スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何でもない夢ばかりで良かったの!

  • 2015/01/09(金) 12:04:04


皆様こんにちは。そろそろバレンタインデーギフトの時期がやって参りました。
働く側の我々には地獄(ry・・・・











?? (?´・ω・`) ???

パイロット(機長)の夢は日本人の真面目な性格を表しているのかな?
仕事、使命に対する責任感だろうか?それを感じたのですが・・・
飛行機事故?いやいや、ちょっとしたトラブルはあるかも知れませんが無事に飛行場に到着して乗客を降ろしたって感じがします。最後に機長が降りましたから皆が無事です。
最後の乗客は点滴していたので病人もいたのかも知れません。機長は病人に付き添って一緒に降りてました。

「私は彼?彼女?と最後に降りるからみんな先に降りて下さい」



う~ん、武家?武家の若者が母親に贈り物をする際の御礼の手紙?
武家なら知識もあるだろうし字を書けるのは当たり前なんだけど・・・

考えてみたら江戸時代の人間が現代の封筒に宛名を書くことはできないかも知れませんね。だから私にお願いしたのかも知れません。
誰やろ?「ヨシトキ」?「ヨシ〇〇」??「ヨシタキ」??
姓名の名だと思いましたが・・・探したけどわからず。
誰が来たんやろね?
若奥様もいてます。お母様若奥様も美人です。



ねぎ!安い!
働く職場?でネギがたくさん売れた。
値札のシールは「081」円?何で頭に「0」が付いてんねん?(?´・ω・`)

いや、考えようによっては「801」(やおい)でなくて良かったかも(笑)
いやいやいや・・・(笑)




  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

くうみさま、いつもありがとうございます!
今年もよろしくお願い致します。
武士の記事、(顔が命の~よ~し~と~く~♪)って思ったのは、私だけでしょうか…
バレンタイン商戦、お身体お大切に、頑張ってください!

  • 投稿者: 通りすがり⭐
  • 2015/01/11(日) 16:25:14
  • [編集]

阪神淡路大震災から20年

こんにちは。どれも安心できそうな夢でよかった。読んでも何もうかばなかったから大丈夫でしょう。ケインさんみたいに081でミニロト買えば当たったかな。

801て、私も「風と木の詩」「トーマの心臓」をリアルタイムで読んだ世代です。友達は同人誌で漫画描いてて、コミケの最初から参加してた。もしかしてくうみさんもああいうの描いてたの^^;

阪神淡路の震災から20年。テレビでも関連番組が時々予告されてますね。「しあわせ運べるように」の歌を聴くと、あの日の事を思い出します。涙が出ます。あの地震があったから私はこのブログにたどり着きました。くうみさんには最初に説明しましたね。長いので興味ない方は、とばしてください。

1994年6月28日、京都府中部で40年ぶりの震度4の地震が発生しました。私は京都市内の病院に入院中でした。
前日の夕方に空が紫色になりました。小学校高学年から天文好きで空ばかり見ていた私は、経験上、近々大きめの地震が来ると感じたので6人部屋の仲間に地震が近いよ、と告げました。

翌日の昼前に激しい揺れがきました。6階だったのでかなりの揺れでした。その時、私の頭の中に守護霊さんらしき方の声がしました。

「これは予行演習・・・本番はこんなものではない・・・
心しておきなさい」

小さい頃から何度も助けていただいてる「声」なんですが、いつもは「右」「行くな」「戻れ」「危ない」など短い言葉しか聞いた記憶がなくて、途切れ途切れながらも初めて会話文で話しかけられました。まずそれに驚き、「この地震も、かなりの揺れやのに、これが予行演習なんてどんな地震なんですか・・・」と問いかけたものの、返事はありませんでした。

当時妊娠して入院中で、歩くのもトイレまでと厳しく言われていてベッドに監禁状態でしたので、変な人だと思われても後々困るので、誰にも話さなかったものの、常に頭の隅にあの言葉がありました。

1995年1月15日だったはずです。一ヶ月半前に出産して退院した私は、枚方市の夫の実家にいました。その日、娘を抱いて義父と散歩に行きました。1月だというのに暖かくて
「なんか地震が来そうな暖かさですね」と義父に言いました。
「ほんまやな。気持ち悪いぬくさやな。そういえば戦時中に起きた南海地震の時も、たしか12月やのに奇妙にぬくかったわ」と、義父は私の知らない地震の話をしてくれました。

その地震の起きた頃、義父は地元の淡路島で働いていて、地震で壊れた家や倒れた墓石をたくさん見たそうです。戦争中なので極秘扱いだったのだと教えてくれました。

帰り道に、近所の犬たちが最近怯えた声で鳴き続けているなのは何故なのかと義父に話していました。夜も遠吠えするので娘までつられて泣いて困っていました。おそらく犬達には大地のうなりが聞こえていたのでしょう。

1月17日 娘に授乳してオムツを替えて布団に潜り込んだ直後、激しい揺れがきました。夢かと思いました。現実だとわかって、ベビーベッドの上に泣きながら覆いかぶさりました。「これが本番なんですね」返事はありませんでした。その時に思い出したのが昔「MU」で読んだ誰かの予言でした。たしか聖母マリアのメッセージ。

「日本がこのまま間違った道を歩み続けるならば、今回の犠牲者(日航機御巣鷹山)の10倍の命が一瞬にして失われるでしょう」

まさかそんな事は無いはずと思いました。しかし現実はそうなりました。余震が続く中で、あの警告を誰かに話していたら少しは気にかける人がいたかもしれないと悔やみましたが、当時は今のようにネットも普及せず、呼びかける方法もありませんでした。もちろん私も動けない身でした。

精神的ショックで母乳が出なくなりました。燃える神戸の炎が雲を赤く照らすのが遠くにぼんやりと窓から見えて、その方向に向けて京都の宇治から救援に行く自衛隊のヘリが飛んでいきました。「一人でも多く助けてあげて」と、それを見送りながら娘を抱いて泣いていました。夫の両親が淡路島出身なので、親類知人が淡路島と神戸周辺にたくさん住んでいたので心配でしたが、家屋の被害はありましたが、どなたも軽い怪我程度ですみました。

その後は子育てと病気で余裕がなく、2010年になって、ようやくネットを使うようになると、あの時の悔しい思いを繰り返したくなくて、神様からの伝言を知らせている人を探し始めました。ランキングを見て愛上王さんを知り、そしてようやくこのブログにたどり着いたのです。20年近くかかってしまいましたが。

ですから松原氏のように震災を利用して稼ぎ、あたかも神様とつながっているように見せかける商売人は許せません。

東日本の震災についても、ある方から大きな地震が来るかもという情報がありましたので拡散してほしいと連絡しましたが、結局公開されませんでした。残念に思い、もし次に同じような情報があれば必ず公開してとお願いしています。

被災者でもない私が震災の事を書くのは、被災されたりお身内を亡くされた読者の方々に対して失礼かと思いましたが、お手伝いしている理由が震災にあった事をお伝えしたくて長々書かせていただきました

震災の犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。














  • 投稿者: NM
  • 2015/01/12(月) 16:33:23
  • [編集]

Re: タイトルなし

通りすがり☆さん、こんにちは!^^/
こちらこそ宜しくお願い致します(ぺこり!)

ああ、ひな人形でしたか・・・よしとくって誰?と思ってしまいました。てへ。
こちらは人形の久月のほうが知られているんかな?
(にんぎょうの~きゅうげつ~♪)
吉徳も江戸時代創立ですね。夢の背景は江戸時代でしたからもしかしたら関係あるのかも知れませんね。母思いの立派な青年武士でしたよ。奥様も美人だしお母様も美人。
羨ましいこってす(笑)

  • 投稿者: coomi
  • 2015/01/14(水) 14:17:52
  • [編集]

Re: 今年もよろしくお願いいたします

こんにちは、神田さん!^^/
こちらこそ宜しくお願いいたします(ぺこり!)

ページを見てみましたら「もののふ」と「もののべ」を関連付けているのですね。諸説あると思いますけど、やはりここは平家を思い出します。・・・・いや、話がズレてしまいましたね。

空の巻 第14帖では十柱の神を大事に祀れと書いてあるのですが、果たしてそれだけかな?と思います。もっと隠れた神々を出さねばならないように思うのですが。それが岩戸開けになるのでしょうね。
「081」も「180」の逆さ読みかも知れません。唐突に値段(数字)が見えましたから。よくあるのですよ、あの方々が教えて下さることは煙幕からヒョイと手を出してくるみたいなものですから意味を探るのは大仕事です。でも何でネギなんだろう?(^^;
とにかく、今は心穏やかです。お仕事は忙しいのですが平穏です。しばらくは平穏でいられそうですね。世界では色々な事が起こってますが・・・

身体はテニス肘も酷いのでお仕事のポジションを変えて頂こうかな?とか考えてます。重い荷物は持てなくなりましたから・・・私個人の悩みですが(笑)

パイロット(機長)は一旦どこかに避難したのか目的地に到着したのか・・・
でも人民は無事です。これだけはわかります。立派な機長の誘導で安心してました。

しかし今後はわかりません。神田さんの仰る通り、おんぶにだっこ状態の方はご苦労されるかも知れませんね。

  • 投稿者: coomi
  • 2015/01/14(水) 14:19:56
  • [編集]

Re: 阪神淡路大震災から20年

こんにちは、NMさん!^^/

ご苦労されたのは知っていますが、ここに辿り着く方々は少ないです。その方々の中でも珍しく確たる意志を持って来られたのはNMさんだけかも知れません。感謝致します。

今現在はお知らせがあると言えば「日本が変わる」かも知れないということだけですが、今までのようにかの国のような小さな国にまで馬鹿にされる日本であってはならないと思いますので、良い夢見だと感じています。
震災にも負けず皆様は立って歩こうとされております。日本人は強いですね。
あの阪神淡路大震災では徳島は震度4でしたが、鳴門方面は家が潰れた場所もあります。幸い死者はいなかったと記憶していますが・・・徳島市内の古い私の家も震度4でしたが大丈夫でした。近所のお店のガラスが割れたくらいしか記憶ありません。
阪神淡路、東北大震災で被害を被られた方々、また大切な御家族を亡くされた方々にはお見舞いと共にご冥福をお祈りいたします。

100名くらい?の御魂をお送りしましたが、皆様があの世でお幸せに暮らして下さると嬉しいのですが・・・
あの若い女性、はしゃいだ男の子、仕事着姿のおじさん・・・とても印象に残ってます。きっと美しい御魂の集団だったと思います。伝えましたよとブログに書いたことありました。「わしらはあの世に逝って見守っていくから心配するなと伝えてくれ」とおじさんの言葉を書いたと思います。男の子は若い女性に手を繋いでもらって嬉しそうでした。
きっと一人で逝くのは寂しいし、不安だったから女性が面倒を見てくれたのでしょうね。

震災を踏み台にした人は許せません。それもお金儲けに繋げるなんてね。
いつか痛い目に合います。あの臭い臭い黒い集団に飲み込まれるでしょう。ご自分からその霊団に入って行ったのだから救いようがありません。最早手遅れかも知れませんね。

追伸:801は書いたことありませんよ。男の子が主人公はよくありますけどね。私、前世は男だったかも知れません。男の気持ちは全く分からないこともないです(^^;
女としての色気もないし(笑)

  • 投稿者: coomi
  • 2015/01/14(水) 14:21:35
  • [編集]

はじめまして

はじめまして(*^_^*)
他ブログよりご縁をいただき、興味深く読ませていただいております。

上の武士の夢の記事を読んだとき思わずにやけて、そのあと有難くて涙がでてきました。
すぐにコメントをと思いましたが、ちょっと待てよという思いとお母様が美人っていうところがひっかかり(^_^;) いや、自分ではまんざらでもないと思っているのですが、さすがにねぇ。

で、今日久しぶりにこの記事を読み返しましたが、もう読む前から目頭が熱くなり、思い切ってコメントさせていただくことにしました。

たくさん書きたいことはあるのですが、書いちゃダメなような。何しろ初心者なもので、むずかしス(-_-;)
なんだか最初からなれなれしくてごめんなさい。

更新楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いいたします。







  • 投稿者: ばけこちゃん
  • 2015/02/19(木) 12:41:50
  • [編集]

Re: はじめまして

初めまして、ばけこちゃん^^/
遠路はるばるblog界の僻地、「青色えんぴつ」へようこそおいでませ!

武士の夢は心が暖かくなるような夢でした。テレながら書いてとねだる若者・・・心が和みますね。
もしかしたらばけこちゃんは息子さんが?
おそらく可愛いお子様でしょうね。察するに、わが身に照らして感じられたのですね?
それならばそれで大変素晴らしいことです。私もお役に立つことが出来たということで、私も嬉しくなりました。

いえいえ、ばけこちゃんも美人さんではないかしら?アテクシとは違い、すっきりした美人なお母様だと思います。

いえいえ、馴れ馴れしいことはちっともありませんからね。元はコメディ漫画を描いていた人ですから大丈夫ですよ!(笑)

今後とも宜しくお願い致します(ぺこりん!)

  • 投稿者: coomi
  • 2015/02/20(金) 10:29:54
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。