FC2ブログ

真ん丸の島は隠岐諸島、松林は神の道

  • 2015/07/07(火) 17:06:43


さて、前回の記事は「この辺りかな~?」と決めて落とし込んでみました。(笑)
結局夢見とは、自分が知らない人や物、場所や言葉をイメージを感じ取って掴みとるくらいしか出来ないのですよね。私が常に言うところのビジョンとは夢見よりまだハッキリしたものが残りますが・・・
自衛隊のビジョンは見えてましたが、あの女性の首は何か掴みどころが少なくて困りましたね。だからもしかしたらまた別の女性が浮上してくるかも知れませんね。


「ドイツの日本名は「日本宮殿」だったよ 2015/04/25(土) 15:39:44」

で書いたコレ。





見つけました。
何でこんなでっかい島が目に入らんのん!?@@てくらいびっくりです。



隠岐諸島

 

火山カルデラのあるのが島前、真ん丸の島が島後

地図を作って見ました。ビジョンで見た地図です。

okisyotou_matubayasi.jpg

左が島前、右が島後。青い線が松林が左右に並んだ道、オレンジの線が私が乗った高速ボートの進路。



この地図を見ていたら、確か前にも隠岐諸島について書いた記事があったなと思い出しました。それに松江が近い・・・・ビジョンで地図を見ているのです。


「三つの島? 2011/07/15(金) 08:18:27」

~抜粋~

**********************************************************************

2011/7/15

~夢?ビジョン?~

淡路島? いや違う 三つの島からなる海の群島?

一番大きな島から海に飛び込み海中を泳ぐ とても気持ちが良く 美しい

二番目の島まで泳いでいる途中 海鳥がたくさん見えたので

海中からジャンプして 海鳥たちと楽しく一緒に空を飛ぶ

断崖絶壁の三番目の島を見渡し 絶景かな!絶景かな!!

そして 二番目の島へ降り立つ

その島には大きな四角錐形の石碑?墓?があって その真上は四角い平面

その四角い平面の頂上に降り立ち 島々を眺める

はて ここはどこだろう?

     (意識消滅)

**********************************************************************

でも、知ってるような気がしてならないのは何故だろうか?
私はそこに行ったことがあると思い込んでます。

三つ子の島? 

~抜粋終了~


これは島前ですね。二番目の島は丸く島がポコンと突き出ている西ノ島ですね。

“島前は「島前三島」と呼ばれる知夫里島(知夫村)、中ノ島(海士町)、西ノ島(西ノ島町)から構成される群島である”


OkiDouzen.jpg
(wikiより)




「菅原道真公(天神様)と弘法大師空海様 その7 2011/08/18(木) 13:43:30」

~抜粋~

始まったのがおそらくこの夢。

「三つの島? 2011/07/15(金) 08:18:27」  (参照)

私は色々な島々の写真を食い入るように見つめ、この島を隠岐諸島と結論を出した。


~抜粋終了~


菅原道真公と空海の記事で夢?ビジョン?を見た1か月後に隠岐諸島と結論出したのですねぇ・・・




「島根? 2011/12/07(水) 08:02:30」 

~抜粋~

宍道湖の右側・・・・

島根県松江市・・・・ですかね?

これは昨夜見えたビジョン(地図)・・・・スサノオ様?


(中略)

辺りの神社を探ってみましたところ、美保神社・神魂神社・熊野大社・佐太神社・八重垣神社などそうそうたる神々様が松江市付近に鎮座されておられますようで・・・

(中略)

出雲の神々様が怒ってらっしゃいますよ。
諏訪の大神様も大変危惧されていた折りに東北関東大震災が起こりました。


(中略)

宍道断層を含む山々は、白山火山帯。ここも指している気がする・・・

~抜粋終了~




松林の道(ふつうはあり得ない道ですが、夢の中ではあり得るのです)は隠岐諸島・島後から松江方面に続いてました。松江の神々様と隠岐諸島と繋がってます。
そして白山とも繋がっているのでしょう。中国地方、九州まで繋がっています。

私が乗っていた高速艇は鳥取?辺りから出航したのかな?(出航先は不明)



さて、今なぜ隠岐なのか?と考えてました(上記の過去記事は2011年なのですよ)



隠岐の歴史
 
“なお、竹島は隠岐島の北西約157キロに位置する岩礁(総面積、230,967平方メートル)で、明治38年(1905年)2月22日閣議で島根県隠岐島司の所管とされ、同年5月17日に島根県の官有台帳に記載されている。戦時中は海軍用地として舞鶴鎮守府の所管となる。昭和28年(1953年)以来大韓民国の実効支配下にあるが、日本政府の見解では日本国の国有財産として財務省理財局の所管となっている。海上保安庁は隠岐の島町に隠岐海上保安署を置いて周辺海域警備に当たっている。


竹島防衛の最前線。・・・・なるほどね・・・私ともう一人の男性はそこへ行ったのか。


またまた南朝鮮ですよ。神々様はよほど朝鮮がお嫌いらしいです。


ちなみに、「日本神話」国産みでは隠岐は三番目に産まれた島ですね。


国産み 

隠伎之三子島(おきのみつごのしま):隠岐島
別名は天之忍許呂別(あめのおしころわけ)


やっぱり三つの島、三つ子ですね。納得。





  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

隠岐の島 学生時代の友達がいます。昔、彼女から聞きました。闘牛の始まり。「隠岐に上皇様が来られたけれど、都と違って何も楽しませるものがない。みんなで相談して農耕に大事な牛を闘わせる事になったらしいよ」

竹島は行政上は隠岐の島町の管轄下にあるんですね。
竹島から隠岐の島にあの国が侵攻してくるのか。

今日のニュースで海上自衛隊と陸上自衛隊の合同訓練を報道してました。合羽は着てなかったけど、雨になれば着るでしょう。色々と想定しての訓練なのでしょうね。連携はうまくできたのかな。
明日あたりから危ないのかな。

隠岐の島 ジオパークのホームページに興味深いことが書いてありました。

「隠岐片麻岩 飛騨片麻岩と並ぶ日本最古の岩石 この2つは日本列島の屋台骨」

霊的に見ても、地質学的に見ても、隠岐と飛騨は大事な場所。古代の日本人は知っていたのでしょうね。

  • 投稿者: NM
  • 2015/07/08(水) 16:44:05
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する