六角堂と梛・隼神社だぎゃ!・その1

  • 2015/04/11(土) 21:41:26


皆様こんにちはん。(いや、こんばんはん♪)
京都から帰って来てあまり体調がすぐれず、ちょこちょこと横になって寝ておりました。血圧が上がってたり下痢ピーちゃんだったり・・・もうそろそろあの世へ御呼出し?と思っていましたら、あることに気付きました。

あっ!長いこと栄養剤切らしてたんだ!飲んでない!

急ぎ買いに走り今日からまた飲んでます。キューピーちゃん。(笑)
これでどうぞ回復しますように・・・(―人―;
考えてみますと、ここのブログ始めてもう8年になるんですよね。年取るはずだ~・・・(__)~◎


さて、京都霊明神社で神主様に伺いした京都の中心、六角堂。


六角堂(頂法寺) 
rokkakudo.jpg(wikiより)


聖徳太子創建、生け花発祥の地 紫雲山 頂法寺
http://www.ikenobo.jp/rokkakudo/

“六角堂の東門を入ったところの敷石の中央に、奇妙な形をした石があります。円い穴があいており、これを「へそ石」、あるいは「本堂古跡の石」といいます。もとは門前の六角通りにあったのを、明治のはじめに、ここに移したものですが、かつてここが京都の中心地だったので『へそ石』と呼ばれました。惜しいことに寺は創建されて以来、しばしば火災にあい、現在の建物は明治初期の再建ですが、寺地は往古のままで、「へそ石」は発展した京都の中心として、今でも古都と華道の要となっています。“


ツイッターにてgaruさんとお話して教えて頂いたのですが、京都は平安京以来から色々と随分と変化してきたのですね。六角堂には「ヘソ石」があると教えて頂き、しかし平安京当時の中心とはズレているようですとも教えて頂きました。
もう一度平安京地図と現在の京都地図を照らし合わせてみますと、やはり随分とズレています。平安京地図では六角堂は同じ場所にありましたが・・・

やはり「梛・隼神社」ではないか?ということでした。NMさんもこれに賛成の一票。
あと、神社との繋がりを言えば「六角」出雲の御神紋だということしか思い浮かばないとのこと・・・ふむ。出雲か。・・・

昔の繁華街の中央が六角堂ではなかったか?と思うのですが・・・
「昔は神社やったんやで!」という神主様のお言葉が引っかかるのですが、今のところその意味が不明です。現地へ向かい、その辺をぶらつくしか手はなさそうです。
しっかし池坊、でっかいビルやな!六角堂が隠れてしまうではないか・・・!(笑)

で、地理的に見た中心はどこか?と再度調べました。と言うか以前に必死で調べたことがあったのを思い出しましたん。それ、乗っけます。


「やっと見つけた 2011/04/07(木) 03:44:08」

「私にとっては驚愕の事実 その1 2011/04/07(木) 17:23:31」



詳しくは上記の記事を読んで頂ければ分かり易いと思いますが、再度ここに地図を掲載しておきます。(実際の夢日記写真も掲載しておりました)

heiankyo_20150411212302a5c.jpg
(当時の平安京地図)

senbon_201504112130465c6.jpg
(現在の千本通。ここら辺に朱雀門、大極殿跡地がありますね)

heiankyo_cs_20150411213144c33.jpg
(平安京元地図に四方からバッテン入れてみた。クロスする所が中央。壬生寺のすぐ北になりますね)


次に自分が辿った足跡を繋ぎ、四神と謂われる重要拠点を繋いでみました。

八坂神社  松尾大社  東寺(羅城門)  上賀茂神社
(青龍)    (白虎)     (朱雀)      (玄武)


青い線は城南宮・船岡山緑の線は東寺(羅城門付近)・上賀茂神社。赤い線が八坂神社と松尾大社。(八坂は違うと思いますけど・・・)


sisin_201504112135226be.jpg
(赤と青がクロスする地点近くにやはり壬生寺があります)


千本通四条通の中央辺りが平安京中央。手元にある平安京と現在の地図をこれと照らし合わせてみますと、壬生寺のやや北側が中央で(朱雀大路の角)、あの「梛・隼神社」が中央にあったとわかります。
地理的中央は「梛・隼神社」であると思われます。やはり間違いないですね。


sisin2_20150411214019d0a.jpg







  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する