ドイツの日本名は「日本宮殿」だったよ

  • 2015/04/25(土) 15:39:44


皆様こんにちは。

昨日、ふと見たTV録画でわかった事があります。主人もお休みだったので一緒にお昼ご飯を食べるときに、主人がTVが面白くないからとなにげに録画しておいた番組を再生して見始めたのがその謎を解くきっかけとなりました。

「マイセン 幻の磁器の城 アウグスト2世の欲望」
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:Ysuig_wki8IJ:https://tv.so-net.ne.jp/schedule/200103201504230045.action+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp (キャッシュ)

“17世紀、西洋の王侯貴族たちは東洋の磁器に魅了され、ザクセン公国(現在のドイツ東部)アウグスト2世は、自ら白い磁器を生み出し、白磁に飾られた“日本宮殿”を作りたいという夢の実現に没頭した。1709年、マイセンで欧州初の白磁を作ることに成功、その次は、柿右衛門の赤を求めた。王の欲望の跡ともいえる4つの城と職人たちの物語を紹介、日本の磁器の魅力を再発見する。2004年放送“



「ククリヒメ! 2015/02/04(水) 09:33:28」
で載せていた呟き




そう、この「日本名」が付いた場所のことですよ。


そうなんです。「日本名」とは地名ではなく国名だったんですよ。「日本宮殿」



日本宮殿 https://kotobank.jp/word/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AE%AE%E6%AE%BF%5B%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%B3%5D-110116
「コトバンク」さんより)

https://books.google.co.jp/books?id=Z1IcBAAAQBAJ&pg=PA393&lpg=PA393&dq=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%80%80%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AE%AE%E6%AE%BF&source=bl&ots=cYxnAmi2CS&sig=01ArWKSu4x__2UXWwQ9rOoC6BLQ&hl=ja&sa=X&ei=Ews7VY-ONcKl8AXd1YGIDg&ved=0CCMQ6AEwAjgK#v=onepage&q=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%80%80%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AE%AE%E6%AE%BF&f=false
「地球の歩き方」さんより)現在は民族博物館となっているそうです。

ドイツ旅行 ドレスデン 日本宮殿
http://arty0417.blog129.fc2.com/category54-6.html 
「ほとんど一人旅」さんより http://arty0417.blog129.fc2.com/ )

R0068536.jpg
(いつものように勝手にお写真拝借。ごめんなさい!><)




アウグスト二世プロイセンに招かれた時、宮殿にあったその見事な磁器の数々に魅せられ、我が宮殿にもそのように磁器を集めたいと願望を持ちました。願望と言うよりは「激しい欲望」と言うほうが良いのかも知れません。何が何でも手に入れて我が城を埋め尽くしたいという欲望です。



アウグスト2世 (ポーランド王) 

アウグスト2世ドレスデンやマイセンで作らせた白磁を発見したきっかけは、「白金」の秘密を発見しようと考えたことであった。1701年、国王はヨハン・フリードリッヒ・ベトガーという若い錬金術師を助けた。ベトガーは金を作ることが出来るとうそぶいて、これに期待を抱いたプロイセン王フリードリヒ1世に追われていた。アウグスト2世は金を生産する秘密を明らかにするため、錬金術師を投獄した。
ベドガーが不可能な国王の要求をうまくかわすため、錬金術師から陶工に業種を変えることになった。陶工というよりは錬金術師として、ベトガーは白磁 の秘密を発見した。彼は当時試みられていた、白い卵の殻のようなきめの細かい白い物質を混ぜたものを粘土に練りこむ製法を使わず、それまでヨーロッパの炉 で焼かれていたよりもっと高い温度で粘土を焼いた。泥の成分を溶かし、新しい物質へと変化させたのである。この製法は以後100年間、ヨーロッパの他地域 では知られることのない大発見となった。このことは、ドレスデンがヨーロッパにおける技術と芸術の中心地の一つとして発展する契機となった。


August_II.jpg






昔の西欧の陶器は叩くと「ゴンゴン!」と鈍い音がしたそうですね。磁器は叩くと「キーン!」「カキーン!」と透き通るような音がしたのです。それにも魅せられたと言います。
アウグスト2世ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーを救い、その錬金術を見込んで「白金(実は真っ白の東洋風磁器)を作れ」と命令し、ケーニシュタイン要塞に何十年にもわたり幽閉します。ベトガーは飲んだくれながらも何十年後かになんとか白磁を作り出す方法を発見します。そのケーニシュタイン要塞があった場所がマイセン。


ケーニシュタイン要塞 http://www.geocities.jp/y_ujoh/kojousi.koenigstein.htm
「古城址探訪」さんより http://www.geocities.jp/y_ujoh/kojousi.htm )

koenigstein1.jpg
「古城址探訪」さんよりお写真勝手に拝借。ごめんなさい!)


ケーニシュタイン要塞のページを下にスクロールして風景を見て下さい。

なるほど、海岸沿いに見えたのは実は川であり、白い岩肌の岸壁に上に緑を乗せた風景に見えたのは城壁と断崖絶壁の壁だったのか、こういうことだったのか!と!・・・・




アウグスト2世は大枚はたいて購入した「中国景徳鎮」の青染色や「有田焼柿右衛門」の赤染色を特に愛され、やっとのことで西洋で初めて白磁を作り出したベトガーを更に追い詰めます。色を塗れと。まずは「景徳鎮」の青色です。ベトガーは白磁を作ることができましたから解放して欲しいと国王陛下(アウグスト2世)に手紙を書いて懇願しますが、更に難問を言い渡され幽閉は続きました。

何故かと言えば、当時のヨーロッパでは陶磁器、特に東洋の陶磁器が珍重され高値で売れたからです。陶磁器を財産(宝)と見なしており、西洋人も東洋(中国・日本・インドなど)を憧れの目で見ていたからです。白い磁器に人物・風景画を描いたものが「シノワズリ」と呼び、花鳥風月唐草模様「インド紋様」と呼んでいました。名器とされたのが「景徳鎮」「有田柿右衛門」だったのです。同じ色を作り、白磁に色付けをせよと命令を下したのです。

ベトガーは長き幽閉生活で飲んだくれ、白磁に色付けもできずとうとう病にて37歳の若さで苦しみの中死去します。


ヨハン・フリードリッヒ・ベトガー 


その後出て来たのがヨハン・グレゴリウス・ヘロルトでした。
彼は宮廷にいた絵付師ケーラーに近付き、絵付けの色を作り出しました。現在のマイセンの基本色16種類はヘロルトが生み出したものです。


景徳鎮の青柿右衛門の赤も同様に生み出し、アウグスト2世に重宝されました。彼の作った作品は今も残され、その技法は今も受け継がれています。



これが現在の国立マイセン磁器製作所であり、その当時は「王立ザクセン磁器工場」と呼ばれていました。王とは当然アウグスト2世のことです。



マイセン(陶磁器)

220px-Meissen-teacup_pinkrose01.jpg
 

マイセン陶磁器日本語サイト http://www.meissen-jp.com/





アウグスト2世は「日本宮殿」に飾っていた陶磁器にこれらを加えていきました。
オランダ宮殿に東洋磁器を収集していたことにより「日本宮殿」に名称変更されたのですね。日本の影響がかなり強かったようです。


柿右衛門 http://www.kakiemon.co.jp/kakiemongama.html

backimg02c.jpg
(お写真拝借・・・すみません!)


酒井田柿右衛門

Kakiemon_Jar.jpg 
(またまた拝借・・・すみません、すみません><;)





つまりどういうこと?ということですが、その真意はまだ不明です。
ロシアの日本名がまだ残ってますから、この結果とロシアの結果を突き合わせてみればわかるかも知れません。

本日は「ドイツとロシアの海辺の岸壁に日本名がついた場所」という難題にドイツがわかったという事のご報告でした~!(ぺこり!)




追伸

白亜の城というのはツヴィンガー城(アウグスト3世)モーリッツブルク城、ピルニッツ城かも知れません。これらはすべてアウグスト2世のマイセンに関係しています。

考えてみましたら、「白亜の城」はベトガー(磁器発見)ヘロルト(絵付師)の次に出て来た彫刻師ヨハン・ヨアヒム・ケンドラーが真っ白の磁器で作らせた城かも知れませんが・・・(笑)




  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

インド、ネパール

こんにちは。ドイツの日本地名 本当に「日本」があったのですね。ご主人に感謝ですね。中国や日本の陶磁器が宝石並みに珍重され、色の再現のために化学が進歩した。さすがドイツ、でも錬金術士さんはお気の毒でした。

ニュースを見てびっくりしましたが、知床の羅臼での隆起。
オカさんも記事に書いてました。世界中の異変をチェエックしているオカさんだから「地震も音も無く」隆起には驚いたでしょうね。原因は雪捨て場の陥没だという説が書いてありましたが、本当にそうなのか不思議ですよ。数時間で10メートルも隆起@@;

以前、オカさんの記事で、アフリカで数日間で大規模な地割れができた記事があったけど、もう何が起きても不思議ではない。ロシアの津波みたいな地滑りも見た事の無い映像でした。

くうみさんの夢の、ハワイ近くの海溝でも、「たった数日」で大異変があるかもしれないです。もうスイッチが入っているのかもしれません。

ネパールの地震 浅川さんのサイトの記事に震源地の地図がありましたが、くうみさんも気づいていると思いますが

2008年3月26日「インド ネパール ブータン」
この記事にある2007年3月1日「フィリピン パプアニューギニア チリ」→大きな地震発生してますね。
2008年5月30日「整理してみました」の記事の地図を浅川さん所の地図と比べたら、光ったあたりが震源地かな。

残念ながら、千人以上の方が犠牲になってしまわれました。
世界文化遺産の「ダラハラ塔」が倒壊しています。オカさんが書いてた「聖地の浄化」なのでしょうか。エベレストも人払いしているのかも。日本は世界の雛形論で見ると、富士山や箱根山に注意ですかね。チリの火山の噴火もすごいことになっていますから、ハワイの夢が現実味を帯びてきます。

フーガ 私は松尾芭蕉の蕉門の「風雅」かなと。芭蕉隠密説ていうのがありますよね。幕府の密命を受けて旅をしながら情報収集してたとか。最近は関係無いという考え方が有力みたいですが。アーチストやビジネスマンの仕事をしながら、海外で政府の為に動いている人のコードネームなのかな。

スマートキャット ヤマト運輸の新サービスの事でしょうけど
送り状と納品伝票が一体化して管理されるサービスらしいですが、ヤマト運輸側の情報管理が厳重でないと危ないと思いますね。住所だけではなく買った物の情報も入っているから、漏洩したら顧客も困りますね。依頼した会社の売り上げまでばれてしまいそう。そんなことが起きてしまうのかな。

ジョンウン氏はアメリカの繰り人形と言われてるから、ロシアとどんな取引をさせられるのかな。



  • 投稿者: NM
  • 2015/04/26(日) 13:56:06
  • [編集]

サハリン

サハリン、ロシア関連のニュースで 読売新聞4月24日
「抑留死名簿 樺太や大連も 旧ソ連作成188人」

抑留された方は一般人が多かったそうです。今回名簿を入手した読売新聞が公開しています。政府も今までシベリア抑留が先になり、南樺太や大連、北朝鮮での抑留の実態解明や遺骨調査が進んでこなかった不備を認めて今後名簿公開するようです。早く遺骨調査や帰国が実現してほしいですね。

  • 投稿者: NM
  • 2015/04/26(日) 14:08:58
  • [編集]

訂正

間違ってるかも^_^;
知床隆起とネパールの写真を見たのが浅川さん所
震源地の地図はUSSGでした。
インド全体が見えるようにしたら、震源地の星マークがくうみさんの手描き地図とほぼ同じに見えましたよ。

  • 投稿者: NM
  • 2015/04/26(日) 15:22:40
  • [編集]

お早うございます、NMさん^^/
何度もコメントを有難うございます(笑)

「整理してみました 2008/05/30(金) 10:22:15」
http://aoiroenpitu.blog98.fc2.com/blog-entry-289.html

コレですね?7年前の記事ですね。・・・時間が経ち過ぎやない?^^;
確かにあれ以来ネパールには何事もなかったように思いますが・・・
ヒマラヤの神様が何か仰りたいのかも知れませんね・・・
身震いしたか・・・
まだ救出作業は続いています。一刻の猶予もなりません。日本も早く救助隊を出して頂きたい。緊急物資は2500万円分送ることを決定したみたいですけど・・・・え、2500万円?@@??とりあえずの処置ですよね??

フーガはおそらく仇名かコードネームだと思います。私もすぐに「風雅」と思い浮かんだんやけどね。内部を捜索しているこちら側の連中は国際色豊かに見えたので「国連」かと思いましたが・・・どうでしょう??

今、ロシアの「日本名」を必死で探してますんよ。すごく大変っす。(汗
サハリン?カムチャッカ?これに繋がるのはアレだな・・・しかしロシアとは繋がりがあってもドイツとは繋がらないぞ・・・とか。

シベリア抑留死亡者名簿。少な過ぎやおまへんか?もっと死亡者はいると思うんですけどね~?

  • 投稿者: coomi
  • 2015/04/27(月) 08:56:23
  • [編集]

抑留者名簿

こんにちは。公開されたのは読売新聞が入手した名簿だけで、正式な抑留者名簿はロシア政府から日本政府に既に渡されているそうです。埋葬された区画も明記されているものもあるそうですよ。早く里帰りさせてあげたいですね。

ネパール地震 次々と犠牲者が増えてきています。残念です。
日本からの救助隊の出発を昨夜のニュースで見ました。経験豊富な
日本隊ですからきっと活躍してくださるはずですね。

  • 投稿者: NM
  • 2015/04/27(月) 10:21:20
  • [編集]

何かの足しになれば

無関係だと思いますが、ロシアと日本の繋がりの話が載ってました。

http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2014_02_13/128686012/?slide-7

あと、現ロシアではないのですが、有名な話でウズベキスタンの日本兵が建てた劇場なんかもあります。

  • 投稿者: garu
  • 2015/04/27(月) 21:35:10
  • [編集]

Re: 抑留者名簿

こんにちは、NMさん^^/
昨夜はどうもです~。お蔭さまで例のアレ、だいぶマシになりました。まだまだ完治とは言えませんが、食事に気を付けたりお薬塗ったりでなんとか治したいと思います。
有難うございました(ぺこり!)

やはり英霊なんでしょうかね?ドイツのアウグスト2世とロシアの英霊は繋がらないように思うのですが、サハリンのアイヌ語なんか調べてみたりしています。
ドイツのアウグスト2世、ロシアのエカテリーナ2世?は繋がったですよ。でもその真意が不明・・・

ロシアって怖いんだか優しいんだか・・・リスト譲渡は大変有難いことですよね。英霊の遺族たちにも励みになると思います。有難う、ロシア!

もうすぐ72時間のネパール・・・日本から70名の救助隊員派遣決定。もう現場に着く頃かな?死者は2500人超えた。・・・たった一人の不明者も残すことなく救出して頂きたいものです。例えすでに死亡されていたとしても。
心から哀悼の意を・・・

  • 投稿者: coomi
  • 2015/04/28(火) 09:58:55
  • [編集]

Re: 何かの足しになれば

こんにちは、garuさん^^/

リンク先拝見しました。有難うございます。
ここ徳島でもドイツ兵と地元住民が仲良く協力し合って暮らしていた記録があり、今現在はドイツ村やドイツ館として鳴門に建てられています。日本で初めて「第九」が演奏された場所として有名です。ドイツ兵はみんな優しかった・・・地元民も優しかった・・・相乗効果でとても仲良く暮らすことが出来た・・・

ロシアでも日本兵は大人しく律儀で優しいと思われていたのですね。安心しました。
しかしシベリアは・・・涙。><。

あ~、やっぱり英霊関係なんかな~?
エカテリーナ2世とアウグストが繋がったんやけどね、意味がわからへんのよ~(涙

  • 投稿者: coomi
  • 2015/04/28(火) 09:59:38
  • [編集]

背中をみせること

こんにちは。Coomiさま、みなさまありがとうございます。

マイセンといえば私が意識を失って「おじい様神様」に出会った所です。
Coomiさんのつぶやきで近場のイメージで地震予告があったので気にしていたところ、ネパールであのような大地震。。。日本の救助隊が3日目にやっとたどり着けたようですが。。。
ネパールは仏教遍歴している時に友人と退職したら行こうね。って言ってた所。

神田様と同じ要介護3で、施設に預かってもらってちょうど2カ月目の姑が、若い頃から旅行が趣味で、そのおかげで海外にも行かせてもらっています。
キリスト教の聖地バチカン・エルサレムにも参りました。

次はロシア、ウズベキスタン、かな。ナボイの劇場は抑留された日本人兵の手になるものと聞いてからずっと行きたかったのだけれど関空経由だとお隣の空港を経由コースしか見つからず躊躇してました。成田経由でがんばろうか。
シベリア、カムチャッカもコースがありました。
今後は特に慰霊の心をこめた旅にしたいと思います。

NMさん、淡路島のことご心配いただきありがとうございます。注意が必要ですね。

Garuさん、大変でしたね。本当によく頑張ってらっしゃいます。うちも同じで来年33回忌になります。天使が幼い子供たちに生まれ変わってくるというお知らせを楽しみに受け止めさせていただきました。

「背中を見せること」の暗示をいただいたような気がして投稿させていただきました。ありがとうございます。

  • 投稿者: しま
  • 2015/04/29(水) 07:02:07
  • [編集]

Re: 背中をみせること

こんにちは、しまさん^^/

ネパール、魅力的な国だから一度訪れてみたいな~と思っていたのですが・・・こんなことになるなんて。80時間ぶりに救出された人がいらっしゃるとか。良かった。
日本からの救援隊も到着したんですね!良かった。救助隊員の皆様、どうかご無事で!

耳鳴りが(かなり強い)立て続けに3回したんですよ。「キーーーーン!・・・・キーーーーーン!!・・・・キーーーーーーーーーン!!!」
だから地震かな?と思って呟きました。日本だと思ったんですけどね・・・

しまさん、あの国ではトランジットも旅行客にカウントされるらしいですよ。
私はトランジットでも行きたくないです。あの国には頭と両手がないあの黒い化け物がいますからね。不気味な国やと思います。頭が無いのに体はドスンドスン!と動いてる(笑)

ギリシャのミコノス島とかクレタ島に行きたいと思ったんですが、今の情勢は無理かな?
とは言ってもせいぜい1泊2日しか時間が取れない我が家・・・トホホ。

そんかわり、瀬戸内海のクレタ島・小豆島に一泊して来ます。来月ね。
アテクシ、小豆島で充分でつ。温泉じっくり浸かってテニス肘な~おれ~!なんっちて。(笑)

  • 投稿者: coomi
  • 2015/04/29(水) 13:53:46
  • [編集]

お身体よくなられますように

Coomiさん、肘の痛さをこらえてのお心のこもったお返事ありがとうございました。
6日に日本のエーゲ海、小豆島で静養されるのですね。
お疲れ様でした。ご主人さまとゆっくり楽しむことができるといいですね。
オリーブの島、まだ私行ったことないのです。毎日お向かいの島として眺めているのですが。いつか伺いたいと思っています。
あら、勝手に画面が変わったのでびっくり。
お参りする神社を探してるということに気付きました。失礼しました。

中古とはいえまだ購入して1年ほどなのにパソコンのエンターキーのカバーがはずれてしまって、文字があっち飛びこっち飛びしてまい大変です。
消えないうちに送信せねば、という思いで前の投稿も変な文章のままで失礼しました。(パソコンのせいばかりでもないかな)今回も同じ状態です。
また月末で仕事があり、お返事遅くなりました。すみませんでした。
ついでに書かせていただきますね。

次々新しい記事の更新、ご苦労さまです。coomiさんもネパール訪れたかったのですね。5日ぶりに救助された方もいらしたようでホッとします。
皆様の投稿を含めてじっくり読ませていただいていました。
いろいろ地球の異変が心配ではありますけれど、先日の安倍総理のアメリカでの演説、内容が本当によかったですね。あちらの国々を牽制できたし、新しい政治的秩序の始まりだということを宣言した、という「ねずさんのひとりごと」のご意見が新鮮にうつりました。
そうそうあちらの国関連のことご注意いただきありがとうございました。危うきに近寄らずですね。

Coomiさんと初めて掲示板で出会った頃、話題にのぼった予知、予告、予言を目の当たりにするようになりました。別の記事で、もうすぐ5月5日、5つの岩戸が開かれて何か新しい動きがあるという神田様の投稿を拝見しまして嬉しく思いました。きっといいことですね。神田様もお疲れ様でした。ありがとうございます。日本の神々様のお出ましをいただいてこれからも前途多難な安倍総理の後押しを願いたいです。今が大事と感じますので彼しかいない。

自分の投稿に関してはちょっと具体的表現が気にはなりますがこれで良かったと思いたいです。これからも「青色えんぴつ」直感で読み取らせていただきますね。

何か目には見えないけれどふわ~っとしたものに包まれたような感覚、久しぶりに味わいました。たまらないのですよね。
頭の中で神様仏様を介してお話しているような感じで幸せ感満載の何日間かでした。出会う人そのタイミングがなんとも抜群で。。
ある時、フト時計をみると銀行の閉店間際、おっといけない、冷や汗かきながら我に返ったのでした。
3,5次元から3次元に戻ったかんじです。
いつもの暮らしに戻りました。皆様どうもありがとうございました。

追記:そうそう、Coomiさん! いつかこの「青色えんぴつ」御本になさることがあると思います。先行予約ですね。10冊予約したいと思いますのでその節はよろしくお願いいたします。では失礼いたします。(笑)

  • 投稿者: しま
  • 2015/05/03(日) 05:34:41
  • [編集]

Re: お身体よくなられますように

こんにちは、しまさん^^/
しまさんも最早ここの常連さんでつね(笑)

しまさんの所から小豆島が見えるんですね!素晴らしいロケーションじゃないですか!
最初は主人が温泉にゆっくり浸かりたいと言うので主人がお気に入りの有馬温泉にしょうかと話していたのですが、GWは満杯だろうということで断念。あまり遠くに行くのは疲れるからと近場を探してたら小豆島が・・・
淡路島でも良かったのですが、何度も訪れたのでまだ行った事がなかった小豆島に決定しました。初めての訪問です。近いのに行ったことがないよね~と主人と話しました(笑)

淡路島といえばイザナギ様からのお呼びがないのはどうしてでせう?(汗
呼ばれたらすぐにでも参りますのにね。近いし。
まだイザナミ様の世界が終わってないのでしょう。

しまさんは時々あちら側に行かれることがあるから(笑)気を付けてね。
あんまり行き過ぎると帰ってこられなくなりますよ!天国は心地良すぎますからね!(笑)

新しい動きは神々様の御力発揮だと思うのですが・・・どうでしょう?
安倍さんを背後から強力に御守り下さるようお願い致します(v人v)
7月本番が近いですからね。皆様も心を引き締めて対応なさいますように。・・・

このブログは本には出来ませんよ、きっと。ただの夢見の記録ですしおすし。(笑)
本を書くことが出来るのはここにコメント下さる方々です。皆様優秀ですからね。私はいつも「ほえ~!@@」と驚いてます。よく御存知やな~と。
ホンマ、皆様にはよく教えて頂いているので感謝、感謝です(^人^)

  • 投稿者: coomi
  • 2015/05/03(日) 12:29:29
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する