追記有り「アンネ・フランク?」はやはりアンネだったみたい。

  • 2017/02/28(火) 09:52:55





**********************************************************************

2017/02/28

~ビジョン?~


煉瓦造りの建物に囲まれた裏路地?

それを背景にして真ん中に二段のひな壇

アジア系?の女性達が 10~12人 並んで写真に写っている


あれ? 真ん中の女の子 足がやたら大きい

じっと見ると カエルのような足を分厚くしたような形


えっ!! 裸足!?
指が6本!? ちぎれた指から骨も見える!



(声)「あちらの方です」


その女の子は 黒髪で 目がパッチリ


アンネ・フランクに似ている・・・・


     (意識覚醒)

**********************************************************************





うーむ。不気味なんですが、あの方々の声「あちらの方です」に癒された。いつもの男か女かわからない御声・・・

あの足じゃあ靴も履けないやろうな~と。
というか、化け物っぽい。足が化け物に浸食されたか?指を食いちぎられたか?

アジア系の女性ばかりでしたから、化け物がいる国は・・・奇形児が増え続けている国は・・・と考える。


しかしアンネ・フランクに似た女の子は・・・???






追記(2017/0303 pm14:39記)


やはりアンネ・フランクでした。


NMさんへのコメントお返事より抜粋。

“アンネ・フランクの命日は3月上旬らしいです。だから見せられたのかと思いました。
あの茶色い煉瓦造りの建物の間にある路地はアウシュビッツやと思います。
アンネの死因はチフスだったのですが、1945年の敗戦濃厚な時期の強制収容所はとても不衛生で病原の虱もわんさかいたでしょうねぇ・・・
ユダヤ人は黒髪や焦げ茶色の髪色が多いみたいなので、それがアジア系に見えたのかもしれませんね。アンネと同じ頃に亡くなった子供たちが集合写真に納まっていたのやろうと思いました。上段の端っこに金髪風の女の子も見えました。“




アンネが座っていた茶色い煉瓦の路地裏?見つけました。
やはりアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所でした。

b0082147_23402613.jpg


ポーランドツアー記 その42 八日目 アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所②
http://tohotoho.exblog.jp/23067262/
「今日もいろいろ」さんより http://tohotoho.exblog.jp/ お写真拝借ごめんなさい!)

b0082147_2341448.jpg


あの茶色い煉瓦造りの家の間をまっすぐ突き当ると、「死の壁」という公開処刑場があるそうです。
アンネたちがひな壇に立たったり座ったりしていたので隠されて見えませんでした。特に太った赤茶色の指6本の足に注目していましたし・・・
囚人服じゃなく、私服を全員着ていましたね。



アンネ・フランク 
“オランダ赤十字は1945年3月31日を死亡日としているが、これは特定されたものではなく、生き残った者の証言などにより、それよりも早い2月の終わりか3月の始めころに亡くなったものと推測される[231][232]。”

ちなみにチフスが死因なので末期症状も調べてみましたが、皮膚の変色・膨張などはなさそうでした。あれ程の悪環境に放り込まれたから、他にも皮膚病とか色々な病変があったのかも知れませんね。

アンネの最後の地、ベルゲン・ベルゼン強制収容所は劣悪な環境だったみたいですね。
「休養収容所」とは名ばかり、他の収容所より酷い場所だったようです。




ベルゲン・ベルゼン強制収容所 



72年経過してから自分の命日に近い日に現れたのは意味があってのことでしょう。



あの方々の声。

(声)「あちらの方ですね。」

幾通りかの意味があると思います。御声を聞いてホッ!としましたよ。


外国の方
戦争被害者の方
グループ?が違う方
日本の元ではない方
今も悲しい想いを抱いていられる方
 etc・・・



そして今、朝鮮半島がきな臭くなり、中華人民共和国も北朝鮮民主主義人民共和国も外貨が底つき、何をするかわからない状況となっています。北の黒TELは元からアレやし。
韓国の米軍も撤退準備完了しているみたいですし、いつ始まるかというのが重要なんでしょう。ずっと見ているのでしょう。


それにしても日本の野党って・・・阿保しかおらんのか?




では次に今朝見た長い長い夢見に参ります。





追伸

今日は3月3日 日本では雛祭り。

アンネ達がひな壇で笑っていたのは、日本の子供達(特に女の子)のように大切に愛されたかったという悲しい願いと・・・、私がここにアンネの名前を出して夢の検証結果を書きつける日が3月3日だということを知っていたということ。
あの方々は「おや、また外国の方が来てますよ」と私に仰ったのでしょう。







  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アンネ・フランク 昨年、あの話はシオニストの捏造だという説を夫がネットから拾ってきて説明してくれましたわ。ナチスのユダヤ人大量虐殺も無かったとか。欧米でその話をすると行方不明になるとか言ってました。

東宮の誕生日会見の写真見た時に、娘さんがまるでアンネ・フランクみたいにやせ細っていたのに驚きました。11月よりも一段と痩せて、もう危険な感じがしました。それなのに笑顔で並んでいる両親て・・・。

あの子はどう見ても別人。拒食症なんて書かれてますが、11月に今までの子と交代させられて、よほど精神的にまいってるのではないでしょうか。私は中三の時にストレスから自律神経失調症になってしまい、食事をしても胃が動かなくて食べられず、ますます痩せて36キロぐらいになってました。学校を休んだり早引きしたり保健室で寝てたりキツい日々でしたが、彼女も同じような状況になってそうですね。

東宮もなぜ隠し続けるのかな。陛下もどうお考えなのか。東宮担当の方の中には「王様の耳はロバの耳」と叫びたい方がいるはずです。勇気のある方いらっしゃらないかな。クラスメイトもよーくわかってるはずなのに箝口令で黙ってるのでしょうね。気の毒です。

話は逸れますが、東京と和歌山で給食で食中毒を起こした海苔。
大阪の会社の製造で国産ということですが、ニュース見て怪しいと思いました。韓国産を偽ってないでしょうか。韓国産ならノロやらいろいろくっついてそうですし。私も一時期、韓国海苔を食べていて、ずっとお腹の調子が悪くて、食べるのをやめたら調子が戻ったので怪しいと思ってます。

  • 投稿者: NM
  • 2017/03/02(木) 23:18:17
  • [編集]

Re: タイトルなし

こんにちは、NMさん^^/
お世話になり有難うございますm(__)m

アンネ・フランクの命日は3月上旬らしいです。だから見せられたのかと思いました。
あの茶色い煉瓦造りの建物の間にある路地はアウシュビッツやと思います。
アンネの死因はチフスだったのですが、1945年の敗戦濃厚な時期の強制収容所はとても不衛生で病原の虱もわんさかいたでしょうねぇ・・・
ユダヤ人は黒髪や焦げ茶色の髪色が多いみたいなので、それがアジア系に見えたのかもしれませんね。アンネと同じ頃に亡くなった子供たちが集合写真に納まっていたのやろうと思いました。上段の端っこに金髪風の女の子も見えました。

愛子さまがかなりおやつれになってらして心配やね。
ご両親が横に座ってニコニコ笑顔・・・信じられん!(# ゚Д゚)
拒食症と自律神経失調症は違いますが、食べられないというのは重症。一刻も早く入院させ、治療すべきやと思いますが・・・あの母親なら無理かも知れませんねぇ・・・
ツイートにて「クラスメイトはわかっている、母親の行動、言動もおかしいところがあるのはみんな知っている」と流れて来ましたよ。真実はわかりかねますが・・・

早く楽にしてあげたらいいのにね(;´∀`)

「海苔!?焼きのりでノロって・・・」うちの主人も韓国産を疑ってました。パッケージなんていくらでも虚偽偽装がきく。乾燥させてあるのにノロ???という疑問もありますが・・・
韓国海苔は一回食べて嫌いになりました。やはり日本の海苔が美味しい♪
何にもごま油塗ったくるなんて味覚がおかしいように思う。

まあ、あんな衛生基準のおかしい国らしいから“手を付けない”が正解やろうね。

  • 投稿者: coomi
  • 2017/03/03(金) 09:57:57
  • [編集]

海苔

こんな記事がありましたよ?

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1916629.html

愛子様、早く治療を開始しないと手遅れになりそうで怖いです。

  • 投稿者: garu
  • 2017/03/03(金) 17:41:18
  • [編集]

Re: 海苔

えっ!?3月3日!?@@;

ごめんなさいgaruさん!見落としてしまったかああああ!?

すみません、お世話になりますm(__)m


はい、この記事読んでびっくり仰天しました。腹が立ちますね!
ツイしましたが、我々一般人はどんな有名企業でも信頼おける企業でも末端の加工業者まで知るはずがない。だからこそ末端の加工業者なりにも倫理に則った就業姿勢でいて頂きたい、信頼おける基本姿勢を忘れてはなりませんよ、常識を守って頂きたいと思い呟きました。

自分がもしかしてノロかな?と思えば手袋するなり消毒するなり休業するなりして欲しかったですね。食品を扱うのですから!

軽くノロに罹りましたが、それでもあれは酷かった!上や下への大騒ぎ!脱水状態で死ぬかも?と思いましたよ。胃腸の痛みも凄かったです( ̄▽ ̄;)

  • 投稿者: coomi
  • 2017/03/05(日) 09:08:34
  • [編集]

アンネ・フランクが癒されますように・・・

ご無沙汰しています。迷っていたのですが、こちらの記事は私に関係あるのかもしれません。
時期がずれましたが、コメントさせていただきます。

3月3日、雛祭りの日のNHKの630と845神戸からのュースで、地元の地場産業とお雛様をコラボさせた地域おこしの雛祭りが紹介されたのです。

それと、私2012年の秋ポーランドに行きました。アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所がコースに入っていたので、呼ばれているなと感じました。赤茶色の煉瓦造りの立派な建物でした。これはある意味カモフラージュで、この建物にいられる人は限られていたのです。
死の壁もありました。内部も公開されていて、ガス室も入りました。とても狭くてここで何百万人も?と疑問には感じました。

ガスのもとの農薬の缶を集めた部屋、脱がされた靴が一杯のコーナー、剃られた黒い髪の毛の束のコーナーなど透明のガラスで仕切られた部屋に納められていて、現地の日本人のスタッフのガイドさんが説明してくださいました。

それから、前後しますが同じ年の春、オランダのアンネ・フランクの隠れ家にも行ってました。川に面していて、木造の天井が低く狭いけれど、家具もそろっていてそれなりのお部屋でした。

1階が誰だったか作業場でした。自筆の日記帳が公開されていたのですが美しい筆記体の文字で立派な作りの冊子のようでした。「えっ!ほんまかいな?」とても子供の字には見えませんでした。
このツアーで初めて迷子になって、皆さんに迷惑をかけてしまいました。

長くなりましたが、ついでに。
今年になって、とても感動的なことがあったのです。
10年前にCoomiさんもご存じの掲示板にお世話になっていたころ投稿したことのある事柄に関すること。幼友達で小学校卒業以来会っていないのですが、彼女の家族が新聞ネタになる事件がり、私のトラウマでもあったのですが、その彼女がブログをしていることを知りました。
そしてその内容がとてもスピリチュアルで前向きで私と同じいえそれ以上の感性であることがわかったのです。
私のこれまでの霊的体験を含んだ「手紙」を引用してくれた記事を読みまして、この10年の投稿体験の意味を味わっているところです。
もう、海外には興味がうすれてしまった感があります。それにかわって彼女はこの夏、オーストリアの森の木々を癒す旅にでるそうです。
バトンタッチですね。

本当に長々とすみません。お読みいただき有難うございました!

  • 投稿者: しま
  • 2017/03/16(木) 01:00:21
  • [編集]

Re: アンネ・フランクが癒されますように・・・

こんばんは、しまさん^^/
お久し振りです。お元気?
いつもお世話になりますm(__)m

ああ、何となくですが覚えていますよ。アウシュビッツに行かれたんですね。
実際に見るとどんな感じなんでしょうかね?悲壮感漂ってましたか?
ガス室はあれは創作だと言う人もいて、実際の所ホンマかどうかはわかりませんが、夢見のアンネは確かにあのアウシュビッツの煉瓦造りの細い路地にいました。
おそらくもっと幸福な子供でいたかったという哀しみもあったのだろうと思います。ちょうどアンネの命日直前でしたしね。・・・

昔の子供って字が上手ですよね。日本の子供たちも昔は達筆でした。スイスイと流れるように字を書いていましたね。びっくりします。(o^―^o)

苦難を乗り切って心が晴れたら階段を上ります。その方は少し道のりが短くなったんじゃないかな?あの方々の近くにいられるようになったのだろうと思います。
シンプルに心優しくいられたらいいね。辛い経験をしているからこそ人にやさしくなれるんです。
その方もいつかは今の状態を卒業する時が来るとは思いますが、心いくまで癒しの旅を続けて欲しいものです。そしてまた心が晴れたらまたそこから卒業します。それは最後の旅に出るまで続くことでしょう。(o^―^o)

しまさんもまた旅行に行かれることがありましたら土産話を聞かせて下さいね♪

アテクシはまだまだ日本にいます♪

  • 投稿者: coomi
  • 2017/03/18(土) 01:33:27
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する