、 西暦645年の5月、二人は多武峰(とうのみね)の山中に登って、「大化改新」の談合を行いました。 後にこの山を「談い山」「談所ヶ森」と呼び、談山神社の社号の起こりとなりました。
ここに鎌足公は真の日本国を発想し、日本国が世界に誇る国家となるため、一生涯を国政に尽くしました。 天智天皇8年(669)10月、鎌足公の病が重いことを知った天智天皇は、みずから病床を見舞い、 大織冠(たいしょくかん)を授けて内大臣に任じ、藤原の姓を賜りました。 藤原の姓はここに始まります。“
(談山神社HPより)

soganoiruka_ansatu.jpg




蘇我蝦夷と入鹿親子 
中大兄皇子(後の天智天皇) 中臣鎌子(後の藤原鎌足公)
大海人(後の天武天皇)

「大化改新」の談合

tenchitennou.jpg

hujiwaranokamatari.jpg






ハチのムサシの歌と談山神社の由来、登場人物を見てすぐにわかりますよね?
日本人であれば。

日本の行方はこの夢見に見ることが出来ました。



あとわからないのは赤い点だけですが・・・地震とかではないような・・・

また調べてみますね。(o^―^o)


何かわかればまたご報告いたしますm(__)m








  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんにちは。毎度お世話になりますm(__)m

そんなことがあったのですか・・・ちょいと調べてみますかね?
赤い点というのが「ハチのムサシ」に被るんだけど、ほら、今までの地震とか災害のお知らせとはちょっと違う感じ。赤い点が日の丸の赤い〇に見えそうな・・・
う~ん、やっぱそうなんやろか~?
(大間違いやったら大変やな・・・)

有難うございました。いつもの様に削除しときますね。

  • 投稿者: coomi
  • 2017/09/21(木) 10:18:07
  • [編集]

こんにちは、いつもの方(⌒∇⌒)お世話になりますm(__)m

地図を眺めてみたんやけど、栃木-茨城の山間部には何もないような・・・栃木-群馬の辺りなら火山帯があったような・・・奥羽山脈(那須火山帯)
自衛隊かも?しかし宇都宮やしなぁ・・・

すみません、やっぱわかりません今のところ(汗

ふたつのコメ、削除しときますね。(o^―^o)

  • 投稿者: coomi
  • 2017/09/22(金) 10:14:10
  • [編集]

常陸宮様かも

こんにちは。連日の籾すり作業(乾燥した籾を玄米にする作業)で目がしょぼしょぼ、気管支に影響してちょっと呼吸の調子がおかしいです。
お天気が気がかりですが、イセヒカリは来週刈り取る予定です。

栃木と茨城の県境で日の丸らしきもの 私は常陸宮様を連想しました。
調べたらお名前の由来である「常陸国」は官僚ではなく代々親王が統治なさっていた国だったそうです。

皇位継承第4位 今上天皇の弟宮様、癌の研究をなさっておられる常陸宮様は英語も堪能でいらっしゃると書いてありました。

癌研究の関連などで賞を贈られるとか、何か慶事でもあるのでしょうか。

  • 投稿者: NM
  • 2017/09/22(金) 13:16:56
  • [編集]

Re: 常陸宮様かも

こんにちは、NMさん^^/
毎度お世話になりますm(__)m

こちらは雲ってますよ。籾すり作業お疲れ様。疲れたでしょ?
イセヒカリ、頑張って継続して下さいね!お伊勢様がお喜びです!

常陸国・・・やはり皇室が関係してましたか。
日の丸のように感じられたから自衛隊とか日本政府とか探したんやけど、山の中にあるはずもなく(笑)
しかしたったひとつ県境に見つけたものがあります。神社。
鷲子山上神社(とりのこさんじょうじんじゃ)

後で記事にします。
なぜ私に見せたのかわかりましたから。

慶事の前触れならいいんやけど。(o^―^o)

  • 投稿者: coomi
  • 2017/09/22(金) 14:08:11
  • [編集]

こんにちは、いつもの方(o^―^o)

油断は禁物ですよ~(笑)

今日の夢見は「はるが来た」

削除依頼がないけど削除しときますね。有難う。

  • 投稿者: coomi
  • 2017/09/23(土) 10:42:47
  • [編集]

こんにちは、いつもの方^^/
お世話になりますm(__)m

一難あっての春が来た・・・かも?(笑)

はい、削除しときますね。♪

  • 投稿者: coomi
  • 2017/09/24(日) 15:46:26
  • [編集]

こんにちは、いつもの方^^/
毎度お世話になっておりますm(__)m

コミコミかも知れませんね。
いえ、的外れじゃないと思いますよ。^^

上野の子パンダの名前が決定!
「香香」と書いて「シャンシャン」♪
花の香りはシャンシャン春爛漫♪いい感じ♪♪

いえいえ、こちらこそ有難うございます。
今後とも宜しくお願い致します♪イエイ♪

  • 投稿者: coomi
  • 2017/09/25(月) 14:37:19
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する