緑色蛍光タンパク質だったんや

  • 2016/04/27(水) 15:45:50


皆様こんにちは。

またも不可解な夢見が「これだったのかな?」と何となくわかりましたので、ここに書いておきますね。

随分古い夢見でしたが、「ウイルスの画像再び 2009/03/14(土) 10:18:34」 で書いていた

~抜粋~

最近よく目に浮かぶモノ。

緑色試薬に染まったような丸い球体の塊。ウイルス?ブドウ球菌?


~抜粋終了~



染色体と遺伝子組換え体
大腸菌の遺伝子組換え体 2

http://www.center.fks.ed.jp/23seibutu/HTML/sennshoku3.html
「授業に役立つ生物デジタル教材図鑑」さんより http://www.center.fks.ed.jp/23seibutu/HTML/index.html )

iden31.jpg





そうそう、これですね、これ。

なぜこのHPに行き当たったかと申しますと、


「緑色に光るサル誕生 遺伝子改変、滋賀医大 2016/4/25 18:10 | 4/25 18:14 updated」
http://this.kiji.is/97258242929395195
共同通信さんより )


このおサルさんを見たからです。あら?何かこんな感じの記事を書いたような・・・と思い出し、早速調べてみたのが「ウイルスの画像再び 2009/03/14(土) 10:18:34」で書いた記事。緑色蛍光タンパク質。


緑色蛍光タンパク質 

“緑色蛍光タンパク質(りょくしょくけいこうタンパクしつ、Green Fluorescent Protein, GFP)はオワンクラゲ (Aequorea victoria) がもつ分子量約27 kDaの蛍光タンパク質。1960年代に下村脩によってイクオリンとともに発見・分離精製された[1]。下村はこの発見で、2008年にノーベル化学賞を受賞した[2]。”

発見・分離精製したのは日本人だったんやね。下村さん。



“チームは、マウスやラットより人に近い実験動物であるカニクイザルの遺伝子を改変する研究を進めてきた。サルの卵子にGFPの遺伝子を組み込んだ後、精子と受精させると、生まれたサルは全身にGFP遺伝子が分布していた。
 病気の原因遺伝子などと一緒に組み込めば、さまざまな病気のメカニズム解明や治療法の開発に役立つという。


ははあ、成功したら人類にとって素晴らしいことではありませんか。まず、滋賀医大が第一歩に成功したってことやね。


2009/04/28(火) 08:01:10の記事では豚インフルエンザ?とか書いてた。違っていた。緑色が不思議だったんよね。



改めて「それは緑色蛍光タンパク質によって光る大腸菌」と書いておきますね。(^^;

ついでにこんな記事も載せておきます。


九大が癌細胞の浸潤や転移に関わる細胞運動の仕組みを解明 新たな治療法の開発に期待
エコノミックニュース 3月20日(日)14時8分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160320-00000019-economic-sci



ずっと研究は続けられていたんやね。下村さんのお蔭です。感謝!^人^





  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

下村脩氏ノーベル化学賞決定の日

こんにちは。ご覧になっていたのですね。緑色に光るおサルさん、ってちょっとびっくりしましたが、人類のお役に立っていただくってことで感謝したいと思います。

ところでまたシンクロ感じました。実はあの下村氏がノーベル化学賞の受賞者と発表された日、テレビ朝日の「報道ステーション」に夫が出演したのです。
2008年でしたか?8年前の10月ですね。
今年からキャスターをされている富川悠太さんが、2~3人のスタッフとともに瀬戸内海に面した工場を訪ねて来られました。不況業種のひとつということで現況取材ということで日替わりにそれぞれの代表者にインタビューとう形式でした。
その日は、昼過ぎに電話によるアポがありました。東京から徳島空港を経て、半時間ほどの取材の後、7時半ごろ大阪のスタジオに向けて帰られたと思います。ギリギリ大阪から本番に間に合うように電波を送るという話でした。

その頃は番組のファンでしたから、それもトップニュースになるということでしたので、みんなで大騒ぎで取材と放送を待ってました。よく考えたら業界にとってもそんなに良い話題でもないわけですが・・・
そこへ下村先生のノーベル化学賞受賞ニュースが飛び込んできたわけです。そうですねオワンクラゲもおぼえましたね。印象に残っています。

赤いナマコと緑色蛍光のオワンクラゲ・・・私には吉祥ととらえたいところですがどうでしょう?

  • 投稿者: しま
  • 2016/04/27(水) 17:10:30
  • [編集]

Re: 下村脩氏ノーベル化学賞決定の日

お早うございます、しまさん^^/
お世話になります。

あの緑色のウイルスのように見えたもの、何で緑色?と不思議でした。試薬か?と。

そうでしたか!
もしかして私もその番組、見ていたかも知れませんね。あの頃は何も知りませんでしたから、普通にニュース番組だと思ってました。あんな偏向報道していたとは知りもせず。
ま、その後しばらくして目覚めましたが(笑)

今はどうですか?不況を感じますか?円安・原油安でマシなんかな?
私は何もかも物価が高くなったなと実感しています。安売りがメインだったスーパーも最近は値上がりしちゃって残念だと思います。肉なんか食べられないと思うくらいです。牛肉ね。最近はもっぱら海産物の食卓ですわ(笑)

吉兆・・・・のような気がします。試しに夢占いで自分に関する夢見を調べてみたら、有難いことに嬉しい判定でした。自分自身と友人だけの夢見だったのでここの記事にはしていませんが。

ただし、「海」には注意が必要だろうと思います。

  • 投稿者: coomi
  • 2016/04/28(木) 08:38:04
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する