マリー・テレーズシャルロット・ド・フランスって美味しそうなお名前ですね

  • 2015/03/22(日) 14:40:59


皆様こんにちは。

「湯沢だったけど今度はフランスも? 2015/03/20(金) 15:52:41」 

で書いたお城にいた金髪巻き毛のシルクドレスの女の子を探しました。きっとヨーロッパフランスの古き絵画集の中にいると思い、あれやこれや見てこの子だと感じた女の子がいました。

その名はマリー・テレーズ・シャルロット・ド・フランス。


マリー・テレーズ・シャルロット・ド・フランス


父親はルイ16世、母親はマリー・アントワネット。断頭台の露と消えた二人です。
最初は有名な絵画、マルガリータ・テレサかと思ったんだけど違うと思いました。ドレスが全然違う・・・彼女はローマ皇帝の妃でありスペイン生まれでしたしね。


マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ

Margarita.jpg



・・・・・・・・・・・
何かこう、もっと柔らかい衣装でシルクを着ているフランスという感覚があったので、フランスと言えばフランス革命・ナポレオンと通常は思い出しますよね。で、フランス革命に焦点を当てれば最も有名なのがアントワネット。
彼女の肖像画から「娘」それから「親戚筋」を当たりました。
そこで画像に出て来たのがコレ↓

Marie_Antoinette-children-1785-6-Wertmuller.jpg
母マリーアントワネットと共に(wikiより拝借)

あ~、この子だわ~・・・・そうそう、こんな感じ。そこでマリー・アントワネットの長女、マリー・テレーズ・シャルロット・ド・フランスを調べてみると・・・

Madame_Royale1.jpg
(wikiより拝借)


マリー・テレーズ・シャルロット・ド・フランス




ドンピシャ!
シルクの柔らかい白いドレス、シルクの薄い青?のリボン帯!
あ~、この子だわ~・・・・間違いない。

肖像画でのポーズはこっちを向いて直立してたけどね。


誰であったかと探してわかったのはわかったのですが、肖像画の背後に黒のマントを着た男性の姿も薄っすらと感じていたのでナポレオン?と。ハッキリ見えなかったので推測ですが、彼女の父親ではないと思いました。ルイ16世は白いマントですからね。・・・はて?もしかしてナポレオンの娘はどんなだったか?とまた探してみると娘は黒髪でした。両親ともに黒髪やもんね。やっぱり違う・・・やはりアントワネットの娘だ・・・


ここで問題だったのは「昔はこんな時代もあったのよ」と呟く声と背後の黒マントはナポレオンだったか?ということ。
確かに王女として生まれ、弟妹も生まれ、幸福の絶頂だったはず。何不自由なく暮らしていたいたところにフランス革命勃発。幽閉、そして両親はギロチン処刑、弟は行方不明になりたった一人で幽閉生活を送らされた・・・チュイルリー宮殿。

ブルボン王朝が失脚し、次いで頭角を現したのがナポレオン・ボナパルト。
彼はフランスの皇帝となり一時代を築きます。


ナポレオン・ボナパルト

Napoleon_on_his_Imperial_throne.jpg
(wikiより拝借)


長くなるので割愛しますと、マリーはオーストリアウイーン、ワルシャワ、クールラント、ワルシャワ、クールラント、イギリスと長きに渡る逃亡生活を送り、ナポレオンのロシア遠征敗戦をきっかけに1814年にフランスへ帰国。同じく1814年にはナポレオン軍は四方八方を反ナポレオン軍に取り囲まれわずか7万の手勢で無理な戦いに挑み敗れました。そしてナポレオンはエルバ島へ追放されるのでした。


そして王政復古。ブルボン王朝の復興を迎えます。



このときナポレオンは
“ローマ王だった実子ナポレオン2世を後継者として望んだが、同盟国側に認められず、また元フランス軍人であり次期スウェーデン王に推戴されていたベルナドットもフランス王位を望んだが、フランス側の反発で砕かれ、紆余曲折の末、ブルボン家が後継に選ばれた(王政復古)。
と、望まない展開で失脚します。


1815年、エルバ島から帰還した(脱出)ナポレオンは再度フランスを手に入れるため復位します。この頃のマリーは反ナポレオンの挙兵演説を行ったりしていました。完全にナポレオンを忌み嫌っていたのでしょう。チュイルリー宮殿にあるナポレオンが刻んだNの文字、蜜蜂と鷲の装飾をすべて取り払うよう命じたりもしていたらしいですね。あんなに嫌いだったチュイルリー宮殿でもナポレオンの痕跡があれば速攻で削り取るほどです。
そしてナポレオンはプロイセンのワーテルローの戦いで完敗し、復位も幕を閉じることとなります。これが「百日天下」



そして再び失脚したナポレオンはセントヘレナ島に幽閉され、1821年に失意のまま死去します。



マリーはそれでも相変わらずナポレオンを恨み続けました。超王党派となり、完全な王権制度を望んだとあります。かなり無慈悲な「白色テロ」を先導したりもしました。


白色テロ
 
「白色」とはフランス王国の王権の象徴であった白百合に由来しており、フランスでは白色(白旗)は王権または王党派を意味する色であった。転じて、フランス以外でも治世者を全般をさす色とされ、イランの白色革命などの用法がある。白色テロは、元来はフランス革命中の1794年から1795年にかけて、ふくろう党が行ったテロ行為、または極右に転向したテルミドール派による左派(ジャコバン派またはモンターニュ派)への弾圧、あるいはフランス復古王政期の超王党派(ユルトラ)による国王弑逆者である共和派への報復や、ブリュヌ元帥やラメル元議員の暗殺などを指して、形容した言葉であった。転じて反革命側(右派)の革命側(左派)に対する、もしくは為政者(保守派)の反体制側(革新派)に対する弾圧を意味するようになったが、特に20世紀には 社会主義者と共産主義者(およびその疑いがある人物)に対する厳しい弾圧を表すのにも用いられた。”



マリー・テレーズであろうあの女の子の呟いた声には怒りも少し含まれていたと思います。少し声が曇っていましたからね。笑顔もありませんでした。背後に見えたあの黒いマントを着た男性の姿はやはりナポレオンだったのでしょう。おそらく彼女の呪縛はまだまだ解かれていないのだと思います。私と一緒に肖像画をじっと見ていたのは、自分の姿ではなく背後に立つナポレオンを見つめていたのでしょう。



マリーがなぜこんなにナポレオンを恨むのか?
反王室の有力者ロベスピエール等と親交があったこと、革命において亡命した貴族士官の空いたポストにすんなり入ったこと、王党派鎮圧で活躍したカルトー将軍の傘下にいたこと、王党派の蜂起ヴァンデミエールの反乱が起こったとき指揮を任され、やがて国内軍司令官という地位を手に入れ「ヴァンデミエール将軍」の異名をとったことなどが挙げられるのでしょうか?



何故こんな夢、つまり私の夢の中にマリー・テレーズやナポレオンが出てくるのか?

フランスの現状を踏まえて将来を危惧していると同時に、怒りの矛先はフランス政府に向かうという警告なのかも知れません。経済的苦境、原子力問題、移民問題とフランス政府には問題が山積みです。
今現在のフランス政府は昔の栄華を誇る時代はしばらくやってこないと暗に匂わせているような気がします。それを自分は貴女に教えると。皆さんに伝えろと。・・・かな?
彼女はフランスの現政府をナポレオンに見たてているのだろうと思います。
他にもナポレオンに嫁いだマリア・ルイーザ (パルマ女公)に衝撃を受けたお話とかありますけどね。ややこしくてわからんようになってきた。明日になったら忘れてそう・・・w




そうそう、NMさんがメールで教えて下さったことも関係しています。

2015.3.21 20:22更新
ナポレオンの行進を再現 パリ再入城200年

http://www.sankei.com/world/news/150321/wor1503210043-n1.html


“フランス皇帝の地位を追われ地中海のエルバ島に流されていたナポレオンが島を脱出してパリへ再入城してから今年で200年となることを記念する式典が20日、パリのルーブル美術館前にある公園で開催され、当時の騎兵行進が再現された。
(中略)
集まった約500人の観衆から「皇帝万歳」の歓声が上がった。最後にはフランス国歌が演奏された。
(中略)
式典を主催した「ナポレオン歴史協会」のアラン・ピジェアール会長(67)は「フランス人はもっとナポレオンを評価しないといけない」と話した。観客のジャン・フィリップさん(42)は「ナポレオンは今のわれわれに欠けている勇敢さを体現している」と話した。(共同)“


wor1503210043-p1.jpg



あ~、こりゃマリー・テレーズ元王女が怒るわ。これもあって出現されたんやね。納得。




  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

原発かも。ザッハトルテも

こんにちは。
いつものように、とりあえずメールをちまちまと送っておきました。
マリーテレーズ、ナポレオン。
フランスで肖像画が残っている王女なら、流転の人生を送ったマリーテレーズが有名ですからね。フランス革命とナポレオンに人生を翻弄された王女。今年はフランスではナポレオン関連の行事があるらしいですね。

なんで王女が出てきたのかな?と記事を読み直してたら、蜘蛛の巣が張ったお城 で頭に浮かびました。老朽化した原発。危ないと。

「揺らぎ始めた 原発大国フランス」2015・01・08
ハフィントンポストの記事をみつけました。「フランス電力会社」は仏政府が大株主の欧州最大の電力会社。フランスの原発依存度は75%、しかし福島原発事故の後、世論は脱原発へと流れ、現大統領は縮原発を公約にして当選。老朽原発の閉鎖を進めようとしているけれども、いろいろややこしくなっているようです。欧州で太陽光発電が増えてきているのも痛手。

老朽原発の代表格のフェッハイム原発はドイツとスイスの国境に近く、地震のリスクが高いために閉鎖を望む声が大きいようですが、安全と判断して稼動を10年延長しています。怖いな。

昨年、フランスの原発の上空を無人機が飛ぶ事件が連発していました。オカさんが書いてましたね。もしかしたらテロリストの標的になるのかもしれません。原発がやられたら、農業国のフランスには輸出できなくなり痛手ですね。

ナポレオンが政権を握っていた頃のフランスは、ロシアとオスマントルコの支配下のギリシャ以外のヨーロッパのほとんどを衛星国、同盟国として支配下においていました。マリーテレーズが言ったのはこのことでしょう。それが今では力をなくして、いろんな問題が起きている。風刺漫画でテロリストに喧嘩を売ってしまって、テロの危険度が高まっているから、心配なんでしょうね。

ナポレオンが失脚した後のヨーロッパをどうするかの会議がウィーン会議。くうみさん、おいしそうな名前やけど、ザッハトルテを思い出してね。ここに繋がってたんやと思いました。やっぱりロシアが出てくるね。

雷が凄いわ;;

  • 投稿者: NM
  • 2015/03/22(日) 16:50:08
  • [編集]

乳頭温泉事故について

あの事故の現場検証の記事を読みました。
10年前の湯沢市の事故の後に、安全のために作られた規則が守られていなかったようです。硫化水素の測定器を携行してチェックしながら作業する。ガスマスクを使用する。どちらも現場には無かったそうです。規則があっても、きっと大丈夫だろうと次第に守らなくなるのが人間。警察消防が現場に到着したら、測定器の針が振り切れて警報音が鳴ったそうです。もし持参していたら防げた事故。

震災後に火山活動が活発化しているで「全国の関係者は要注意、規則遵守」と尊い命を犠牲に警告されたのでしょうね。残念です。ご冥福をお祈りします。

  • 投稿者: NM
  • 2015/03/22(日) 17:04:38
  • [編集]

Re: 原発かも。ザッハトルテも

こんにちは、NMさん^^/
コメント有難うございます(ぺこり!)

雷鳴ってたんですか?>京都
春の嵐かな?4月初めに京都行くんやけど桜シーズンだったことを忘れてた(;;)出来るだけ混雑時は避けるようにしていたのにバスも地下鉄もイモ洗い状態かな?(泣)
アカンわ。やっぱりこの世の自分はぼけ~っとしてるわ。あの世界の自分が指導に来るのも頷けるわ。

昨日買い出しに行ってたけど「玄関開けたら二秒でくしゃみ」
何や、「花粉症です」と言ってた自分、ようわかってるやんか。鼻水と気管支ゴロゴロが何週間も治らん。頭痛も出て来た。風邪薬飲んでもいっこうに治らん。今日はいつもの先生のとこ行ってくるね。たぶんホンマに花粉症やと思うわ。お薬貰って来るわ。

予定通り、その方面の記事書きますね(難しいけど)(誰か助けてくり~!)(笑)

  • 投稿者: coomi
  • 2015/03/23(月) 09:34:23
  • [編集]

抜けてた

こんにちは。コメントを読み返したら抜けてました。
フランスのドイツスイス国境に近い老朽原発は「フェッセンハイム原発」 フランスが領土最大の時に「ロシアとオスマントルコ支配下にあったギリシャとイギリス以外の」と書いたつもりが「イギリス」が抜けてました。慌てて書いて見直してなかった。

ウィキペディアによると、プーチン大統領の尊敬する人物の中にナポレオンがありました。やはり世界征服の野望あるのかな。

桜の時期の京都は^^;なにせ日本だけではなく世界中から観光客が来ますからね。八坂神社 円山公園の有名なしだれ桜のライトアップをずいぶん昔に三度ばかり見に行きましたが、超満員でした。カメラを手に夜桜撮影しましたが、人の頭と手が邪魔で、風情なんて消し飛んでいました(笑)今はもっと凄そうですね。

バス、地下鉄 混雑覚悟で行ってくださいね。歩きやすい靴でないと車中で押されたら危ないよ。混んでて降りられへんのが一番困るしね。私は背が低いので満員だと酸欠になりそうです。

  • 投稿者: NM
  • 2015/03/24(火) 11:23:46
  • [編集]

Re: 抜けてた

こんにちは、NMさん^^/
いつもお世話になります。
記事UPしましたよ。結局NMさんのコメントを貼り付けて楽しましたが(笑)

そうでしたか、プーチンはナポレオンを尊敬・・・顔が似てるなと思いましたよ。似た者同士やね。顔が似ると性格も似るんかいな?

はい、主人と京都行ったときに経験済みですが、足がバスのギュウギュウ詰めの中で浮きましたよ。苦しかった・・・
いつもはシーズン時ははずしていたのについうっかり(笑)
はい、仕方がないんで覚悟して行って参ります(・-・ゞ

  • 投稿者: coomi
  • 2015/03/25(水) 10:35:28
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する