スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夢は主様

  • 2015/01/05(月) 09:17:07


皆様、明けましておめでとうございます!^^/
今頃かい?いえいえ、まだ松の内。まだ初詣にも行ってませんもん。忙しすぎて(笑)






これが初夢です。

******************************************************************

2015/1/3

~ビジョン?声?~


神々? 世界の神々様が集まる

頭上には 眩い光が差している 神々様を照らしている

広々とした 神殿?の大広間のようなところ

(声?) 「主が来られる(?)・・・」


皆のところに行こう・・・

(声) 「君は警護だよ」


誰かが私の両肩を支えながら 場所を教える

ハッとして 「あ そうか わかりました」

神殿?の柱の陰に隠れ 立った

私はここで守り抜く・・・


     (意識覚醒)

******************************************************************


姿はおぼろげであまり見えないけれど、あれは神々様だったと思います。
果たして集まって何をしていらっしゃったのか・・・
普通の男性のようにスーツ姿で輝く頭上の光を見上げている男性もいました。西洋人みたいでしたね。彼だけは見えました。
手にシャンパングラス?を持っていたように思いますので、新年のご挨拶に皆々様がお集まりになったのかと思うのですが・・・

「君は警護だよ」と仰って両肩を支えながら誘導してくれたのは社長さんだと思います。社長さんもいつもスーツ姿ですから、似た世界の方々のお集まりだったのかな?

・・・・この記事書いていて思い出した!
社長さんは西洋系の神々様の下部だったんだっけ!!パソコンなんか平気で使うんだよ!その世界の指示系統のお方ですわ。

「君は警護だよ」
そりゃそうでしょうね、私が神々様の中に入れるワケないもん。

神殿?は見覚えあります。遙か前に行った事がありました。

ローマ風?ギリシャ風?の大きな柱があるところ。真っ白の世界です。
穢れも汚れも微塵もない巨大な場所です。
日本神界に似ています。神殿の造りは違いますが・・・西洋の方が近代化しているように感じますが何故でしょう?(笑)


さて、新年のご挨拶に代えまして初夢を皆様に御裾分け・・・
皆様にとって良き年となりますように!(^人^)



  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

あけおめ coomiさんお久しぶりです。

新年早々ですが妄想を置いて行きます^^;

2015年いよいよ正念場の幕開けですね
中国、ロシア、アメリカの情報収集合戦と悪魔がプログラムするスーパーコンピューターの人工知能化でオフィスの人員が行っている仕事は激減してくるでしょう
そして 
コンピューターの小型高性能化ですべての情報は集約され監視され行動もコントロールされて人間は家畜のように管理されコンピューターに生かされる時代が到来しようとしているようです
まさにヒトラーが予言した一握りの神人と家畜のような人々の別れる時代の到来です。

偽物の神である人工知能が勝つか元神が勝つか
素の念がキーワードか 迫りくる地球規模の災厄が偽が偽神に勝つ切っ掛けか今は口を噤んでおこうか@@

                  以上妄想劇場でした



  • 投稿者: SH
  • 2015/01/05(月) 11:31:28
  • [編集]

Re: タイトルなし

こんにちは、明けましておめでとうございます、SHさん^^/
お元気ですか?本年も宜しくお願いいたします!(ぺこりん!)

ヒトラー予言ですね。選ばれた一握りの人間と家畜のような人間。
我々は家畜のほうでしょうけど(笑)
「ぐでんとひっくり返して見せてやるぞ」のお言葉を信じて参りましょうか。
シュワルツネッガーの映画思い出しますね。そうなればいつか戦いが起こるかも知れません。神も人間も一纏めになって戦いを挑むのでしょう。
ロシアはすでに前線にロボット配置を決めたみたいです。刻々と畏れた未来がやってきているみたいです。

縄文に還れ

あの言葉を思い出します。自然のままがいいです。

  • 投稿者: coomi
  • 2015/01/06(火) 08:10:39
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。