スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆島1泊2日 1日目

  • 2015/05/09(土) 14:31:15


皆様こんにちは。

5月6日・7日と一泊二日で小豆島へ行って参りました。

6日のルートは午前7時に自宅出発 →→ 高松道 →→ 高松港からフェリーで土庄港 →→ リゾートホテルオリビアン小豆島で宿泊プランの一つ「観光地割引券」を真っ先にゲット! →→ 寒霞渓ロープウエイ →→ 銚子渓お猿の国自然動物公園 →→ 大阪城残石資料館 →→ 小豆島大観音(百観音霊場) →→ エンジェルロード(天使の散歩道) →→ リゾートホテルオリビアン小豆島5時半過ぎチェックイン(温泉と夕食バイキング)

7日のルートは(温泉とホテル朝食バイキング)10時頃ホテルチェックアウト →→ エンジェルロード →→ 二十四の瞳岬の分校 →→ 二十四の瞳映画村 →→ マルキン醤油記念館 →→ 土庄港からフェリーで高松港 →→ 高松道 →→ 午後6時頃自宅着

P1020754.jpgP1020755.jpg


寒霞渓

P1020759.jpgP1020766.jpg
P1020767.jpgP1020771.jpg
P1020773.jpgP1020789.jpg
P1020791.jpgP1020792.jpg

あっという間の5分。ロープウエイこううん駅で降りたらワンコ。「じろう」君。観光客になでこなでこされてました。かなり歳だろうから若かりし頃のじろう君の写真を・・・

P1020779.jpgP1020780.jpg
P1020781.jpgP1020782.jpg


銚子渓お猿の国自然動物公園

P1020797.jpgP1020799.jpg

エサ場で網にしがみつく子猿たち。後から来た大人猿に二頭ともはたき落されてしまった。ベシッ!ベシッ!!(あらら~、可哀想に)・・・ある程度大きくなったら独り立ちするんやね。まだまだ小さな子猿は母親が守ってましたが。

P1020800.jpgP1020801.jpg

孔雀がたくさんいましたよ!白孔雀もいました。綺麗やね~

P1020810.jpgP1020811.jpg
P1020812.jpg


この時、主人が山の上赤い鳥居を発見!
「お~い母さん!神社があるぞ~!」と手招きします。(私が神社参拝が大好きで真剣にお祈りすることを知ってるからね)しかし猿二頭に狙われていたので写真は取れませんでした。ポケットに手を突っ込んでくるわ主人はジャケット奪われそうになるわで二人ともお猿と格闘してましたんよ!そんな中での参拝ですねん!!(怒
「こら!何すんねん!!」主人のズボンの後ろにお猿の白い手形が入ってました(笑)ずっと後をついてくるんでヒヤヒヤしてましたん。「うらあ!」と足でドン!と地面を叩いて音をたてるとお猿さんが「ビクッ!!」・・・高崎山のお猿より気が弱いのはわかった。主人が後ろで大笑いしてましたが(vv
何とか二人で参拝させて頂きましたが、案内板がないのでどなた様なのか神名が不明でした・・・

園を出ると置きっぱなしにしているお猿の国の古い地図発見!さっきの神社は・・・・大野手比売神社!@@
神田さん、大野手比売様にお逢いすることが出来ましたよ!(笑)不思議やね~。巡り合わせやね~。主人のお蔭で無意識のうちに島の昔からの土着神様にお逢いできたんや~!(喜

P1020816.jpgP1020817.jpg


(25)“小豆島を遊幸した応神天皇”
http://dekiya.blog57.fc2.com/?tag=%C2%E7%CC%EE%BC%EA%C8%E6%C7%E4
「讃岐の風土記 by 出来屋」さんより http://dekiya.blog57.fc2.com/ )

“ また、池田半坂で小豆島の島魂神(しまたまがみ)である大野手比売(おおぬでひめ)を祀っています。島魂神を祀った場所は、現在の孔雀園に向かう道の途中にある道を、10mほど上ったところだそうですが、その後、小豆島の人たちの手によって、銚子渓お猿の国の頂上大野手比売神社として、次いで、星ヶ城の山頂阿豆枳島神社として移され、今に至っています。”


ここに大野手比売様がいらしたんやね。なんか小さなお社やけど、それでええんかな?と思ってしまう。


大阪城残石資料館

P1020818.jpgP1020823.jpg
P1020825.jpgP1020834.jpg
P1020836.jpgP1020839.jpg
P1020824_2015050913492965a.jpgP1020820.jpg


小豆島大観音(百観音霊場)

P1020843.jpgP1020844.jpg
P1020850.jpgP1020851.jpg
P1020852.jpgP1020858.jpg
P1020859.jpgP1020860.jpg


ここは仏歯寺と言うんだそうです。御本尊は聖観世音菩薩様。
エレベーターで胎内を上まで上がりますと、お釈迦様の犬歯を収めた壺?の部屋があります。聖観世音菩薩様の像も。
何より驚いたのが何万体とある仏像。回り階段の壁全部に仏像、仏像、仏像!ぎっしり!!そしてそれぞれに個人名がプレートに刻まれてます。現世利益を求めて寄付されるんやろうね。・・・これだけの仏像があるのはある意味怖いっちゅうか・・・伏見稲荷を思い出しましたよ。人間の欲望の坩堝。
「これは・・・ちょっと・・・気持ち悪い」
くうちょび「伏見稲荷の裏側と同じやね。人間の欲望が気持ち悪いんちゃう?神仏のせいとちゃう」


小豆島大観音 

聖観音 

小豆島大観音 しあわせめぐり http://www.koyasutemple.com/shodoshima/ 



弘法大師空海様の像と聖観音様?の像

P1020861.jpgP1020864.jpg


この方・・・どなた様でしたっけ?左手に何か持ってるということは聖観音様かな~?見覚えのある絵ですが・・・綺麗なお方ですね~

P1020866.jpg


その他の写真。

P1020869.jpgP1020870.jpg
P1020871.jpgP1020872.jpg
P1020863.jpg



エンジェル・ロード(天使の散歩道)

P1020873.jpgP1020874.jpg
P1020875.jpg

海水が引いて「道」が出現してました。若いカップルがいっぱい!中にはチラホラと私達のような中年カップルもいました。引き潮時間だったので良かった。明日は満ち潮時間のエンジェル・ロードを見たいねと主人と話しました。
「よし!明日も見に来よう!^^v」


天使の散歩道(エンジェルロード) 


リゾートホテル オリビアン小豆島

P1020876.jpgP1020877.jpg
P1020878.jpgP1020882.jpg


築30年らしいです。ちょっと古い感じがしますが、清掃も行き届いているようで気持ちよくお泊りできました。ビュッフェスタイルの晩御飯も美味しかった~!食べ放題ですが、元々小食な私はちょっと損な気分・・・お猿と格闘して疲れ切ったし・・・お猿に負けた・・・その代わり主人がガバガバ食べてくれたので助かりました~(元は取り戻せたよ!)^^v
飲み放題を頼むと首から札を下げます。スタッフはその札を付けてグラスを持ったお客がウロウロしているのを見つけたらすぐさま「御代わりなさいますか?」と聞いて下さいます。はい!今度は別のお酒を!もっとちょーらい!!(笑)

残念ながら曇り空だったので夕陽の見える部屋を予約したのに夕陽が見えなかった(泣 夕陽が見えたらロビーでスパークリングワインを頂くんだ~^^v♪と思っていたのに残念でした。仕方ないね、自然任せやもんね。(vv

その夜は10時頃には誰もいなくなってました。ガラーンとしたホテル内。スタッフの姿も見えない!何でやねん!?
静まり返ったホテルは何だか寂しいね。寝静まってるからみんな観光で疲れたんやろね。(みんなお猿に負けたんやろ?と一人で想像してフフフと一人笑い)私はまだお風呂上りで眠れない・・・主人は高いびきで大の字でガーガー寝てる・・・誰か相手して~!(ホテルにこだまする雄叫び)
仕方がないので一人で夜景見ながらビールをチビチビ飲んでました(まだ飲んどるんかい!


リゾートホテル オリビアン小豆島 http://olivean.com/index.html





  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

何万体とある仏像

現世利益ではないと思われます。
四天王寺にもありますが、これは永代供養の為に奉納されるもので、観音様の背後にはおそらくあの世に逝かれた方々の戒名が彫られていると思います。
表面には水子観音(供養)極楽観音(供養)智恵観音(祈願)厄除観音(祈願)子育観音(祈願)施薬観音(祈願)と書かれてあるとも思われますが・・・。

  • 投稿者: garu
  • 2015/05/11(月) 10:23:55
  • [編集]

Re: 何万体とある仏像

こんにちは、garuさん^^/
いつも有難うです(ぺこりん!)

永代供養だと聞いて、あれ?そうやったん?と急ぎ調べてみました。あれだけの像をひとつひとつ供養するのはさぞかし・・・と思ったものですから。(^^;
永代供養の間は別の所にあり、仏壇形式でした。そう多くはないみたいですよ。階段にズラリと並ぶ観音像一万体以上は寄贈されたものだそうです。寄贈者の名前をプレートに書いてあったようですね。それ以外の観音様の御名は書かれてなかったと思うのですが・・・そう言えば賽銭箱なんかもありました。
1995年に完成、お披露目されたようですから、20年ですかね?新しい施設ですね。

四天王寺のほうが有難味がありそうですね。私なら四天王寺で永代供養してもらいたい(笑)
なんだか大観音は観光施設だけのような気がします。気のせいかな?

  • 投稿者: coomi
  • 2015/05/11(月) 12:56:34
  • [編集]

私も見てみました。

ああ、これは・・・って感じでしたね。
四天王寺とは違う物ですね。
展望台的な大観音像にらせん状に置かれた金ぴかの観音様は、奉納する側にとっては「功徳」としても(現世利益も含)受け取る側は「観光的要素」も入ってるんだろうなって、思いましたね。
お騒がせしました。

  • 投稿者: garu
  • 2015/05/14(木) 15:56:57
  • [編集]

Re: 私も見てみました。

こんにちは、garuさん^^/

最初、階段のズラリと並んだ観音像を見ても何も感じなかったので「私の勘が狂ってきたんかな?」と思いましたが、garuさんも同じように感じられたようなのでホッとしました。(笑)
実際、土産物を売ってるお店が横にあるので・・・・観光地ですね、間違いなく。
何か行事はあるみたいですが・・・・

  • 投稿者: coomi
  • 2015/05/15(金) 10:32:56
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。