お盆に帰れない霊人達がいる

  • 2015/08/10(月) 12:08:47


皆様こんにちは。

色々と夢は毎日見ていますが、これは!と思う斬新な内容がないため決め手に欠けています。取り合えず「今、日本はこんな感じ」と教えて頂いているとしか申し上げあられません。聞いている私もゴタゴタした内容でハッキリとは分かっていないみたいです(笑)
悪い方向には行っていないみたいですとしか言えないですね。
あの方々も忙しいですからね。







**********************************************************************

2015/7/26

~夢?と声?~


暗い街 暗い世界 

社長さん?のお言いつけで紙袋を持ってある場所へ向かう

えっと どこだったかな? あ、あったあった!
(目的の場所は知っている)

茶色いビルの一角に事務所がある ここだ

近く?の事務所には893が何人もいる 黙って私を睨んでるようだ


事務所の中に入ると袴姿の男性(おじさん)がいた

「お忘れものですよ~!」と紙袋を手渡す


「あ 私のだ や、有難うありがとう!」

紙袋の中には お札と経本? お札には上部に丸い紋の朱印がある

ん? この朱印は・・・


街中に出る 何やら人々が大勢で歩道橋のまわりでガヤガヤしている

歩道橋上には外人ダンサー達が太鼓を叩いて踊っている

みんな楽しんでいるようだ



(声)「8月12日」



(え?今ここはお盆なの?8月12日?)


茶髪の男 チンピラ 女の子の小学生の子供連れ

「可愛いお子さんですね」と褒めると たいそう喜んだ


さあ 社長さんのところへ帰ろう!



裏通りの小さな古いビルに帰って来た

真っ暗? え? 社長さ~ん!!私を放って帰ったの!?(驚き)

玄関を開けてエレベーターに乗ればいいだけなのに・・・(ドキドキ)

真っ暗な玄関のドアを引っ張ると ドアは開いていた

ホッとした・・・


     (意識覚醒)


**********************************************************************


もうお分かりだと思いますが、この世界は地下世界です。

NMさんともメールであれこれお話しましたが、イメージで探してわかったのは織田信長の朱印だということ。岐阜が関係あるのかと。それと建勲神社。


織田信長の朱印はコレ↓が有名なようですが、
odanobunaga.jpg

公式に言葉を伝えるとは 
http://www.melotone.net/sfjournal/2014/01/adnmojh.html
「Star Fish Journal」さんより http://www.melotone.net/sfjournal/ )


私が見たのはコレ↓でした。たぶんコレ。
安土桃山城に移転後に使用した朱印ですね。
stamp-dragons(250).jpg

城の再発見!解説!イラスト「白い安土城天主」上層部分 より
http://castles.noblog.net/blog/f/11105255.html


8月12日はお盆です。謂れの通りならお盆には死者の魂がこの世に帰って来ます。家族の盛大な接待を受け、家族の顔を眺めて達者であるのを喜び、お盆が終わったらあの世に帰って行きます。・・・

しかし彼等は今いるあの世の暗い世界に残っているみたいですね。


あの袴姿の男性NMさんとは岐阜県を拠点にする新興宗教のオヤジではないかとしたのですが、(だからあんな暗い世界に逝かされたんやろうねと)しかし私としましてはちょっと疑問が残りました。あの宗教には私が見たお札がない。教祖は金ぴかであったが、あの男性は質素で飾り気のない男性だった・・・


あの男性は社長さんからお札と経本?を受け取ってます。手渡したとき笑顔で「や、有難うありがとう!」と感謝されました。
社長さんからお札?・・・・経本?経典?・・・・私も事務所?の場所を知っていた・・・




あ~!わかった!
あの袴姿の男性はあの世界の護りであり、上へ上がるための手助けをしている男性なのだ!だから社長さんとも繋がっているのだ!


社長さんはあの裏通りの隠されたビルのエレベーターを上がった最上階にいらっしゃる。




おわかりいただけただろうか?

お盆には帰れない・待ち人いずの人々は残っています。と言うか、その世界から出て行けない霊人達がいらっしゃるのです。そんな霊人を見守り導く霊人もいらっしゃるということです。
あのお札を頂き、経本の教えを知り、あのビルのエレベータにやっと乗ることが出来るのでしょう。あのビルは上の世界へと通じる秘密の入口だったのです。





  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する