FC2ブログ

追記有り「雄略天皇は古墳時代だったのか」しかし万世一系は断絶しなかった

  • 2014/06/27(金) 15:40:05

「追記有り「傾城 阿波の鳴門」もそうだけど証券会社? 2014/06/23(月) 12:40:23」 で書いたお城と歌舞伎役者とからくり人形のような不気味な稚児人形。

まずは鳴門のお城から調べました。

鳴門には色々な城があったようですが、そこは私の夢見であるからここに違いないと思ったのが姫田城。
夢見では右手平山に天守閣?堀に櫓、左手に二重橋?太鼓橋?が見えたので徳島城にも似ているのですが、鳴門でピン!ときたのは姫田城としました。勘です(笑)

姫田城跡
http://www.siromegu.com/castle/tokusima/himeda/himeda.htm
「城めぐ.com」さんより http://www.siromegu.com/index.htm )

姫田城跡には現在葛城神社が建っています。

葛城神社 http://eye.wakasa.jp/spot/detail/16/

“葛城神社は、奈良県御所市にある葛城神社の分社として、天喜年間(1050年頃)に創建されました。
第22代雄略天皇が大和(現在の奈良県)の葛城山で猟を楽しまれていた時、天皇と同じ姿の神様が現れました。そして「私は悪事も一言、善事も一言にて言放つ言離神(ことさかのかみ)、葛城一言主神なり」と告げたため、天皇は恐縮し、ご一緒に猟をされました。その際、天皇に飛びかかってきた大きな猪を一言主神が倒したことから、一命を取り留めた天皇は、一言主神を奈良・葛城神社のご祭神とされました。“


大和・奈良にある葛城一言主神社の分社として創建されたとあります。


葛城一言主神社
http://www.genbu.net/data/yamato/hitokotonusi_title.htm
玄松子の記憶さんより http://www.genbu.net/ )

御祭神は葛城一言主大神様、幼武尊様。幼武尊様雄略天皇のことです。


雄略天皇 


ここで発見したのが
“雄略天皇の血筋は男系では途切れたものの、皇女の春日大娘皇女が仁賢天皇の皇后となり、その娘の手白香皇女が継体天皇の皇后となり欽明天皇を産んでいることから、雄略天皇の血筋は女系を通じて現在の皇室まで続いている。
Emperor_family_tree15-26.png


つまり女系で現代天皇家まで繋いでいたということですね。

伊勢神宮外宮を建立した。元々、豊受大神は葛城氏が代表して奉祀しており、葛城氏没落後、あまり省みられなかったが、崇敬の声が大きくなり、丹波国にも祀られていたものを、雄略天皇22年(崩御前年)に外宮を設立することで収拾を図ったのではないかとする説がある。”

伊勢神宮の外宮を建立されたのは雄略天皇だったのですね。阿波は豊受大神の国なんですよ。この点を見ても私に関係ありました。トヨウケ様オオゲツヒメ様ですからね。

しかしこの天皇、かなり残虐であったようで「大悪天皇」という異名を持っておられます。次々と人を殺していった恐ろしい天皇だったようです。


コメント欄にて夢見の中で歌舞伎役者は3人ほどいたと書きました。稚児を入れてです。まさかの3人です。まず不気味な稚児人形が堀の水に入ってこちら側に渡って来た。後の二人もこちらにやって来るだろうと感じました。推して知るべし。これ以上は申し下げられません(笑)



さて、お城だったのを踏まえて私が立っていた場所を検証してみます。

まず鳴門の姫田城は違うと思ったので徳島城から。
tokushima_nawa2.jpg

赤丸が二つありますが、可能性として考えられる場所を示しています。左手に橋・右手に櫓がある場所は大手門の下乗橋と月見櫓か数寄屋橋と旗櫓。青い〇は私が立っていた場所。
どう考えても距離的に大手門だと思います。この位置から天守閣も見えます。

tokushima_nawa2_2.jpg
(さんぽな気分さんより拝借ごめんなさい!)

徳島城
http://1st.geocities.jp/golden_shiro/35tokushima.html
(カーソルを合わせると当時の風景、想像図が見えます)
「さんぽな気分」さんより http://1st.geocities.jp/golden_shiro/index.htm )


で、徳島城江戸城を照らし合わせてみます。江戸城の地図を見てみますと、徳島城の大手門と同じ配置で橋と櫓があるのは・・・やはり大手門。どう見てもここしかありません。この位置なら江戸城天守閣も見えます。(皇居東御苑)

edojyo_2.jpg
(wikiより)

runningmap.jpg
(現在の皇居の地図)
皇居ランニング.comさんより ←URL、すみませんが探して下さい)




もうおわかりですね?
歌舞伎役者と稚児人形の三人連れ、城、徳島城と江戸城、皇居東御苑、女系雄略天皇。

夢見の中では左手の橋と櫓の間の石垣のところに階段があって、稚児人形はその階段を下りて堀の水の中に入ったのですが、実際はそんな階段ありません。堀の防御の意味がなくなりますからね。この階段は夢だからこそあったのです。
つまり、階段を映し出した方からの「ここから出て行きなさい」という命令?だったのです。


徳島城が何故かぶって出てきたのか?何故に稚児人形が文楽の人形だったのか?
これはNMさんのご指摘通り、阿波十郎兵衛のことも指しておりました。
つまりは最近の食品加工会社関連の偽装?と引っ掛けていたのです。

徳島県立 阿波十郎兵衛屋敷 http://joruri.info/jurobe/

“阿波十郎兵衛屋敷を語る時、そこには二人の十郎兵衛が登場します。
まずは、人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門(けいせいあわのなると)」に登場する架空の人物、阿波の十郎兵衛。盗まれた主君の刀を探すため盗賊に身をやつした十郎兵衛は、金欲しさに娘と知らずお鶴を殺してしまいます。しかしお鶴の所持していた手紙から刀を盗んだ犯人がわかり、事件は解決するという話です。娘を手にかけてしまった哀れな父親、阿波の十郎兵衛が一人めの十郎兵衛です。
そしてもう一人の十郎兵衛は、実在の人物、板東十郎兵衛。徳川家綱の時代、他国米(肥後米)輸入の監視役を務めていた十郎兵衛と輸送する船頭との間でいさかいが起こります。肥後米の一俵と阿波の一俵は換算が違うため、船頭が差額の米を収入にすることができました。しかし十郎兵衛はそれを認めません。この一件が他国米輸入を認めない幕府の耳に入れば、25万7千石の徳島藩の浮沈にかかわります。そこで十郎兵衛一人の責任にして罪状も明らかにされないまま元禄11(1698)年に処刑されてしまいました。
処刑から70年後、彼の悲運を元に創作されたのが「傾城阿波の鳴門」です。つまり阿波十郎兵衛屋敷は板東十郎兵衛の屋敷跡であり、「傾城阿波の鳴門」ゆかりの地でもあります。“



ここ最近、食品関係の夢見がありました。

「食品会社? 2014/05/19(月) 09:32:05」 (参照)


これに関連していると思います。米偽装。最近のニュースで中国米を日本米と混ぜて販売していた会社ありましたっけね~?(笑)まだまだあるのかも知れませんね。要注意です。
鳴門わかめの中国産混ぜ込みわかめ偽装問題の某会社社長は逮捕されましたけどね。
このように、コメント欄で書いた通り複合的意味合いがあった夢見だったのです。


先に雄略天皇の女系で繋いだ天皇家と書きました。
これに関しましてはNMさん女系天皇について詳しく調べて下さり、メールにて教えて下さいました。
他にもおられたのですよ。
明正天皇とその母徳川和子。

明正天皇


徳川和子



まあ、よくご覧になって下さい。現代と比べてみてください(笑)
神々様は決してお許しにはならない・・・とだけ書いておきます。


で、ツイッターで呟いた証券会社と航空機ですが、こんなニュースありました。
〇〇〇ラインの列車?はまだ不明です。

楽天が航空業界に参入へ、LCCに出資で最終調整
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140626-00000019-jnn-bus_all




追記(2014/6/28 am3:42)

またもやこんな時間に目覚めてしまった・・・

もうひとつ明正天皇阿波十郎兵衛との繋がりがありました。


明正天皇崩御(1696年)
板東(阿波)十郎兵衛処刑(1698年)


この時代の徳川将軍は家綱。


徳川家綱 


側室のお振、お満流は家綱の子を懐妊したが、死産または流産であった。加えて家綱自身は生まれつき体が弱く病弱で、30半ばに至っても男子がなかったため将軍継嗣問題が憂慮されていたが、延宝8年(1680年)5月初旬に病に倒れ、危篤状態に陥った家綱は、堀田正俊の勧めを受けて末弟の館林藩主松平綱吉を養子に迎えて将軍後嗣とし、直後の5月8日に死去した。享年40。家綱の死により、徳川将軍家の直系は断絶した。

家綱の危篤に際して、忠清は鎌倉時代に将軍源実朝の死後に宮将軍が迎えた例にならい、家綱の祖父秀忠の兄・結城秀康の血を引く有栖川宮幸仁親王を将軍に迎えようとしたが、正俊の反対にあって実現しなかったとする宮将軍擁立説があるが、近年では忠清が宮将軍擁立に動いたことを否定する説もある[3]。“



天皇家は明正天皇には子を作らせず天皇家の血筋を守りました。
徳川家は子が出来ず実質徳川家の血筋(直系)は断絶しました。


こういうことなんですね。

さ、もう一辺寝よ。




  • ジャンル:

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

後継者問題ですね

お中元商戦でお疲れの中、更新ご苦労様でした。
やはり二重に意味がありましたね。千代田のお城と徳島のお城が重なっていましたね。

明正天皇をみつけて、母親がわかった時には絶句しました。

皇室や公家に関係のない血筋、狸親父の孫やんか。入内の際に朝廷風に名前を変更◯◯子、ありゃりゃ^^;くうみさん仕事中とわかっていたけど、慌ててメールしました。

明正天皇の兄弟は早世し内親王しか跡継ぎが無かった。現代の皇室で流産だったのはおそらく親王でしょう。神様の計画でしょう。もしこのままなら、とんでもない出自の外戚に皇室は乗っ取られてしまいますね。ヤフオク騒動どころではないです。

継体天皇が選ばれる前に、次期天皇にと迎えに行ったら逃げ出した王子は、亀岡に住んでました。おそらく出雲大神宮近くでしょうね。大きな古墳がありますから。どちらにしても天皇五世の孫。後継者問題は昔もあったんですね。

くうみさんの踊る姿が見たいな^^

  • 投稿者: NM
  • 2014/06/27(金) 17:10:51
  • [編集]

Re: 後継者問題ですね

おはこんばんちは、NMさん^^/
またもやこんな時間に目覚めてしまいましたよ。

私もNMさんからのメールを読んでびっくりしましたよ!
いやはや、神々様のなさることは一本芯が通っているなと。・・・
まったくその通りなんですよ。すべては神様の計らいです。

神々様に逆らうことは無理なんですよ。すべてお任せせねばなりません。
何にしても素直なお心の方々には神様も良きように計らって下さいます。
我々も頑張りましょう!(何を?)(笑)

最近はちょっとしか踊れません。悲しいかな、体力が~(;;)
ゼ~ハ~ ゼ~ハ~ ですねん(;;)

  • 投稿者: coomi
  • 2014/06/28(土) 04:19:26
  • [編集]

横浜?

二度寝成功しましたか?私は3時に起こされて、やっと寝付いたのに6時に起こされた。;;起こした犯人は7時半までいびきかいてました。私の睡眠時間返してくれ;;

徳川家の後継者問題も出てきましたね。外戚の家も子供は女性だけだったような・・・。

列車、◯◯◯ライン
「日本の地域別鉄道一覧」wikipediaによりますと、名称にラインとつくのは

横浜市営地下鉄ブルーライン
同じく    グリーンライン
金沢シーサイドライン     いずれも横浜市
舞浜リゾートラインディズニーリゾートライン 浦安市

横浜市営地下鉄ブルーラインが「◯◯◯ライン」と聞こえたのでしょうか?事故?それとも事件?地下鉄だから、踏切事故や土砂崩れには関係無さそう。大雨で線路水没ならば可能性はありますね。「戌の満水」レベルの洪水の場合ですが。

踊り、私は「見る阿呆」専門ですね。上手な方々のを見て楽しむ。しんどいし(笑)

  • 投稿者: NM
  • 2014/06/28(土) 13:01:42
  • [編集]

Re: 横浜?

こんにちは、NMさん^^/
昨日はクレーム対応で夜9時半まで仕事場におりました。クタクタです。
新人にはもっと教え込まねばなりませんね。はあ~・・・(お茶をズズッ)

お勤め?ご苦労様です。お互い大変ですね(笑)
そうやね、徳川家も出てきた。何が何でも許されないことってあるんでしょうね。
そこら辺をわからない人がおられるから神様も対処に苦労されておられますね。
神様も大変だ(笑)

列車はおそらく地上にあるなんとかラインだと思います。
だとしたらシーサイドラインかリゾートラインでしょうか?
東北方面へ行くのはないのかな?東北の匂いがしたのですが・・・調べてみますね。
いつも有難うです。

阿波踊りはずっと見る阿呆ですよ、私も。踊っても観光客用のにわか連に密かに飛び込むくらいかな?主人は踊りが苦手なので目立たない真ん中辺りで二人で踊ってます(笑)

  • 投稿者: coomi
  • 2014/06/29(日) 10:33:29
  • [編集]

野岩鉄道会津鬼怒川線かも

東京浅草から東北方面、会津へ行く路線がありましたよ。
正式名称は「野岩鉄道会津鬼怒川線」なんですが、

愛称が「ほっとスパ・ライン」でした。長いかな?
「東北」のヒントから、これかなと調べたら、書いてありましたよ。路線約30キロの、ほとんどがトンネルらしいです。東武鉄道鬼怒川線と会津鉄道会津線のそれぞれ終点を繋いで短縮している路線だそうです。浅草からAIZUマウントエクスプレスに乗ると、日光、鬼怒川温泉方面、会津方面、喜多方方面に行けるようです。

浅草寺詣りして東照宮見て温泉入って白虎隊を偲びラーメン食べて・・くうみさんと行きたいな^^でも今は夢で行くしかないね;;

ラインと言えば、若い子がほとんど使ってる携帯の「ライン」は、便利やけど詐欺やらいじめやら問題が多い。リンチ殺人もあったし。あれは韓国の会社が経営してるんやね。大学でも生徒への連絡に使ってるから、嫌でも使わねば連絡来ないから使ってる学生もいるそうです。なんか変。情報盗まれまくり。

  • 投稿者: NM
  • 2014/06/29(日) 14:40:53
  • [編集]

追伸

東北地方の鉄道路線には、ほとんどの路線に地域の特色を示す愛称がついていますね。「ライン」だらけです。私がこれかと思ったのだけが東京と東北を繋いでいる「ライン」ですね。浅草から会津まで行ける。面倒ですが各路線の説明を見て愛称を調べるしかないかな。海岸沿いを走る「ライン」もありました

  • 投稿者: NM
  • 2014/06/29(日) 15:05:25
  • [編集]

Re: 追伸

こんにちは、NMさん^^/
さっき起きました(笑)(いつまで寝とるんじゃ)(疲れ果ててのう~・・・)
いつも有難うございます~♪

東北 列車 ラインで画像検索しましたところ、似ている列車がいくつか。
どれも東北の列車でした。白っぽくてフロントの窓が二つに分かれてる列車です。
ホント、東北にはラインと名が付く路線が多いようですね。

しかし謎は解けません。事故なのか新規にラインが出来るのか、はたまた株が下がるのか。
株の夢に混ざって見えた列車ですから、やはり株関係かな?と思ったのですが・・・
事故は嫌ですもんね。事故でないことを祈るばかりです。

「列車(鉄道?)はダメ」と聞こえたように思うのですが。その代り航空なら大丈夫みたいな・・・やはり株?
線路が古くなった?

それと、コメント欄はたくさんの方が見られてるみたいですよ(笑)
皆様との会話が何かのヒントになれば良いですね(笑)

  • 投稿者: coomi
  • 2014/06/30(月) 10:28:40
  • [編集]

食品会社ではないけど偽装

こんにちは。
東北の路線のどこかが震災の影響で客が減り、維持や修理に費用が嵩み赤字続きで廃線になるんでしょうか?JR北海道みたいに事故続きも困るしね。読者の方で、どなたか「ライン」気付かれてませんか?教えてくださいね(笑)

食品会社ではないけど偽装。

「日立子会社、三菱東京銀行の偽装請負を告発した社員を強制解雇 不当行為が常態化」ビジネスジャーナルさんより

阿波十郎兵衛さんは処刑されたけど、理由はどうであれ解雇されたら再就職には不利だから、社会的には処刑されたのと同じですね。真面目な人が酷い目にあう。気の毒ですよね。

  • 投稿者: NM
  • 2014/06/30(月) 15:44:13
  • [編集]

繋がるんですね

「上野東京ライン」
東北本線と東海道線が繋がるんですね。在来線で東京駅から乗り換え無しで東北方面へ行けるようになるわけですか。来年3月末に開業予定、震災で遅れてたらしいですね。私が見つけたのは東北側で逆方向、私鉄とJR。線を繋いで直通というのだけが同じ(笑)

高架橋で繋ぐ工事は難しかったでしょう。距離は短いけど耐震性も考えないといけないし。先日、高速道路も圏央道が繋がって、都心を通らずに走れるようになり渋滞が緩和されるだろうとニュースで言ってました。オリンピックに向けて列車も車も便利になるのは良い事ですね。^^

  • 投稿者: NM
  • 2014/07/01(火) 06:55:25
  • [編集]

Re: 繋がるんですね

こんにちは、NMさん^^/
ここのブログのコメント欄は皆様が楽しんでおいでです。毎日たくさんの方がコメント欄を読んでいます。NMさんのファンのほうがが多いのでは?(笑)

「上野東京ライン」
そう、それだと思います。事故でもあるんやろか?と心配するほどでもなかったですね。
事故なら夢見でもっと嫌な気分になっていたはずですもんね。そういう気配はなかったし。

やっとこさ目途がついて東北も安心でしょう。東京オリンピックまで時間が少ないですから何とか立派な施設も道路も整えて頂きたいものですね。先進国らしく。オリンピックが済んだら風通しの良い国土になればいいなと思います。外国の方々がスムーズに日本国のどこへでも楽しく旅行できれば良いのだけれど。

四国は不便極まりないですが、高速も伸びてきて何とか凌いでいるようです(笑)
田舎は田舎なりの良さがあるんですけれどね(激笑)

詐欺、虚偽なども地獄行きですからあの世ではご苦労なさいますよ。
たくさんの罪もない人々を嘘で固めたハナシで導けば・・・恐ろしいことになります。
この世は肉体で隠されて判断されにくいですが、あの世は魂ですから筒抜けです。
その人なりの霊界へ赴くことになります。ですからこの世にいるうちに精進しなければならないのです。

  • 投稿者: coomi
  • 2014/07/01(火) 12:55:43
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する